Search Server 2010 の新機能

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Search Server 2010の新機能ではより迅速かつ効率的に関連するその他の情報を検索することができます。検索結果ページの新しいユーザー インターフェイスを使用すると、文書の種類、作成日や作成者などのプロパティでクエリを絞り込むことができます。他の機能強化にはブール、プレフィックス ワイルドカード、クエリ候補を使用して、検索する機能が含まれます。Windows 7 を実行中のコンピューターから SharePoint コンテンツを検索することもできます。

構成して、この記事で説明する機能をカスタマイズの詳細については、 Search Server 2010ヘルプを参照してください。

サイトの管理とカスタマイズ機能強化は、サイトの所有者と管理者が検索されます。これらの機能はSharePoint Foundation 2010の新機能の記事で詳しく説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しいユーザー インターフェイス

ブール値の書式およびワイルドカード

Windows 7 を実行中のコンピューターから SharePoint コンテンツを検索します。

関連性の向上

新しいサイトの検索範囲

新しいユーザー インターフェイス

クエリと検索結果ページのユーザー インターフェイスがSearch Server 2010で更新されました。ために時間を節約しをクエリが正常に終了することで、[検索] ボックスを前の単語やフレーズを入力すると同様に設定します。たとえば、正常に、組織内のユーザーは、件名など、社内ピクニックに関する情報を見つける、後続のユーザーがそのトピックの検索が語句「社内ピクニック」を表示するキーワード ピクニックのいくつかの文字の入力を開始することができますに表示クエリ候補の一覧です。

検索ボックスにはユーザーが入力した文字に類似した語句が表示される

検索結果ページには検索ボックスがあり、同様のクエリ候補機能に加え、絞り込みパネルと呼ばれる新しい機能も備わっています。検索によって返された結果が多過ぎて、目的の結果が見つからない場合は、絞り込みパネルを使用してより小さな結果セットに検索を絞り込むことができます。

絞り込みでは、得られた結果の種類が示され、特定の種類で結果を絞り込むことができます。絞り込みには、Web ページおよびその他のドキュメントの種類、サイト、作成者、更新日、タグなどの結果の種類があります。たとえば、絞り込みパネルの結果の要約に、結果セットに多数の Web ページとプレゼンテーションが含まれていると示される場合があります。プレゼンテーションのみが対象である場合は、結果の種類カテゴリの [プレゼンテーション] リンクをクリックします。

詳細の例でと藤田は、マイク、ソフトウェアのマネージャーが作成したドキュメントを見つけるにと考えています。文書に関連の仕様を検索して、検索の仕様検索ボックスに入力できるようにすることを知っています。検索結果の絞り込みパネルで、[サイト] される確認、マイクが動作する部門ポータルの名前のため、それをクリックします。これにより、その部門のポータルで検索の仕様が含まれているドキュメントのみを表示する結果ウィンドウ。藤田かまだし、ドキュメントが検索結果の絞り込みパネルで、[作成者の [ユーザー名を確認達矢の。ユーザーをクリックした後 達矢名、すべてのドキュメント思うように、またはすべての自分の名前が表示されるドキュメントの検索結果ウィンドウに表示されます。最後に、過去 1 か月をクリックすると [更新日時] ように達矢が最近に、文書を作成することが藤田が特定できます。これにより、文書の検索結果ウィンドウの上部まで上昇したいユーザー。

絞り込み条件パネルには、日付範囲に従って、検索結果が並べ替えられる様子が示されます。

検索結果の絞り込みSearch Server 2010では、トップ 50 最も関連性の高い結果にのみに基づいています。かもしれないことを探している検索結果の絞り込み] オプションが表示されない場合のみ、結果になります。

ページの先頭へ

ブール構文とワイルドカードの一致

AND、OR など、論理演算子の使用をサポートしていますSearch Server 2010ではなく、+ 正符号 (+) と - (マイナス記号) キーワードとプロパティの両方の検索します。ブールSearch Server 2010では、その他の検索エンジンのように同じ規則に従います。演算子は、大文字と小文字を区別します。たとえばと定義を検索するクエリの単語の検索と単語がドキュメントに表示する場所に関係なく仕様の両方を含むすべてのドキュメントを検索します。

より強力な検索クエリを生成するために、プロパティが組織で使用されているものである場合に限り、ブール演算子とドキュメントのプロパティを組み合わせることができます。たとえば、特定の作成者、ファイルの種類、またはファイル名ですべてのドキュメントを検索できます。また、特定の検索結果を除外することもできます。プロパティ値に、以下 (<=)、以上 (>=)、等しくない (<>) などの比較演算子を追加して、より効率的な検索を作成できます。たとえば、search specs modified<=7/8/09 では、2009 年 7 月 8 日およびそれ以前に更新されたすべての検索の仕様が返されます。

情報を見つけるもう 1 つの方法は、プレフィックス キーワードまたはプロパティ クエリでアスタリスク (*) のワイルドカードを使用することです。たとえば、Author:Smi* を検索すると、Smith、Smitha、Smitty などの、名前が Smi という文字で始まる作成者によって記述されたすべてのドキュメントが返されます。

ブール値の構文の使用の詳細については、ヘルプ記事Search Server 2010内のコンテンツの検索を参照してください。

ページの先頭へ

Windows 7 を実行しているコンピューターから SharePoint コンテンツを検索する

Windows 7 を実行しているコンピューターがある場合は、デスクトップから SharePoint コンテンツを検索できます。これにより、Windows 7 の機能を使用して、ドキュメントのプレビュー、ファイルのドラッグアンドドロップ、およびデスクトップからのコンテンツの編集を行うことができます。

Windows 7 を実行中のコンピューターから SharePoint に接続を設定するには、検索センターから検索クエリを実行します。次に、検索結果ページで、フェデレーション対象ボタン フェデレーション コネクタ アイコン をクリックします。このアクションでは、その検索クエリの Windows エクスプ ローラーに、エンタープライズ検索コネクタを追加します。Windows 7 デスクトップから検索を実行し、 Search Server 2010結果] ページを使用する場合と同じ結果を得ることがことができます。デスクトップ検索は、会社のポータルまたは、ローカルのチーム サイトの結果セットに接続できます。

Windows 7 を実行しているコンピューターから検索を使用する方法の詳細については、TechNet の記事「Federated Search Features」を参照してください。

ページの先頭へ

関連性の向上

検索モデルを使用して、プロパティ (メタデータ) か、お使いのコンピューターがドキュメントに用意されています。たとえば、作成者 プロパティは、ドキュメントを保存するたびに自動的に更新可能性があります。プロパティは、古いまたは不足している場合は、ドキュメントは検索にくくなります。Search Server 2010] で、検索は、キーの語句を検索して存在しないか不適切なプロパティを更新することも確認するためにドキュメントのコンテンツを comb ことができます。たとえば、 Microsoft PowerPoint 2010プレゼンテーションが含まれます"によって達矢県"フェーズには文書自体には、空白の作成者プロパティが含まれている可能性がありますにもかかわらず。この例では、 Search Server 2010関連付けPowerPoint 2010ドキュメント作成者達矢 Smith です。検索を行うと、関連性の高い結果です。

ページの先頭へ

サイト検索の新しい範囲

Search Server 2010でサイトでは、[検索] ボックスからクエリを実行すると、範囲が今すぐ自動的に設定するサイトとそのサブサイトのすべてのします。検索結果ページをサイトから検索を実行したときにから開始するには、[サイトと同じ chrome が検索に保持されます。検索センターが最適クエリ結果を得るのために複数のサイトからします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×