Publisher の [フォント] ダイアログ ボックスについて

文書の文字列の表示方法を指定するには、[フォント] ダイアログ ボックスのオプションを変更します。一部のオプションについては、インストール済みで編集できる言語とフォントによって、使用できるかどうかが決まります。

全般

[フォント] フォントを指定できます。フォントごとに、使用できる OpenType の機能などの特性が異なります。

[スタイル] 太字斜体などのスタイルを指定できます。このボックスでは、スタイルを選択します。選択したサイズが [サンプル] ボックスに表示されます。

[サイズ] フォントのサイズをポイント数で指定できます。一覧からフォントのサイズを選びます。選んだサイズが [サンプル] ボックスに表示されます。

[] フォントと下線の色を指定できます。

文字飾り

[下線]: 文字列に下線を引いたり、下線のスタイルを変更したりすることができます。 下線を付けない場合は、[下線なし] をクリックします。

[上付き文字]:  選択した文字列をベースラインの上にずらし、サイズを小さくして表示します。

[上付き文字]:  選択した文字列をベースラインの下にずらし、サイズを小さくして表示します。

[取り消し線]:  選択した文字列の上に取り消し線を引きます。

[小型英大文字]:  選択した小文字の文字列をサイズの小さい大文字に変換します。[小型英大文字] の設定は数字、句読点、英字以外の文字、または大文字には影響しません。

[すべて大文字]:  小文字を大文字に変換します。[すべて大文字] の設定は、数字、句読点、英字以外の文字、または大文字には影響しません。

[その他の効果]: 詳細なテキスト オプションにアクセスできる [文字の効果の設定] ダイアログ ボックスにアクセスできます。

OpenType の機能

一部のフォント (Gabriola や Calibri など) では、通常のテキストを高度な文字体裁に変換できる、さまざまな新機能がサポートされています。選んだフォントで OpenType 機能がサポートされていない場合、このセクションの内容は適用されません。

[数字スタイル]

  • [等幅] 各数字が同一のピクセル数に揃えられ、適切に整列するように書式設定されます。

  • [プロポーショナル] 数字のピクセル数がバランスよくなるように書式設定されます (たとえば、0 は 1 よりも幅が広く表示されます)。

  • [並び線揃え] と [旧スタイル] 次の例のように、数字をベースラインに合わせてすべて垂直方向に配置するか、異なる位置に配置できます。

    オールド スタイルとライニングの数字スタイルの例

[スタイル代替字形] 選んだ文字の代替字形を選ぶことができます (フォント デザイナーが代替字形を作成した場合)。

[合字] 合字とは、th や ff などの文字をつなげて、2 つの文字から実質的に 1 つの文字を作成することです。[標準] の場合は、よく使用される文字の組み合わせのみが使用されます。フォント デザイナーが合字の拡張セットも作成した場合は、[標準/任意] または [古典/標準] を選ぶと、これらの合字が使用されます。

[スタイル セット] 選んだフォントの文字体裁スタイルの複雑なセットです。

[スワッシュ字形] 文字の装飾が有効になります (大きく目立つ serif の形状になる場合もあります)。

[前後関係に依存する代替字形] 文字の前後関係と選んだフォントのデザインに応じて、一部の文字で異なる字形を選ぶことができます。たとえば、g には、文字の下の部分の輪が開いている字形や閉じている字形が用意されている場合があります。

サンプル

[サンプル] ボックスには、選択した文字列のプレビュー (選択していない場合はサンプルの文字列) が指定したフォントおよび文字飾りで表示されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×