Publisher の [オブジェクトの書式設定] ダイアログについて

Publisher で書式設定をテキスト ボックス、オートシェイプ、表、図、ワードアートに適用するには、[オブジェクトの書式設定] ダイアログ ボックスの次のオプションを使用します。

注: 選択したオブジェクトによっては、このダイアログ ボックスで使用できるタブが限られます。

目的に合ったタブをクリックしてください。

[色と線] タブ

[色と線] タブを使用して、選択したオブジェクトまたは表のセルに塗りつぶしの色、線、または飾り枠を適用します。

塗りつぶし

[] - 塗りつぶしの色をパレットから選ぶか、一覧から次のいずれかのオプションを選びます。

  • [配色パターンの色] - 文書の適用済み配色パターンから色を選択します。

  • [標準の色] - 標準色から選びます。

  • [塗りつぶしなし] - 選択したオブジェクトに塗りつぶしを何も適用しない場合、このオプションをクリックします。塗りつぶしなしのオブジェクトは背景が透明になります。

  • [その他の色] - [色] ダイアログ ボックスを開くには、このオプションをオンにします。標準のカラー パレットから新しい色を選択することができるほか、RGB、HSL、または CMYK のカラー モデルを使用して独自に定義した色を選択することもできます。また、PANTONE® カラーを選択することもできます。

    注: ここに表示される PANTONE® カラーは、PANTONE 規定の標準とは一致しない場合があります。正確な色については、最新の PANTONE 色見本帳を参照してください。PANTONE® およびその他の Pantone,Inc. の商標は、Pantone,Inc. © Pantone, Inc., 2007 が所有しています。

[塗りつぶし効果] - [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスを表示するには、このオプションをオンにします。このダイアログ ボックスでは、グラデーション、テクスチャ、パターン、図の塗りつぶし、濃淡などの塗りつぶし効果を適用できます。

[透過性]: [透過性] ボックスで透過性のパーセンテージを入力するか、スライダーを使用して塗りつぶしの透過性を設定します。このオプションは、塗りつぶしを選択した場合にのみ使用できます。

折れ線

[] - 塗りつぶしの色をパレットから選ぶか、一覧から次のいずれかのオプションを選びます。

  • [配色パターンの色] - 文書の適用済み配色パターンから色を選択します。

  • [標準の色] - 標準色から選びます。

  • [枠線なし] - 選択したオブジェクトに枠線を何も適用しない場合、このオプションをクリックします。

  • [その他の色] - [色] ダイアログ ボックスを開くには、このオプションをオンにします。標準のカラー パレットから新しい色を選択することができるほか、RGB、HSL、または CMYK のカラー モデルを使用して独自に定義した色を選択することもできます。また、PANTONE カラーを選択することもできます。

[透過性​​] - [透過性] ボックスで透過性のパーセンテージを入力するか、スライダーを使用して塗りつぶしの透過性を設定します。このオプションは、何らかの塗りつぶしを選択した場合にのみ使用できます (Publisher 2007 では使用できません)。

[] - 線の太さを入力します。[色なし] を選択した場合、このオプションは使用できません (Publisher 2007 では、これは [太さ] という名前です)。

[一重線/多重線] - オプションの一覧から線のスタイルと太さの組み合わせを選択するか、または [飾り枠] を選択して [飾り枠] ダイアログ ボックスに移動します。このオプションは、何らかの塗りつぶしを選択した場合のみ使用できます (Publisher 2007 では、これは [スタイル] という名前です)。

[実線/点線] - 一覧から破線のスタイルを選択します。[色なし] を選択した場合、このオプションは使用できません (Publisher 2007 では使用できません)。

[線の先端] - 一覧から []、[四角]、または [フラット] を選択します。[色なし] を選択した場合、このオプションは使用できません (Publisher 2007 では使用できません)。

[線の結合点] - さまざまな種類の線の隅を指定するには、一覧から [面取り]、[]、または [] を選択します。[色なし] を選択した場合、このオプションは使用できません (Publisher 2007 では使用できません)。

[飾り枠] - このボタンをクリックすると、[飾り枠] ダイアログ ボックスが開いて、オブジェクトのグラフィカルな枠を選択できます。

[プレビュー] - 選択した塗りつぶしおよび線のスタイルを表示します。[プレビュー] セクションは、テキスト ボックス、表、図、四角形のオートシェイプなど、四角形のオブジェクトの種類に対してのみ使用できます。[プレビュー] セクションの周囲にあるボタンは、オブジェクトの線に対応します。変更する線に対応するボタンのみを選択すると、個々の線に線の書式を適用できます。表のセルを分割する垂直線および水平線に対応するボタンが表示されます。セルの斜め罫線を設定した場合、斜め線に対応するボタンが表示されます。オブジェクトの種類が表の場合、表のセルを分割する垂直線および水平線に対応するボタンが表示されます。また、セルの斜め罫線を設定した場合、斜め線に対応するボタンが表示されます。

