Properties プロパティ

適用対象

AccessObject オブジェクト

Control オブジェクト

Label オブジェクト

Page オブジェクト

SubForm オブジェクト

BoundObjectFrame オブジェクト

CurrentProject オブジェクト

Line オブジェクト

PageBreak オブジェクト

TabControl コレクション

CheckBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ListBox オブジェクト

Rectangle オブジェクト

TextBox オブジェクト

CodeProject オブジェクト

Form オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Report オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

ComboBox オブジェクト

GroupLevel オブジェクト

OptionButton オブジェクト

Section オブジェクト

CommandButton オブジェクト

Image オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

SmartTag オブジェクト

AccessObject オブジェクト、CodeProject オブジェクト、CurrentProject オブジェクトの Properties プロパティ

AccessObjectCurrentProject、または CodeProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションへの参照を返します。

expression.Properties

expression 必須。上記のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

AccessObjectProperties コレクション オブジェクトは、AccessObjectCurrentProject、または CodeProject オブジェクトに関連するすべてのプロパティのコレクションです。メンバー オブジェクトのインデックスまたはメンバー オブジェクトの名前を表す文字列式を使用して、コレクションの個々のメンバーを参照することができます。コレクション内の最初のメンバー オブジェクトには 0 のインデックス値があり、コレクション内のメンバー オブジェクトの合計数は AccessObjectProperties コレクションの Count プロパティ -1 の値になります。

Properties プロパティを使用して、CurrentData オブジェクトからアクセスされたコレクションのメンバーである AccessObject オブジェクトからプロパティを返すことはできません。

SmartTag オブジェクトの Properties プロパティ

特定のスマート タグのプロパティのコレクションを表す SmartTagProperties コレクションを返します。

expression.Properties()

expression 必須。SmartTag オブジェクトを返す式です。

[適用対象] の一覧にあるその他のすべてのオブジェクトの Properties プロパティ

コントロールの Properties コレクション オブジェクトへの参照を返します。

expression.Properties

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

Properties コレクション オブジェクトは、コントロールに関連するすべてのプロパティのコレクションです。メンバー オブジェクトのインデックスまたはメンバー オブジェクトの名前を表す文字列式を使用して、コレクションの個々のメンバーを参照することができます。コレクション内の最初のメンバー オブジェクトには 0 のインデックス値があり、コレクション内のメンバー オブジェクトの合計数は Properties コレクションの Count プロパティ -1 の値になります。

使用例

次のプロシージャは、Properties プロパティを使用して、フォームのコントロールに関連付けられているすべてのプロパティを [デバッグ] ウィンドウに出力します。このコードを実行するには、cmdListProperties という名前のコマンド ボタンをフォーム上に配置し、次のコードをフォームの宣言セクションに貼り付けます。コマンド ボタンをクリックして、プロパティの一覧を [デバッグ] ウィンドウに出力します。

Private Sub cmdListProperties_Click()
ListControlProps Me
End Sub
Public Sub ListControlProps(ByRef frm As Form)
Dim ctl As Control
Dim prp As Property
On Error GoTo props_err
For Each ctl In frm.Controls
Debug.Print ctl.Properties("Name")
For Each prp In ctl.Properties
Debug.Print vbTab & prp.Name & _
" = " & prp.Value
Next prp
Next ctl
props_exit:
Set ctl = Nothing
Set prp = Nothing
Exit Sub
props_err:
If Err = 2187 Then
Debug.Print vbTab & prp.Name & _
" = Only available at design time."
Resume Next
Else
Debug.Print vbTab & prp.Name & _
" = Error Occurred: " & Err.Description
Resume Next
End If
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×