Publisher で簡単な組織図を作成する

Publisher for Office 365, Publisher 2019, Publisher 2016, Publisher 2013, Publisher 2010

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[組織図] の例の画像

図形を使用して、マネージャーの位置とレポートの位置を表す、コネクタの線で接続することによって、文書内の単純な組織図を作成できます。

組織図を作成する

図形を追加する

  1. [挿入] メニューの [図形] をクリックし、挿入する図形をクリックします。

  2. 図形を挿入する文書内をクリックします。

  3. 図形のサイズ、色、塗りつぶし、または線を変更します。

    1. 図形を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

    2. [オートシェイプの書式設定] ダイアログボックスで、目的のオプションを選びます。たとえば、塗りつぶしを変更するには、[色と線] タブをクリックします。[塗りつぶし] で、[] の一覧で新しい色をクリックするか、[塗りつぶし効果] をクリックして、テクスチャ、パターン、またはグラデーションを作成します。

  4. 図形がグラフの目的どおりに表示されたら、図形を右クリックし、[コピー] をクリックします。

  5. オブジェクトのコピーを配置する場所を右クリックし、[貼り付け] をクリックします。

  6. 手順5を繰り返し、グラフに必要なすべての図形を作成します。

図形を接続する

コネクタの線を使用して図形を接続する

1コネクタの線を選ぶ

2最初の接続サイト

3番目の接続サイト。図形をポイントすると、接続サイトは青色で表示されます。

  1. [挿入] メニューの [図形] をクリックし、目的のコネクタ線 ([エルボ] など) をクリックします。

  2. [組織図] のトップマネージャーの [位置] 図形の下部にあるように、コネクタを添付する場所をポイントします。

    図形をポイントすると、接続サイトは青色で表示されます。

  3. 最初の接続サイトをクリックし、2番目のオブジェクト (組織図の最初の [レポートの位置] 図形など) をポイントして、2番目の接続サイトをクリックします。

  4. 手順1-3 を繰り返して、必要なすべてのコネクタ行を追加します。

  5. オプション: コネクタの線の色または太さを変更します。

    1. 変更するコネクタの線を選択します。複数のコネクタを選択するには、shift キーを押しながら各コネクタの線をクリックします。

    2. 右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックして、[色と線] タブをクリックします。

    3. [] で、目的のオプションを選びます。

テキストを追加する

  1. 組織図の図形にテキストを追加するには、図形をクリックし、目的のテキストを入力します。

  2. テキストの書式を設定するには、図形内でテキストを選択し、[テキストボックスツール] の [書式] タブのオプションを使用します。

組織図で図形とコネクタの線を移動する

組織図用に図形とコネクタを追加したので、各要素の配置を細かく調整することができます。

図形を移動する

  1. 移動する図形をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    図形を新しい位置にドラッグする

    • 図形の上にマウスポインターを置きます。ポインターが カーソルを移動する になったら、図形を新しい位置にドラッグします。図形を直線でドラッグするには、shift キーを押しながら図形をドラッグします。

      注: いずれかのスナップコマンドが有効になっている場合、マウスボタンを離すと、図形は最も近いガイド、図形、またはルーラーマークにスナップされることがあります。

    図形の位置を微調整する

    • 方向キーのいずれかを押して、図形を移動します。

      オブジェクトは、方向キーを押すたびに設定された距離を移動します。既定の微調整距離は0.13 インチ (別の単位を使用している場合は同等) です。ただし、微調整距離を変更することができます。

      1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

      2. [編集オプション] で、[オブジェクトを微調整する] チェックボックスをオンにして、オブジェクトを微調整したときに移動する距離を入力します。

    ページ上にオブジェクトを正確に配置する

    1. 図形を右クリックします。

    2. ショートカットメニューの [オートシェイプの書式設定] をクリックし、[レイアウト] タブをクリックします。

    3. [ページの位置] で、オブジェクトまたはオブジェクトグループの水平方向および垂直方向の配置に正の値を入力します。

    4. [OK] をクリックします。

      ヒント: オブジェクトをクリックすると、ウィンドウの下部にあるステータスバーにその正確な位置が表示されます。

コネクタを移動する

  1. 移動するコネクタをクリックします。

  2. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • コネクタの一方の端を移動するには、ポインターが十字線になるまでポインターを移動し、端をドラッグして別のポイントに接続します。

