RecordSelectors プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

RecordSelectors プロパティを使用し、フォームのフォーム ビューにレコード セレクターを表示するかどうかを指定できます。ブール型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.RecordSelectors

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

RecordSelectors プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

はい

True

(既定) 各レコードにレコード セレクターがあります。

いいえ

False

どのレコードにもレコード セレクターがありません。


注: このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

このプロパティを使用し、[ユーザー設定] ダイアログ ボックスまたはパレットとしてフォームを作成または使用するときにレコード セレクターを削除できます。DefaultView プロパティが単票フォームに設定されているフォームに対してこのプロパティを使用することもできます。

レコードが編集されているとき、レコード セレクターに未保存レコードのインジケーターが表示されます。RecordSelectors プロパティが [いいえ] に設定されているとき、RecordLocks プロパティが [編集済みレコード] に設定されている場合 (レコード ロックが "排他的" — 一度に 1 人しかレコードを編集できない)、レコードがロックされていることは見た目ではわかりません。

次の例では、"Employees" フォームでレコードにレコード セレクターが表示されません。

Forms("Employees").RecordSelectors = False

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×