Publisher を使用して、文書を .pdf または .xps に変換する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

作成した文書を、Publisher を所持していない他のユーザーと共有する場合は、PDF (Portable Document format) 形式または XPS (XML Paper Specification) ファイルとして保存します。印刷業者は通常、印刷に PDF ファイルで文書を受け取ることを求めます。

文書を PDF 形式または XPS 形式で保存する

文書を簡単に共有できる、多くの印刷業者が使用する形式で文書を保存するには、PDF を選択します。PDF 形式よりも高い圧縮率で文書を保存するには、XPS 形式を選択します。PDF および XPS 形式の詳細は、こちらを参照してください。

  1. [ファイル]、[エクスポート]、[PDF/XPS ドキュメントの作成]、[PDF/XPS の作成] の順にクリックします。

    Word 2016 の [エクスポート] タブの [PDF/XPS の作成] ボタン。

  2. [ファイル名] に、文書の名前を入力します。

  3. [ファイルの種類] で [PDF] または [XPS 文書] を選択します。

  4. [オプション] をクリックし、文書のオンライン表示または印刷に最適な発行オプションを選びます。

    [最小サイズ]    1 ページでのオンライン表示には、このオプションを使います。

    [標準]    電子メールなどによるオンライン配布で、受信者が文書をデスクトップ プリンターで印刷する可能性がある場合は、このオプションを使います。

    [高品質印刷]    デスクトップ印刷またはコピー ショップでの印刷用には、このオプションを使います。

    [印刷業者]    このオプションでは、印刷業者による印刷用に最大サイズかつ最高品質のファイルが作成されます。

    発行オプション

  5. [OK] をクリックし、[発行] をクリックします。

  1. [ファイル]、[保存と送信]、[PDF/XPS ドキュメントの作成]、[PDF/XPS の作成] の順にクリックします。

  2. [ファイル名] に、文書の名前を入力します。

  3. [ファイルの種類] で [PDF] または [XPS 文書] を選択します。

  4. [オプション] をクリックし、文書のオンライン表示または印刷に最適な発行オプションを選びます。

    [最小サイズ]    1 ページでのオンライン表示には、このオプションを使います。

    [標準]    電子メールなどによるオンライン配布で、受信者が文書をデスクトップ プリンターで印刷する可能性がある場合は、このオプションを使います。

    [高品質印刷]    デスクトップ印刷またはコピー ショップでの印刷用には、このオプションを使います。

    [印刷業者]    このオプションでは、印刷業者による印刷用に最大サイズかつ最高品質のファイルが作成されます。

    発行オプション

  5. [OK] をクリックし、[発行] をクリックします。

  1. [ファイル] メニューの [PDF または XPS 形式​​で発行] をクリックします。

  2. [ファイルの種類] リストで、[PDF] または [XPS] を選びます。

    .xps 拡張子の文書は既定で .pdf で保存され、高品質の印刷用に最適化されます。

    別の設定に変更するには、[変更] をクリックし、[発行オプション] ダイアログ ボックスを開きます。[発行オプション] ダイアログ ボックスの詳細については、「関連項目」セクションのリンク先を参照してください。

  3. [発行] をクリックします。

注: [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスからも、ファイルを .pdf ファイルとして保存することが可能です。

PDF および XPS 形式について

いずれのファイル形式も、最高の印刷品質の読み取り専用の文書を作成するために設計されています。また、必要なフォントはすべて埋め込まれ、メタデータを保存でき、ハイパーリンクを含めることが可能です。

受信者がファイルを参照するには、このファイル形式用のビューアーが必要です。

注: これらの形式では、他者は文書の参照のみできます。作成したファイルを Publisher で変更することはできません。

ファイル形式

利点

PDF (.pdf)

  • 印刷業者の推奨形式である CMYK、スポット カラー、プロセス カラー、CMYK と PANTONE® のスポット カラーを保存できます。

  • 印刷用の高品質な文書を作成できます。

  • 画像または画像テキストの代替テキストを含めることができます。

  • 印刷前に必要なフォントをすべてファイルに埋め込むことができます。

  • テキストおよびハイパーリンクは検索可能です。

  • ファイルと関連付けられているメタデータはすべて保存されます。

Adobe Acrobat readerが必要です。

XPS (.xps)

  • Information Rights Management が使用されているので、ファイルの所有者が、ファイルを開くことができるユーザーを制御できます。権限がない受信者が XPS ファイルを参照することはできません。

  • 印刷用の高品質な文書を作成できます。

  • 画像または画像テキストの代替テキストを含めることができます。

  • 印刷前に必要なフォントをすべてファイルに埋め込むことができます。

  • テキストおよびハイパーリンクは検索可能です。

  • ファイルと関連付けられているメタデータはすべて保存されます。

適切なビューアーが必要です。これは Microsoft からアドインとしてダウンロードできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×