Report プロパティ

適用対象

Control オブジェクト

Report オブジェクト

SubForm オブジェクト

SubReport オブジェクト

Report プロパティを使用すると、レポートを参照したり、サブレポート コントロールに関連付けられているレポートを参照したりできます。

expression.Report

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

このプロパティは、レポート オブジェクトを参照します。すべてのビューで読み取り専用になります。

このプロパティはマクロまたは Visual Basic で使用できます。

このプロパティは通常、サブレポート コントロールに含まれているレポートを参照するために使用されます。

注: Reports コレクションを使用するとき、レポートの名前を指定する必要があります。

次の例では、Report プロパティを使用し、サブレポート上のコントロールを参照しています。

Dim curTotalSales As Currency
curTotalSales = Reports!Sales!Employees.Report!TotalSales
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×