スキップしてメイン コンテンツへ
Office

Publisher で透明度を使用する印刷オブジェクトで問題が発生する

オブジェクトが線または塗りつぶしに透明色を使用している。 PostScript または PCL プリンターに印刷すると、次の問題が発生する場合があります。

  • オブジェクトに縞模様が表示されることがあります。

  • オブジェクトの色が変わることがあります。

  • オブジェクトがぼやけて表示されることがあります。

  • オブジェクトの透明度が失われることがあります。

  • このオブジェクトが重なっているか、別の透明なオブジェクトによって重なっている場合は、不要なパターン (モアレと呼ばれる) が表示されることがあります。

注: 画面に表示された透明度をカラーインクジェットプリンターに印刷することができます。また、文書を Web サイトとして発行するか、メールメッセージとして送信すると、透明度が正しく表示されます。

オブジェクトは次のいずれかになります。

  • オートシェイプ

  • テキストボックスまたは影付きのワードアート

  • 図またはクリップアート

アイテムを見つけて選択するには、[デザインチェック] 作業ウィンドウでエラーメッセージをクリックし、矢印をクリックして、[このアイテムに移動] をクリックします。

自動で修正する

透明度を濃淡に置き換える      この修正をクリックすると、オブジェクトの透明度が0% に自動的にリセットされます。

この修正プログラムを使うと、このオブジェクトの下にあるオブジェクトを表示できなくなります。 また、単色の背景に対して表示される透明なオブジェクトの部分については、濃淡または網かけの外観が失われます。 これらの効果を維持するには、問題を手動で修正する必要があります。

手動修正

この問題を手動で修正するには、次のいずれかの操作を行います。

透明度を濃淡または網かけに置き換える

次の手順は、透明なオブジェクトを介して1つの色が表示されるオブジェクトにのみ適用されます。 単色の背景に対して透明なオブジェクトの外観を再作成するには、次の操作を行います。

  1. オブジェクトの透明度を0% にリセットします。

    透明な塗りつぶしが設定されたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [塗りつぶし] で、[透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定します。

    透明の線が付いたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [] で、 [透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定し、[ OK]をクリックします。

  2. オブジェクトを選択し、 濃淡 または 網掛け を適用します。

    塗りつぶしの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [塗りつぶし] で、[] の横にあるドロップダウンリストをクリックし、[濃淡] を選択します。

    3. [塗りつぶし効果] ダイアログボックスで、目的の濃淡または網かけを選び、[ OK]をクリックします。

    線の場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [] で、[] の横にあるドロップダウンリストをクリックし、[濃淡] を選択します。

    3. [塗りつぶし効果] ダイアログボックスで、目的の濃淡または網かけを選び、[ OK]をクリックします。

注: 色の濃淡または網掛けは、10% 刻みでのみ選ぶことができます。 単色または網かけに正確に一致させることはできません。塗りつぶしの背景に対して透明度の外観に合わせることはできません。

画像としてオブジェクトを保存し、その場所に画像を挿入する

次の手順は、1つ以上のバックグラウンドオブジェクトを部分的に覆う透明なオブジェクトにのみ適用されます。 文書内のオブジェクトの代わりに使用できる図を作成するには、次の操作を行います。

  1. 透明度の影響を受けるすべてのオブジェクトを選択し、右クリックして [グループ ボタンの画像 ] を選択します。

  2. もう一度グループを右クリックし、[図として保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧からグラフィックファイルの種類を選択します。

    注: 最適な結果を得るには、[デバイスに依存しないビットマップ] を選びます。 このファイルの種類は、グループ化された背景オブジェクトに対して透明度の外観を維持します。

  4. [変更] をクリックします。

  5. [解像度の変更] ダイアログボックスで、使用する印刷の種類と一致する解像度を選択し、[ OK]をクリックします。

  6. [ファイル名] ボックスに、画像の名前を入力します。

  7. [保存先] ボックスの一覧で、画像を保存する場所を選び、[保存] をクリックします。

  8. グループ化されたオブジェクトを選択し、DELETE キーを押して、オブジェクトを削除します。 元のオブジェクトを残しておきたい場合は、グループをページの外にドラッグして スクラッチ領域に移動します。

