reminder

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークフローは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 ライブラリに保存されているドキュメントで使用できます。ワークフローは、Microsoft Office Word 2007 ドキュメント、Microsoft Office Excel 2007 ブック、またはMicrosoft Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションから直接開始することができます。使用できるワークフローは、会社での Office SharePoint Server 2007 の設定によって異なります。

Office SharePoint Server 2007 に含まれている、定義済みのいずれかのワークフローを開始する方法の詳細については、[参照] セクションを参照してください。

注: 

  • 2007 Microsoft Office system バージョンの Word、Excel、および PowerPoint からワークフローを開始する機能は、Office Professional Plus 2007、Office Enterprise 2007、Office Ultimate 2007 スイート、およびこれらのプログラムのスタンドアロンの 2007 Office リリース バージョンでのみ使用できます。

  • ワークフローを開始するには、少なくともアイテムの編集権限が必要です。ワークフローによっては、リストの管理権限やその他の特別な権限が必要になる場合もあります。

  • ワークフロー開始後に、そのワークフロー タスクの電子メール通知とアラームがワークフローの参加者に送信されるようにするには、そのサイトで電子メール通知が有効になっていることをサーバー管理者に確認してください。

  1. ワークフローを開始する対象のファイルを開きます。

    注: ワークフローを開始するドキュメントは、読み取り専用モードまたは編集モードで開くことができます。

    Office プログラム内から、サーバー ドキュメントを開く

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

    2. [ファイルの場所] で、[マイ ネットワーク] または [マイ SharePoint サイト] をクリックします。

    3. ファイルが置かれている SharePoint サイトの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

      ヒント: または、サイトの名前をダブルクリックして開くこともできます。ライブラリまたはファイルをダブルクリックして、それを開くこともできます。

      注: どちらのカテゴリにもサーバーが表示されない場合は、サーバーの URL を [ファイル名] ボックスに入力し、[開く] をクリックします。

    4. ファイルが含まれているライブラリの名前 ([共有ドキュメント] など) をクリックし、[開く] をクリックします。

    5. 目的のファイルの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

  2. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、[ワークフロー] をクリックします。

    注: そのドキュメントが、ワークフローを使用できる SharePoint ライブラリに保存されていない場合は、適切な場所への保存を求めるメッセージが表示されます。

  3. [ワークフロー] ダイアログ ボックスで、目的のワークフローを探し、[開始] をクリックします。

    ワークフローの中には、すぐに開始され、ユーザーに追加情報を求めないものもあります。

  4. 参加者のリスト、タスクの指示、期限などの追加情報を求められた場合は、表示されるフィールドに情報を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×