Publisher でテキストのオーバーフローを管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

テキスト ボックスまたはオートシェイプにテキストを表示することが含まれている余分なテキストオーバーフローに保存されます。リンクさせてオーバーフローしたテキストを移動し、調整のテキストを別のテキスト ボックスにテキストを自動的に移動して、文書に戻すことができますが、ボックスのテキスト内のテキストの一部、テキスト ボックスを拡大しても、テキストのサイズを変更する、テキスト ボックス内の余白を変更する、または削除します。

オーバーフローのテキストを別のテキスト ボックスに移動します。

テキスト ボックスが多すぎるテキストについては、テキスト ボックスの右下の省略記号付きの小さなボックスが表示されます。他の 1 つのボックスからオーバーフローしたテキストが流れるようにするため、テキスト ボックスをリンクできます。

Publisher のテキスト ボックス オーバーフローのスクリーンショット。

  1. 新しいテキスト ボックスを作成します。

    • [ホーム] タブの [横書きテキスト ボックスの描画] をクリックし、十字形になったカーソルをドラッグして、テキスト ボックスを配置する場所にボックスを描画します。

      Publisher の [テキスト ボックスの描画] のスクリーンショット。

  2. オーバーフロー インジケーターをクリックすると、カーソルがピッチャーに変わります。 テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。

  3. 新しいテキスト ボックスに移動してクリックします。

オーバーフローしたテキストは、新しいテキスト ボックスに表示されます。

これで、テキストを追加すると、テキストの続きが自動的に別のテキスト ボックスに表示されるようになりました。2 番目のボックスがいっぱいになってしまった場合は、別のテキスト ボックスにリンクさせると、3 つすべてのテキスト ボックスにテキストが続けて表示されるようになります。

テキストを自動的に調整します。

  1. テキストの任意の場所をクリックします。

  2. [テキスト ボックス ツールの [書式] タブのテキストが収まるように、をクリックし、次のいずれかの操作します。

    • オーバーフローのテキストがなくなるまで、テキストのポイント サイズを小さくするためにはみ出す] をクリックします。

    • ボックスのサイズを変更するときに、テキスト ボックスに収まるようにテキストを縮小または拡大するには、[枠に合わせて自動調整する] をクリックします。

テキスト ボックスまたはオートシェイプを拡大表示こと

  1. 目的のオブジェクトをクリックします。

  2. サイズ変更ポインター 移動ルーラー が表示されるまで、ハンドルのいずれかの上にマウス ポインターを置きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 縦横比を変えず、オブジェクトのサイズを変更するには、四隅のハンドルし、shift キーを押しながら、手順 4 に進みます。

    • オブジェクトを拡大するには、上、下、または横のハンドルを選択し、手順 4 に進みます。

  4. マウス ボタン キーを押しながら、オブジェクトのサイズ変更ハンドルをドラッグします。

テキストのサイズを変更する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つの単語のテキストのサイズを変更するには、その単語内にカーソルを配置します。

    • 複数の単語または文字をいくつかのテキストのサイズを変更するには、テキストを選択して強調表示します。

  2. [テキスト ボックス ツールの [書式] タブのフォント サイズ] ボックスの ボタン イメージ のサイズを入力します。

注: フォント サイズ] ボックスで、0.1 ポイントの精度に記載されているとは異なるフォント サイズを入力することができます。たとえば、9.3 ポイントのフォント サイズを入力できます。

テキスト ボックスまたはオートシェイプ内の余白を変更します。

  1. テキスト ボックスを右クリックします。

  2. メニューには、テキスト ボックスの書式をクリックします。テキスト ボックスの書式設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [テキスト ボックス] タブをクリックします。

  4. [テキスト ボックスの余白] には、左、右、上、および下余白の設定を入力します。

テキストの一部を削除します。

  1. テキストを選びます。

  2. Del キーを押します。

オーバーフローのテキストを別のテキスト ボックスに移動します。

  1. 必要な場合は、新しいテキスト ボックスを作成します。

    1. [オブジェクト] ツールバーで、テキスト ボックス ボタンの画像 ] をクリックします。

    2. 文書内で 1 つの隅を表示するには、テキストの位置をクリックし、目的] ボックスのサイズになるまでマウスを斜めにドラッグします。

  2. オーバーフローのテキスト ボックスをクリックします。

  3. [テキスト ボックスのリンク] ツールバーで、[テキスト ボックスの​​リンクの作成] ボタン イメージ をクリックします。

    マウス ポインターがピッチャー テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。 に変わります。

  4. ストーリーでとして設定するテキスト ボックスをクリックします。

    このテキスト ボックスが最初のボックスにリンクし、[オーバーフロー内のテキストは、次のボックスに表示されます。

  5. ストーリーにさらにテキスト ボックスを接続するには、手順 3 と 4 を繰り返します。

テキストを自動的に調整します。

  1. テキストの任意の場所をクリックします。

  2. [書式] メニューで、[テキストの自動調整] をポイントし、次のいずれかを行います。

    • オーバーフローのテキストがなくなるまで、テキストのポイント サイズを小さくするためにはみ出す] をクリックします。

    • ボックスのサイズを変更するときに、テキスト ボックスに収まるようにテキストを縮小または拡大するには、[枠に合わせて自動調整する] をクリックします。

テキスト ボックスまたはオートシェイプを拡大表示こと

  1. 目的のオブジェクトをクリックします。

  2. サイズ変更ポインター 移動ルーラー が表示されるまで、ハンドルのいずれかの上にマウス ポインターを置きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 縦横比を変えず、オブジェクトのサイズを変更するには、四隅のハンドルし、shift キーを押しながら、手順 4 に進みます。

    • オブジェクトを拡大するには、上、下、または横のハンドルを選択し、手順 4 に進みます。

  4. マウス ボタンを押しながらハンドルをドラッグしてオブジェクトを変更する.

テキストのサイズを変更する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つの単語のテキストのサイズを変更するには、その単語内にカーソルを配置します。

    • 複数の単語または文字をいくつかのテキストのサイズを変更するには、テキストを選択して強調表示します。

  2. 書式設定] ツールバーで、[フォント サイズ] ボックスの ボタン イメージ でサイズを入力します。

注: フォント サイズ] ボックスで、0.1 ポイントの精度に記載されているとは異なるフォント サイズを入力することができます。たとえば、9.3 ポイントのフォント サイズを入力できます。

テキスト ボックスまたはオートシェイプ内の余白を変更します。

  1. テキスト ボックスまたはオートシェイプを右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、[ < オブジェクト名 > の書式設定] をクリックします。

  3. [テキスト ボックス] タブをクリックします。

  4. [テキスト ボックスの余白] には、左、右、上、および下余白の設定を入力します。

テキストの一部を削除します。

  1. テキストを選びます。

  2. Del キーを押します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×