  9. [挿入] メニューの [] をポイントします。

  10. [図の挿入] ダイアログボックスで、画像を保存した場所に移動し、画像を選択して、[挿入] をクリックします。

注: 

  • これらの手順では、いずれの場合も目的の結果が得られるわけではありません。 たとえば、マスターページ上のオブジェクトをグループ化したり、ページの背景に重なる透明なオブジェクトの効果を取得したりすることはできません。

  • PostScript または PCL プリンターで文書を印刷する場合は、最適な結果が得られるようにするには、透明度を使用しないようにします。 代わりに、描画プログラムを使用して、透明に見える不透明な画像を作成します。

自動で修正する

透明度を濃淡に置き換える      この修正をクリックすると、オブジェクトの透明度が0% に自動的にリセットされます。

この修正プログラムを使うと、このオブジェクトの下にあるオブジェクトを表示できなくなります。 また、単色の背景に対して表示される透明なオブジェクトの部分については、濃淡または網かけの外観が失われます。 これらの効果を維持するには、問題を手動で修正する必要があります。

手動修正

この問題を手動で修正するには、次のいずれかの操作を行います。

透明度を濃淡または網かけに置き換える

次の手順は、透明なオブジェクトを介して1つの色が表示されるオブジェクトにのみ適用されます。 単色の背景に対して透明なオブジェクトの外観を再作成するには、次の操作を行います。

  1. オブジェクトの透明度を0% にリセットします。

    透明な塗りつぶしが設定されたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [塗りつぶし] で、[透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定します。

    透明の線が付いたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [] で、 [透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定し、[ OK]をクリックします。

  2. オブジェクトを選択し、 濃淡 または 網掛け を適用します。

    塗りつぶしの場合

    1. オブジェクトを右クリックして、[オブジェクトの書式設定] を選択します。

    2. [色と線] タブの [塗りつぶし] で、[塗りつぶし効果] をクリックします。

    3. [塗りつぶし効果] ダイアログボックスで、[濃淡] タブをクリックし、目的の濃淡または網かけを選択して、[ OK]をクリックします。

注: 色の濃淡または網掛けは、10% 刻みでのみ選ぶことができます。 単色または網かけに正確に一致させることはできません。塗りつぶしの背景に対して透明度の外観に合わせることはできません。

画像としてオブジェクトを保存し、その場所に画像を挿入する

次の手順は、1つ以上のバックグラウンドオブジェクトを部分的に覆う透明なオブジェクトにのみ適用されます。 文書内のオブジェクトの代わりに使用できる図を作成するには、次の操作を行います。

  1. 透明度の影響を受けるすべてのオブジェクトを選択し、右クリックして [グループ ボタンの画像 ] を選択します。

  2. もう一度グループを右クリックし、[図として保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧からグラフィックファイルの種類を選択します。

    注: 最適な結果を得るには、[デバイスに依存しないビットマップ] を選びます。 このファイルの種類は、グループ化された背景オブジェクトに対して透明度の外観を維持します。

  4. [変更] をクリックします。

  5. [解像度の変更] ダイアログボックスで、使用する印刷の種類と一致する解像度を選択し、[ OK]をクリックします。

  6. [ファイル名] ボックスに、画像の名前を入力します。

  7. [保存先] ボックスの一覧で、画像を保存する場所を選び、[保存] をクリックします。

  8. グループ化されたオブジェクトを選択し、DELETE キーを押して、オブジェクトを削除します。 元のオブジェクトを残しておきたい場合は、グループをページの外にドラッグして スクラッチ領域に移動します。

  9. [挿入] メニューの [] をポイントします。

  10. [図の挿入] ダイアログボックスで、画像を保存した場所に移動し、画像を選択して、[挿入] をクリックします。

注: 

  • これらの手順では、いずれの場合も目的の結果が得られるわけではありません。 たとえば、マスターページ上のオブジェクトをグループ化したり、ページの背景に重なる透明なオブジェクトの効果を取得したりすることはできません。

  • PostScript または PCL プリンターで文書を印刷する場合は、最適な結果が得られるようにするには、透明度を使用しないようにします。 代わりに、描画プログラムを使用して、透明に見える不透明な画像を作成します。