[種類] - 線のセットをオブジェクトに適用するには、[種類] オプションのいずれかをクリックします。線なし、すべての罫線、すべての罫線およびセル分割線に関するオプションを選択できます。

[枠の内部に罫線を引く] - オブジェクトの枠の外部のみではなく、枠の内部と外部に均等に罫線を追加するには、このオプションをオンにします。

注: スマイル、円柱、稲妻などの特定のオートシェイプについては、このオプションを使用できません。

[新しいオブジェクトにこの設定を適用する ] - 新しいオブジェクトに対して、同じ種類のオブジェクトの既定の塗りつぶしと線の設定をそのまま適用するには、このオプションをオンにします。

注: このチェック ボックスは、書式を設定しているオブジェクトがテキスト ボックスまたはオートシェイプである場合のみ使用できます。

[図形の効果] - [図形の書式設定] ダイアログが開いて、[塗りつぶし]、[]、[反射]、[光彩]、[ぼかし]、[3-D 書式]、[3-D 回転] の効果を使用できます (Publisher 2007 では使用できません)。

ページの先頭へ

[サイズ] タブ

注: 表を選んで、Microsoft Office system の言語設定で東アジア言語または右から左に記述する言語のサポートを有効にした場合、このタブは [サイズと向き] になります。

[サイズと角度]

[高さ] - オブジェクトに必要な高さを入力します。

[] - オブジェクトに必要な幅を入力します。

[回転角度] - オブジェクトを回転させる角度 (時計回り) を 0° から 359° までの数値で入力します。

注: 

  • [高さ] と [幅] の設定は必ず、回転されていないオブジェクトの大きさです。

  • [サイズと向き] の [高さ] と [] の設定を変更すると、それに応じて [倍率] の [高さ] と [] が変更されます。

[倍率]

[高さ]: 表の高さを元のサイズに対するパーセンテージで入力します。

[]: 表の幅を元のサイズに対するパーセンテージで入力します。

注: 

  • [高さ] と [幅] の設定は必ず、回転されていないオブジェクトの大きさです。

  • [倍率] の [高さ] と [] の設定を変更すると、それに応じて [サイズと角度] の [高さ] と [] の正確な寸法が変わります。

[縦横比を固定する]: [高さ] と [] の設定の比率を固定する場合は、このチェック ボックスをオンにします。たとえば、[高さ] を 150% に設定すると、自動的に [] が 150% に変更されます。

ページの先頭へ

[レイアウト] タブ

[レイアウト] タブを使用して、ページ上のオブジェクトの正確な位置を決定します。また、テキスト ボックス上、またはテキストを含むオートシェイプ上に置かれた表の周囲でテキストを折り返すオプションを選択することもできます。

[オブジェクトの位置] - テキスト ボックス上またはオートシェイプ上にオブジェクトを配置する場合、オブジェクトを [インライン] と [絶対位置] (固定) のどちらの位置にするかを選択します。

ページ上の位置

ページ上にオブジェクトを正確に配置するには、これらのオプションを選択します。インラインのオブジェクトには、これらのオプションを使用できません。

[水平] - [基準] ボックスの一覧に示されるページ位置とオブジェクトとの間隔の値を入力します。

[基準] - オブジェクトの水平位置を測定するときの基準となるページ位置 ([左上隅]、[中央]、または [右上隅]) を選択します。

[垂直] - [基準] ボックスの一覧に表示されるページ位置とオブジェクトとの間隔の値を入力します。

[基準] - オブジェクトの垂直位置を測定するときの基準となるページ位置 ([左上隅]、[中央]、または [右上隅]) を選択します。

[折り返しの種類と配置] - オブジェクトをテキスト ボックス上またはオートシェイプ上に配置する場合、オブジェクトの周囲でテキストを折り返す方法を指定できます。

  • [四角] - オブジェクトの選択範囲のすべての枠線に沿ってテキストを折り返します。

  • [外周] - 可能な限りオブジェクトに近い位置でテキストを折り返します。

  • [内部] - オブジェクトの周囲で、かつオブジェクトの開いている部分の内側でテキストを折り返します。

  • [上下] - オブジェクトの上下でテキストを折り返し、左右では折り返さないようにします。

  • [なし] - テキストがオブジェクトの周囲で折り返されないように、すべてのテキスト折り返し書式設定を削除します。オブジェクトが透明な場合、オブジェクトの背後のテキストが透けて見えます。オブジェクトが透明ではない場合、テキストはオブジェクトの背後に隠れます。

