Project Web App の新機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Project Server 2010に同梱されているProject Web Appのバージョンには、向上したユーザーインターフェイスと堅牢な新機能がいくつか含まれています。これらの更新プログラムによって、統合されたプロジェクトとポートフォリオの管理機能をサポートするインテリジェントなビジネスアプリケーション、小規模なチームと企業のためのスケーラブルな共同作業、および統合された拡張プラットフォームが提供されます。関連する Microsoft テクノロジ。

この記事の内容

強化されたユーザー インターフェイス

統合されたプロジェクトとポートフォリオの管理

スケーラブルなグループ作業

拡張されたプラットフォーム

強化されたユーザー インターフェイス

Project Web Appには、リボンや合理化されたプロジェクト編集グリッドなど、大幅に更新したユーザーインターフェイスがあります。

リボンについて

Project Web Appはリボンを使用するようになりました。これにより、タスクを完了するために必要なコマンドをすばやく見つけることができます。コマンドは、タブの下にまとめて収集される論理グループで構成されます。新しいバージョンのMicrosoft SharePoint Server 2010、microsoft SharePoint Foundation 2010、microsoft Project クライアントプログラムもリボンを使っています。すべてのプログラムでシームレスなインターフェイスを提供します。

強化されたプロジェクト編集インターフェイス

新しいグリッドベースのプロジェクト編集インターフェイスを使用すると、プロジェクトデータを確認するために使うのと同じグリッドとガント チャート ビューで project data を更新できるようになりました。グリッドに入力したデータは入力時に検証され、全体的なエクスペリエンスは格段に簡素化されます。この更新されたグリッドは、プロジェクトセンター、タスクの更新、プレビューページ、リソースセンター、リソース割り当てビューなど、 Project Web App全体で使われます。

ページの先頭へ

統合されたプロジェクトとポートフォリオの管理

統合されたプロジェクトとポートフォリオの管理に加えられた変更は、エンドツーエンドの需要管理とポートフォリオ分析ソリューション、および手動でタスクをスケジュールしトップダウン方式の見積もり アプローチを使用して効果的にスケジュールすることができるようになったことなどです。

プロジェクト提案を管理する

Project Web Appの新しいデマンド管理機能により、テンプレート、Web ベースの提案申請フォーム、プロジェクトのライフサイクル、ビジネス戦略を使用するエンドツーエンドの提案申請と承認プロセスを実装することができます。提案が承認されると、提案に基づいてプロジェクトスケジュールを簡単に作成し、 リソースを割り当てることができます。

プロジェクト ポートフォリオの提案を分析する

Project Web Appは、新しいポートフォリオ分析機能を提供します。承認を決定する前に、ビジネスドライバー、高レベルのコスト制約、高レベルのリソース制約を使ってプロジェクトの提案を分析できるようになりました。

ユーザー指定のスケジュール

Project Web Appでは、プロジェクト管理者はプロジェクト計画の制御を維持し、手動スケジュールされたタスクを使用して予期しない変更を最小限に抑えることができます。タスクの依存関係やカレンダーの変更などの要因によって、ユーザー制御スケジュールが有効になっていると、タスクの日付は自動的に調整されなくなります。

トップダウン サマリー タスク

計画フェーズの開始時には、プロジェクト管理者は、主要な成果物とプロジェクトの主要マイルストーンについて、いくつかの高レベルの情報のみを持つことができます。Project Web Appを使用すると、プロジェクトは、全体的なタイムラインと予算に基づいて、高レベルのフェーズに分けることができます。つまり、個々の作業項目の日付は、必ずしも上位レベルのフェーズの日付と完全に一致する必要はありません。

ページの先頭へ

スケーラブルなグループ作業

このバージョンのProject Web Appを開発する主な目標は、サイズと成熟度に合わせてカスタマイズされたツールをチームに提供することでした。この目標を達成するために、タイムシートとタスクの進捗状況の提出と承認を簡略化するための改善が行われました。さらに、ユーザーの委任は、継続的な共同作業をサポートするために追加されました。

タイムシートおよびタスクの状況のための単一の入力モード

Project Web Appには、時間とタスクの進捗状況を入力するための新しい統合モードが用意されています。組織がこの1つの入力モードを使用することを選択した場合は、タイムシートを完了し、1つのビューでタスクの進捗状況を管理者に知らせることができます。

タイムシートおよびタスクの状況のための承認センター

適切なアクセス許可を持ったユーザーは、時間とタスクの進捗状況を 1 か所で入力できるだけでなく、タイムシートとタスクの更新を 1 つのビューで承認できるようにもなりました。

ユーザー委任

Project Web Appの新しいユーザー委任機能を使うと、アクセス許可レベルの違いに関係なく、1人のユーザーが別のユーザーとして動作できるようになります。たとえば、管理者が休暇を計画していて、自分が不在の間にユーザーを入力する必要がある場合は、チームメンバーを代理人として識別し、そのチームメンバーにはすべての管理者の特権が与えられます。

ページの先頭へ

拡張されたプラットフォーム

Project Web Appには、部門のユーザー設定フィールド、部門のサポートがある複数の OLAP キューブを作成する機能、および Excel Services を使用するエンドユーザーレポートなど、拡張プラットフォームが用意されています。

部署別のユーザー設定フィールド

部門別のユーザー設定フィールド (部門) では、リソース、タスク、またはプロジェクトレベルで、必須または必須ではないフィールドを定義できます。これにより、 Project Web App全体に表示される情報をフィルター処理できます。これにより、各部門に適用される情報が注目されます。これはセキュリティ機能ではありませんが、 Project Web Appユーザーのインターフェイスを簡素化するのに役立ちます。

部署をサポートする複数の OLAP キューブ

Project Web Appを使用すると、複数の OLAP キューブを作成できます。さらに、部門別にキューブデータをフィルター処理できるようになりました。

Excel Services を使用したビジネス インテリジェンス

このリリースでは、Excel Services をProject Web Appと統合して、ビジネスインテリジェンスビューを簡単に作成できるようにします。この統合の一環として、空のデータ接続されたスプレッドシートと、ボックス外のビューが用意されています。レポートに使用できるデータは、タイムシートのユーザー設定フィールド、プロジェクトのプロパティ、ポートフォリオプランナー、オプティマイザデータを含むように拡張されています。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×