自動で修正する

透明度を濃淡に置き換える      この修正をクリックすると、オブジェクトの透明度が0% に自動的にリセットされます。

この修正プログラムを使うと、このオブジェクトの下にあるオブジェクトを表示できなくなります。 また、単色の背景に対して表示される透明なオブジェクトの部分については、濃淡または網かけの外観が失われます。 これらの効果を維持するには、問題を手動で修正する必要があります。

手動修正

この問題を手動で修正するには、次のいずれかの操作を行います。

透明度を濃淡または網かけに置き換える

次の手順は、透明なオブジェクトを介して1つの色が表示されるオブジェクトにのみ適用されます。 単色の背景に対して透明なオブジェクトの外観を再作成するには、次の操作を行います。

  1. オブジェクトの透明度を0% にリセットします。

    透明な塗りつぶしが設定されたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを選択します。

    2. [書式設定] ツールバーで、[塗りつぶしの色 ボタンの画像 の横にある矢印をクリックし、[その他の色] をクリックします。

    3. [] ダイアログボックスで、[標準] タブをクリックし、[透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定します。

    透明の線が付いたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを選択します。

    2. [書式設定] ツールバーで、[線の色ボタンの画像 の横にある矢印をクリックし、[その他の線の色] をクリックします。

    3. [] ダイアログボックスで、[標準] タブをクリックし、[透過性] スライダーを使用して透明度を0%に設定します。

  2. オブジェクトを選択し、 濃淡 または 網掛け を適用します。

    塗りつぶしの場合

    1. [書式設定] ツールバーで、[塗りつぶしの色 ボタンの画像 の横にある矢印をクリックし、[塗りつぶし効果] をクリックします。

    2. [塗りつぶし効果] ダイアログボックスで、[濃淡] タブをクリックし、目的の濃淡または網かけを選択します。

    線の場合

    1. [書式設定] ツールバーで、[線の色ボタンの画像 の横にある矢印をクリックし、[線のパターン] をクリックします。

    2. [線のパターン] ダイアログボックスで、[濃淡] タブをクリックし、目的の濃淡または網かけを選択します。

注: 色の濃淡または網掛けは、10% 刻みでのみ選ぶことができます。 単色または網かけに正確に一致させることはできません。塗りつぶしの背景に対して透明度の外観に合わせることはできません。

画像としてオブジェクトを保存し、その場所に画像を挿入する

次の手順は、1つ以上のバックグラウンドオブジェクトを部分的に覆う透明なオブジェクトにのみ適用されます。 文書内のオブジェクトの代わりに使用できる図を作成するには、次の操作を行います。

  1. 透明度の影響を受けるすべてのオブジェクトを選択してグループ化します。

    方法

    1. [オブジェクトの選択] ツール [ポインター] ボタン をクリックし、グループ化するオブジェクトを囲むように選択ボックスをドラッグします。

    2. 選択ボックスの右下隅で、[グループ ボタンの画像 ] をクリックします。

  2. グループを右クリックし、[図として保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧からグラフィックファイルの種類を選択します。

    注: 最適な結果を得るには、[デバイスに依存しないビットマップ] を選びます。 このファイルの種類は、グループ化された背景オブジェクトに対して透明度の外観を維持します。

  4. [変更] をクリックします。

  5. [解像度の変更] ダイアログボックスで、使用する印刷の種類と一致する解像度を選択し、[ OK]をクリックします。

  6. [ファイル名] ボックスに、画像の名前を入力します。

  7. [保存先] ボックスの一覧で、画像を保存する場所を選び、[保存] をクリックします。

  8. グループ化されたオブジェクトを選択し、DELETE キーを押して、オブジェクトを削除します。 元のオブジェクトを残しておきたい場合は、グループをページの外にドラッグして スクラッチ領域に移動します。

  9. [挿入] メニューで [] をポイントしてから [ファイルから] をクリックします。

  10. [図の挿入] ダイアログボックスで、画像を保存した場所に移動し、画像を選択して、[挿入] をクリックします。

注: 

  • これらの手順では、いずれの場合も目的の結果が得られるわけではありません。 たとえば、マスターページ上のオブジェクトをグループ化したり、ページの背景に重なる透明なオブジェクトの効果を取得したりすることはできません。

  • PostScript または PCL プリンターで文書を印刷する場合は、最適な結果が得られるようにするには、透明度を使用しないようにします。 代わりに、描画プログラムを使用して、透明に見える不透明な画像を作成します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×