      自動接続を無効にするには、ALT キーを押しながらコネクタの端をドラッグします。オブジェクトの任意の場所に end を配置できますが、末尾は接続されません。

    • コネクタ全体をデタッチするには、(黄色のひし形ではなく) 中央にドラッグします。

組織図を1つのオブジェクトとして使用する

組織図の外観を変更する場合は、すべての図形とコネクタの線を1つのオブジェクトとしてグループ化することをお勧めします。オブジェクトをグループ化すると、組織図全体を簡単に移動してサイズを変更できるようになり、図形やコネクタの線が誤って移動されないようにすることができます。

オブジェクトをグループ化する

  1. マウスポインターをドラッグして、組織図内の図形とコネクタ線の周囲に選択ボックスを描画します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブで、[グループ化] をクリックします。

グラフに変更を加える必要がある場合は、[グループ解除] をクリックして、図形とコネクタをグループ解除できます。

組織図を作成するための文書を設定する

グラフを作成する前に、基本的な図形コネクタのサブメニューをフローティングツールバーとして表示し、図形またはコネクタの線を追加するたびにサブメニューを表示する必要がないようにします。

  1. 組織図を追加する文書を開くか、作成します。

  2. [オブジェクト] ツールバーの [オートシェイプ ボタン イメージ ] をクリックし、[コネクタ] をポイントします。

  3. [コネクタ] サブメニューの上部にある移動ハンドルの 移動ハンドルの画像 を、文書内で作業している間に表示される場所にドラッグします。

    [コネクタ] サブメニューがフローティングツールバーになります。

  4. [オブジェクト] ツールバーの [オートシェイプ ボタン イメージ ] をクリックし、[基本図形] をポイントします。

  5. [基本図形] サブメニューの上部にある [移動ハンドル 移動ハンドルの画像 ] をドラッグして、文書内での操作中に表示される場所を指定します。

    [基本図形] サブメニューは、フローティングツールバーになります。

    Publisher の [接続] ツール バーと [基本図形] ツール バーの画像

組織図を作成する

[コネクタ] と [基本図形] ツールバーが表示されたら、組織図を作成する準備が整いました。

図形を作成する

  1. [基本図形] ツールバーの [四角形ボタンの画像 ] など、組織図内の目的の図形をクリックし、文書をクリックして図形を挿入します。

  2. 図形のサイズ、色、塗りつぶし、または線を変更します。

    方法

    1. 図形を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

      [オートシェイプの書式設定] ダイアログボックスが表示されます。

    2. 必要なオプションを選びます。たとえば、塗りつぶしを変更するには、[色と線] タブをクリックします。[塗りつぶし] で、[] の一覧で新しい色をクリックするか、[塗りつぶし効果] をクリックして、テクスチャ、パターン、またはグラデーションを作成します。

  3. 図形がグラフの目的どおりに表示されたら、図形を右クリックし、[コピー] をクリックします。

  4. オブジェクトを配置する場所を右クリックし、[貼り付け] をクリックします。

  5. グラフに必要なすべての図形が見つかるまで、手順4を繰り返します。

図形を接続する

コネクタ ツールバーを使って組織図を作成する

1コネクタ線

2最初の接続サイト

3番目の接続サイト。図形をポイントすると、接続サイトは青い円として表示されます。

  1. [コネクタ] ツールバーで、目的のコネクタ線 (エルボコネクタなど) をダブルクリックします。

    注: コネクタの線をダブルクリックすると、目的のコネクタを追加しているときに、ボタンが選択されたままになります。

  2. [組織図] のトップマネージャーの [位置] 図形の下部にあるように、コネクタを添付する場所をポイントします。

    図形をポイントすると、接続サイトは青い円として表示されます。

  3. 目的の最初の接続サイトをクリックし、他のオブジェクト (組織図の最初の [レポートの位置] 図形など) をポイントして、2番目の接続サイトをクリックします。