[左右の折り返し] - オブジェクトがテキスト ボックス上またはオートシェイプ上に配置され、[折り返しの種類と配置] の [四角]、[外周]、または [内部] が選択されている場合、テキストの配置方法を選択できます。

  • [両側] - オブジェクトの両側にテキストを配置します。

  • [左側] - オブジェクトの左側にテキストを配置します。

  • [右側] - オブジェクトの右側にテキストを配置します。

  • [広い側] - オブジェクトのどちらか広い側にテキストを配置します。

[文字列との間隔] - オブジェクトがテキスト ボックス上またはオートシェイプ上にあり、そのオブジェクトがインライン オブジェクトである場合、または [折り返しの種類と配置] で [四角] が選択されている場合、オブジェクトの選択範囲とその周囲で折り返すテキストとの間隔を指定できます。

  • [自動調整] - このチェック ボックスをオンにすると、オブジェクトから既定の距離 (0.04 インチ) の位置にテキストが自動的に配置されます。設定を変更するには、[自動調整] チェック ボックスをオフにし、[]、[]、[]、[] の各ボックスに目的の値を入力します。

[水平方向の配置] - オブジェクトの位置が [インライン] である場合は、テキストを追加または削除したときに、オブジェクトをテキスト ボックスまたはオートシェイプの一方の側にそのまま配置するか、反対側に移動するかを指定できます。

  • [] - テキストを追加または削除するときに、インライン オブジェクトの位置をテキスト ボックスまたはオートシェイプの左側に固定するには、このオプションをクリックします。

  • [] - テキストを追加または削除するときに、インライン オブジェクトの位置をテキスト ボックスまたはオートシェイプの右側に固定するには、このオプションをクリックします。

  • [テキストと一緒にオブジェクトを移動する] - テキストを追加または削除するときに、インライン オブジェクトをテキスト行内の特定の位置に固定し、テキスト ボックスまたはオートシェイプの一方の側から反対側に移動するようにするには、このオプションをクリックします。

ページの先頭へ

[テキスト ボックス] タブ

テキスト ボックスで、または内部にテキストが含まれるオートシェイプで、テキストを配置および調整するためのオプションを選択する場合、[テキスト ボックス] タブを使用できます。

注: [テキスト ボックス] タブは、選択したオブジェクトがテキスト ボックスまたはテキストを含むオートシェイプの場合にのみ利用可能です。

[垂直方向の配置]

テキスト ボックス内またはオートシェイプ内のテキストの配置場所を上、中、または下に設定します。

[テキスト ボックスの余白]

[] ボックスまたはオートシェイプの左端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの右端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの上端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの下端と内部のテキストとの間隔を入力します。

テキストの自動調整

[自動調整なし] ボックスまたはオートシェイプに設定したテキスト サイズと同じ値を維持します。

[はみ出す場合だけ自動調整する] オーバーフローがないようにテキスト ボックス内またはオートシェイプ内のテキストのポイント サイズを小さくします。

[枠に合わせて自動調整する] ボックスまたはオートシェイプのサイズを変更するときに、その内部に収まるようにテキストを縮小または拡大します。

枠に合わせてテキスト ボックスを拡大するこのオプションは、テキストがはみ出さないようにテキスト ボックスまたはオートシェイプを拡大します (Publisher 2007 では使用できません)。

注: このオプションがオンの場合、テキスト ボックスまたはオートシェイプがページからはみ出したり、他のオブジェクトに重なったりすることもあります。

[オートシェイプ内のテキストを 90 度回転する]  このチェック ボックスをオンにすると、テキストボックス内またはオートシェイプ内のテキストが右回りに 90 度回転します。

["次ページに続く" を含む] ボックスまたはオートシェイプに "<ページ番号> ページに続く" という注を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

["前ページから続く" を含む] ボックスまたはオートシェイプに "<ページ番号> ページから続く" という注を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

[段組み]  このボタンをクリックすると、[段組み] ダイアログ ボックスが表示され、段組みの数と間隔を選ぶことができます。

注: [はみ出す場合だけ自動調整する] または [枠に合わせて自動調整する] のオプションがオンの場合は、このオプションをオートシェイプに対して使用できません。

ページの先頭へ

[図] タブ

文書内の画像を圧縮する、または画像の元の色を復元する必要がある場合、または図のトリミングや図の色、明るさ、コントラストの調整を行うためのオプションを設定する必要がある場合、[図の書式設定] ダイアログの [] タブを使用できます。

