PV 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PV (財務関数の 1 つ) は、一定利率に基づいて、ローンまたは投資の現在価値を計算します。 PV 関数は、定期的な定額支払 (住宅ローンや他のローンなど) または投資目標である将来価値とともに使用できます。

Excel Formula Coach

セット、毎月の返済に基づいて現在価値を求めます (ローン額) できるように、検索するのにには、Excel Formula Coach を使用します。同時に、数式では、PV 関数を使用する方法を学習します。

または、財政投資目標の現在価値を検索する、Excel Formula Coach を使用します。

書式

PV(利率, 期間, 定期支払額, [将来価値], [支払期日])

PV 関数の書式には、次の引数があります。

  • 利率    必ず指定します。 投資期間を通じて一定の利率を指定します。 たとえば、年利 10% の自動車ローンを利用して月払いで返済を行う場合、月単位の金利は 10%/12 = 0.83% となります。 この場合、数式には 10%/12、0.83%、または 0.0083 の形式で指定します。

  • 期間    必ず指定します。 投資期間全体での支払回数の合計を指定します。 たとえば、4 年ローンを利用して月払いで返済を行う場合、このローンの支払回数は 4*12 = 48 となります。 この場合、数式には 48 の形式で指定します。

  • 定期支払額    必ず指定します。 毎回の支払額を指定します。投資期間内に支払額を変更することはできません。 通常、定期支払額には元金と利息が含まれますが、その他の手数料や税金は含まれません。 たとえば、100 万円を年利 12% の 4 年ローンで借り入れた場合、毎月の返済額は 26,334 円になります。 定期支払額は、-26334 のように負の値として指定します。 定期支払額を省略した場合は、将来価値を必ず指定してください。

  • 将来価値    省略可能です。 投資の将来価値、つまり最後の支払いを行った後に残る現金の収支を指定します。 将来価値を省略すると、0 を指定したと見なされます (たとえば、ローンなどの借入金の将来価値は 0 になります)。 たとえば、18 年間で 500 万円をためることを目標にした場合、この投資の将来価値は 500 万円になります。 投資期間の金利を予測することにより、毎月の貯蓄額を決めることができます。 将来価値を省略した場合は、定期支払額を必ず指定してください。

  • 支払期日    省略可能です。 いつ支払いが行われるかを、数値の 0 または 1 で指定します。

支払期日

支払いが行われる時期

0 または省略

各期の期末

1

各期の期首

解説

  • 利率と期間内支払回数を指定するときは、時間単位を一致させる必要があります。 たとえば、年利 12% の 4 年ローンを月払いで返済する場合、利率には 12%/12 = 1 (%) を、期間内支払回数には 4*12 = 48 (月) を指定します。 また、これと同じローンを年払いで返済する場合は、利率に 12 (%)、期間内支払回数に 4 (年) を指定します。

  • 以下の関数は、投資やローンを計算するために使用することができます。

CUMIPMT

PPMT

CUMPRINC

PV

FV

RATE

FVSCHEDULE

XIRR

IPMT

XNPV

PMT


  • これらの関数の対象となる投資は、定額の支払いが定期的に行われることが前提になっています。 たとえば、自動車ローンや不動産ローンなどが投資の対象になります。 詳細については、各関数の説明を参照してください。

  • 投資関数では、定額預金の支払いのような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。 たとえば、銀行口座の預金 10 万円を引数として使用する場合、預金者側は -100000、銀行側では 100000 と指定します。

  • Microsoft Excel では、財務関数の引数は相互に関連しています。 たとえば、利率が 0 でない場合は、次の数式が成立します。

    数式

    利率 = 0 の場合は、次の数式が成立します。

(定額支払額 * 期間) + 現在価値 + 将来価値 = 0

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

¥50,000

毎月末の証券配当額。

8%

年利

[エンタープライズ フラグ 20

配当年数

数式

説明

結果

=PV(A3/12, 12*A4, A2, , 0)

A2:A4 内の期間における、投資の現在価値を求めます。

(¥5,977,715)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×