  4. 手順 2 ~ 3 を繰り返して、必要なすべてのコネクタ行を追加します。

  5. 目的のコネクタ線を追加したら、手順1で [コネクタ] ツールバーで選んだコネクタ線をクリックするか、ESC キーを押してコネクタ線ボタンの選択を解除します。

  6. コネクタの線の色または太さを変更します。

    1. 変更するコネクタの線を選択します。複数のコネクタを選択するには、shift キーを押しながら各コネクタの線をクリックします。

    2. [書式] メニューの [オートシェイプ] をクリックし、[色と線] タブをクリックします。

    3. [] で、目的のオプションを選びます。

テキストを追加する

  1. 組織図の図形にテキストを追加するには、図形をクリックし、目的のテキストを入力します。

  2. テキストの書式を設定するには、図形内でテキストを選択し、[書式設定] ツールバーのオプションを使用します。

組織図で図形とコネクタの線を移動する

組織図用に図形とコネクタを追加したので、各要素の配置を細かく調整することができます。

図形を移動する

  1. 移動する図形をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    図形を新しい位置にドラッグする

    • 図形の上にマウスポインターを置きます。ポインターが カーソルを移動する になったら、図形を新しい位置にドラッグします。図形を直線でドラッグするには、shift キーを押しながら図形をドラッグします。

      注: いずれかのスナップコマンドが有効になっている場合、マウスボタンを離すと、図形は最も近いガイド、図形、またはルーラーマークにスナップされることがあります。

    図形の位置を微調整する

    • 方向キーのいずれかを押して、図形を移動します。

      オブジェクトは、方向キーを押すたびに設定された距離を移動します。既定の微調整距離は0.13 インチ (別の単位を使用している場合は同等) です。ただし、微調整距離を変更することができます。

      1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[編集] タブをクリックします。

      2. [方向キー] を選択し、[オブジェクトを微調整する] チェックボックスをオンにして、オブジェクトを微調整したときに移動する距離を入力します。

    ページ上にオブジェクトを正確に配置する

    1. 図形を右クリックします。

    2. ショートカットメニューの [オートシェイプの書式設定] をクリックし、[レイアウト] タブをクリックします。

    3. [ページの位置] で、オブジェクトまたはオブジェクトグループの水平方向および垂直方向の配置に正の値を入力します。

    4. [OK] をクリックします。

      ヒント: オブジェクトをクリックすると、ウィンドウの下部にあるステータスバーにその正確な位置が表示されます。

コネクタを移動する

  1. 移動するコネクタをクリックします。

  2. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • コネクタの一方の端を移動するには、ポインターが十字線になるまでポインターを移動し、端をドラッグして別のポイントに接続します。

      自動接続を無効にするには、ALT キーを押しながらコネクタの端をドラッグします。オブジェクトの任意の場所に end を配置できますが、末尾は接続されません。

    • コネクタ全体をデタッチするには、(黄色のひし形ではなく) 中央にドラッグします。

組織図を1つのオブジェクトとして使用する

組織図の外観を変更する場合は、すべての図形とコネクタの線を1つのオブジェクトとしてグループ化することをお勧めします。オブジェクトをグループ化すると、組織図全体を簡単に移動してサイズを変更できるようになり、図形やコネクタの線が誤って移動されないようにすることができます。

オブジェクトをグループ化する

  1. [オブジェクト] ツールバーで、[オブジェクトの選択] ツールの ボタンの画像 をクリックし、組織図の図形とコネクタ線の周囲に選択ボックスをドラッグします。

  2. [選択] ボックスの下にある [グループオブジェクト ボタン イメージ ] をクリックします。

グラフに変更を加える必要がある場合は、図形とコネクタをグループ解除できます。

オブジェクトをグループ解除する

  1. グループ化されたオブジェクト (組織図) を選択します。

  2. [選択] ボックスの下にある [オブジェクトのグループ解除 ボタンの画像 ] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×