SAP HANA データベースに接続する (Power Query)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: 

  • Power Query は、Excel 2016 では取得と変換と呼ばれていました。ここで提供される情報は両方に適用されます。詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

  • この機能は、 Office 365 サブスクリプションがある場合、Excel でのみ使用可能。Office 365 利用の場合、最新バージョンの Office があるかどうかを確認場合。

  • Power Query を使用して SAP HANA データベースに接続するには、コンピューターに SAP HANA ODBC ドライバーを事前にインストールする必要があります。Power Query のインストール (32 ビットまたは 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。

  • Web サイトにログインしてドライバーをダウンロードするには、SAP アカウントが必要です。不明な点がある場合は、お客様の組織の SAP 管理者にお問い合わせください。

SAP HANA データベースに接続するには:

  1. [データ]、[新しいクエリ]、[データベースから]、[SAP HANA データベースから] の順にクリックします。

    [データ] タブの SAP HANA データベースのオプション
  2. [SAP HANA データベース] ダイアログ ボックスで、接続先のサーバーを指定します。サーバー名は、<サーバー名>:<ポート> の形式で指定する必要があります。

    [SAP HANA データベース] ダイアログ ボックス
  3. 必要に応じて、ネイティブ データベース クエリを使用してデータをインポートするには、[詳細オプション] をクリックし、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

  5. SAP HANA サーバーにデータベースのユーザー資格情報が必要な場合は、[SAP HANA データベースにアクセスします] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    1. [データベース] タブをクリックし、ユーザー名とパスワードを入力します。

    2. [接続] をクリックします。

関連項目

外部データ ソースからデータをインポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×