Publisher でテキスト ボックス、図、その他のオブジェクトを囲む境界線を追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

境界線は、多用しなければ注意を引き付けるのに適した方法です。ここではテキスト ボックス、図、または他のオブジェクトに線、パターン、またはユーザー設定の飾り枠を追加する方法について説明します。

さまざまな色や幅の境界線を追加する

  1. 罫線を追加するテキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはオブジェクトを右クリックします。

  2. [<オブジェクト> の書式設定] メニューの適切な項目を選択し、[色と線] タブをクリックします。

  3. [直線] から、色や他のオプションを選択します。

    ヒント: 矩形の内側にだけ境界線を引くのではなく、内側と外側に均等に境界線を追加する場合は、[枠の内部に罫線を引く] チェック ボックスをオフにします。これで、境界線が矩形の内側にあるオブジェクトと重なり合うのを防ぐことができます。

デザイン済みの境界線を追加する

  1. 罫線を追加するテキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはオブジェクトを右クリックします。

  2. [<オブジェクト> の書式設定] メニューの適切な項目を選択し、[色と線] タブをクリックします。

  3. [飾り枠] をクリックします (このオプションは、表のセルまたは矩形以外のオートシェイプが選択されている場合は使用できません)。

  4. [飾り枠] ボックスの一覧で、目的の境界線をクリックします。

ユーザー設定の飾り枠を追加する

さらに、クリップ アート、図ファイル、スキャナーで読み取った写真、または描画プログラムで作成した図を基に、飾り枠を作成することもできます。

注: ユーザー設定の飾り枠に使用する画像ファイルには、64 KB 未満のものを使用する必要があります。

  1. 罫線を追加するテキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはオブジェクトを右クリックします。

  2. [<オブジェクト> の書式設定] メニューの適切な項目を選択し、[色と線] タブをクリックします。

  3. [飾り枠] をクリックします。

  4. [飾り枠] ダイアログ ボックスの [ユーザー設定] をクリックします。

  5. [図の選択] をクリックします。

  6. [図の挿入] ダイアログ ボックスで、必要な図の場所に (自分のコンピューターまたは Bing イメージ検索で) 移動し、その図をクリックしてから [挿入] をクリックします。

  7. [飾り枠名の設定] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の飾り枠に名前を付け、[OK] をクリックします。

選んだ図のファイル サイズが大きすぎたり (64 KB を超える)、図にテキストが含まれたりすると、エラー メッセージが表示される場合があります。この場合は小さい図を使ってみてください。

関連項目

追加または Publisher でページ罫線を削除します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×