注: [] タブは、選択したオブジェクトが図または図の塗りつぶしによる図形である場合に利用できます。オブジェクトが図形である場合、トリミング ツールは無効になりますが、[イメージコントロール] および [圧縮] は有効です。

[トリミング範囲]

[]、[]、[]、[] のボックスに、図のトリミング範囲のサイズを入力します。トリミング範囲の値として負の値を入力した場合は、図の余白が追加されて、枠が図よりも大きく拡張されます。図の塗りつぶしを適用している場合は、枠と図の間の領域が塗りつぶされます。それ以外の場合は、枠と図の間の領域が透明になります。

透過性

[透過性​​] - [透過性] ボックスで透過性のパーセンテージを入力するか、スライダーを使用して図の透過性を設定します。Publisher 2007 では、このオプション使用できません。

明るさとコントラスト

  • [明るさ]  [明るさ] ボックスで明るさのパーセンテージを入力するか、[明るさ] スライダーを使用して図の明るさを設定します。既定のレベルは 50% の明るさです。明るさを上げると図が明るくなります。明るさを下げると図が暗くなります。

  • [コントラスト]  [コントラスト] ボックスでコントラストのパーセンテージを入力するか、スライダーを使用して図のコントラストを設定します。コントラストを下げると影とハイライトの違いが小さくなり、ぼやけた感じになります。コントラストを上げると、影とハイライトの違いが強調されてコントラストのはっきりした図になります。

色の変更​​

  • [] - 塗りつぶしの色をパレットから選ぶか、一覧から次のいずれかのオプションを選びます。

    • [配色パターンの色] - 文書の適用済み配色パターンから色を選択します。

    • [標準の色] - 赤から青の範囲の標準色から選択します。

    • [塗りつぶしなし] - 選んだセルや表に塗りつぶしを適用しない場合は、このオプションをオンにします。塗りつぶしなしのセルは背景が透明になります。

    • [その他の色] - [] ダイアログ ボックスが開きます。標準のカラー パレットから新しい色を選んだり、RGB、HSL、または CMYK のカラー モデルを使ったユーザー設定の色を選んだりすることができます。また、PANTONE® カラーを選ぶこともできます。

    • [濃淡] - [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスが開き、現在選択されている色の濃淡を適用できます。

  • [圧縮] - [図の圧縮] ダイアログ ボックスが表示され、図の圧縮方法を制御できます。

  • [色をリセット] - 元の色が復元されます (Publisher 2007 では、これは [リセット​​] という名前です)。

  • [標準の設定] - 図に適用されたトリミングとイメージ コントロールがリセットされます。リセットは、[図の書式設定] ダイアログの [] タブで、選択した図に適用された書式設定に影響します (Publisher 2007 では使用できません)。

  • [図形の効果] - [図形の書式設定] ダイアログが開いて、[塗りつぶし]、[]、[反射]、[光彩]、[ぼかし]、[3-D 書式]、[3-D 回転] の効果を使用できます (Publisher 2007 では使用できません)。

ページの先頭へ

[セルのプロパティ] タブ

[セルのプロパティ] タブを使用して、表のセル内にデータを配置するオプションを選択します。

注: [セルのプロパティ] タブは、選択したオブジェクトが表である場合にのみ利用できます。

[垂直方向の配置]

表のセル内でテキストを配置する方法を、[]、[]、[] のいずれかに指定します。

[テキスト ボックスの余白]

次の設定を使用して、表の行間および列間の間隔を制御できます。

[]: 表のセルまたはオートシェイプの左端と内部のテキストとの間隔の値を入力します。

[]: 表のセルまたはオートシェイプの右端と内部のテキストとの間隔の値を入力します。

[]: 表のセルまたはオートシェイプの上端と内部のテキストとの間隔の値を入力します。

[]: 表のセルまたはオートシェイプの下端と内部のテキストとの間隔の値を入力します。

[オートシェイプ内のテキストを 90 度回転する]: 表のセルまたはオートシェイプ内のテキストを 90 度回転する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

[代替テキスト] タブ

視覚障碍や認識障碍のある方がオブジェクトを認識できるように、このタブを使用してオブジェクトを表す代替テキストを入力します。

注: Publisher 2007 では、このタブは [ウェブ] という名前です。

変更を適用する

すべてのタブで設定を調整したら、[OK] をクリックして、変更をオブジェクトに適用します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×