Project Web Access の管理者の役割ガイド

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、 Microsoft Office Project Web Accessの管理者権限を持っている場合に利用できるアクティビティについて説明します。これは、管理者の観点から、Project Web Access の概要を示しています。

注: このガイドには、組織内でMicrosoft Office Project Server 2007を展開する方法についての情報は含まれていません。TechNet でProject Server 2007 を展開して管理する方法について学習できます。

ユーザーは、割り当てられているセキュリティグループに応じて、project web access、 Microsoft Office Project Professional 2007、またはその両方を使用して project web access の機能を操作できます。

注: Project Web Access のクイック起動で [サーバー設定] リンクが表示されない場合は、administrators グループに属していないため、ビューのカスタマイズ、レポートの設定、タイムシートの設定、プロジェクトの削除などの操作を行うことはできません。

管理者権限を使用してできること

Project Web Access のホームページから作業する

タスクとタイムシートを操作する

リソースを使用する

プロジェクトセンターで作業する

データを分析してレポートを作成する

組織内の他のユーザーと共同作業を行う

エンタープライズ機能を管理する

ビューを管理する

Project Professional を使用する

展開に関するアドバイス、ブログ、その他の情報をオンラインで入手する

Project Web Access のホームページから作業する

Project Web Access ホームページは、 Project Server 2007データベースに保存されているデータを操作するユーザーの主なエントリポイントです。Project Web Access にログオンすると、アクションが必要になる可能性がある保留中のアイテム (承認する必要があるタスクの更新など) と、最後にログオンした後に変更されたアイテムを表示します。ホームページから、project Web access の機能 (タスク、プロジェクトセンター、リソースセンター、更新プログラム、進捗レポート、ドキュメント、懸案事項、リスクのページなど) にアクセスできます。

注: Project Web Access のホームページに表示されるコンテンツは、サーバー上で使用できる機能、ユーザーの役割、ユーザーに割り当てられているアクセス許可、ユーザーが所属するセキュリティカテゴリ (プロジェクトを含む) によって決定されます。そのセキュリティカテゴリに割り当てられているビュー) と、ホームページ用に構成されたすべてのカスタマイズ。

Project Web Access のホームページのアクティビティ

ページの先頭へ

タスクとタイムシートを操作する

タスクを管理する

タスクの更新を管理する

タイムシートを管理する

Outlook と統合する

チームメンバーがタイムシート時間またはそのタスクの状態を記録できるようにするには、管理者がタイムシート、タスクの状態、またはその両方を設定する必要があります。タイムシートは、タスク、プロジェクト、およびその他のアイテムに対して作業した実際の時間を記録し、使用率、課金可能な時間、その他の時間ベースのメトリックスを管理する場合に重要です。チームメンバーは、[マイタスク] ページを使用してタスクの進捗状況を入力できます。これによって、管理者はプロジェクトのタスクの完了に向けて進捗状況を追跡することが可能になります。

組織にプロジェクトマネージャーがあり、 Office Project Professional 2007で作成したプロジェクトの進捗状況を管理している場合は、タスクの進捗状況を管理する必要があります。

ページの先頭へ

タスクを管理する

チームメンバーは project Web Access の [マイタスク] ページを使用して、project Professional 2007 を使用しているプロジェクトマネージャーによって割り当てられているタスクと稼働時間を表示、編集、委任、更新することができます。[マイタスク] ページにアクセスするには、サイドリンクバーの [マイタスク] をクリックします。

タスク管理アクティビティ

ページの先頭へ

タスクの更新を管理する

Project Web Access の [タスクの更新] ページでは、チームメンバーが [自分のタスク] ページから送信するタスクや作業時間の変更を確認できます。[タスクの更新] ページを使用して、最新の情報を使ってプロジェクトを更新することもできます。

[タスクの更新] ページの情報を使用してプロジェクトを更新するには、次の2つの方法があります。

  • 手動で    [タスクの更新] ページの [承諾] をクリックして、各タスクの変更を承諾することができます。承諾する前にタスク変更要求に返信すると、チームメンバーが応答するまで、変更要求は [タスクの更新] ページのリストから削除されます。新しいタスクとタスクの委任要求を同時に更新し、返信することができます。

  • 自動的に (ルールを使用して)    ルールを作成して実行して、承認前にレビューする必要がない変更でプロジェクトを自動的に更新することができます。特定のプロジェクト、すべてのプロジェクト、特定のリソース、または組織のリソース内訳構造 (RBS) 内の特定の場所にあるリソースのグループに対して実行されるルールを作成できます。

タスクの更新管理アクティビティ

ページの先頭へ

タイムシートを管理する

タイムシートは、タスク、プロジェクト、およびその他のアイテムに対して作業した実際の時間を記録し、使用率、課金可能な時間、その他の時間ベースのメトリックスを管理する場合に重要です。

次の場合は、タイムシートを作成する必要があります。

  • 組織では、支払い対象と実績時間を追跡する必要があります。

  • 給与計算または請求を行うために、会計システムと統合する必要があります。

  • 管理者は、リソースが費やしている時間数と、その時間をどのように費やされているかについての詳細を確認したいと考えています (対象外の請求可能期間と実績)。

タイムシート管理アクティビティ

ページの先頭へ

Outlook と統合する

Project Web Access では、 Microsoft Outlookと統合して、 Office Outlook 2007、2003、または XP を使用してチームメンバーがタスクを更新できるようにします。Outlook 統合機能を使用するには、チームメンバーは次のことを行う必要があります。

  • Project Web access の有効なユーザーアカウントを使用して、Outlook 統合機能を構成するページにアクセスします。

  • Office Outlook 2007、2003、または XP を使用します。

  • Outlook 用の Microsoft Office Project アドインをダウンロードしてインストールします。

Outlook のアクティビティ

ページの先頭へ

リソースを使用する

リソース情報を管理する

スタッフプロジェクト

スキルのスケジュール設定

休暇やその他の非稼働時間 (管理者の時間) を使用する

プロジェクトマネージャーとリソースマネージャーは、project Web Access のリソースセンターを使用して、project Server データベースに公開されているプロジェクトのタスクに割り当てられている1つ以上のリソースの情報を表示、変更、および分析します。リソースセンターには、エンタープライズリソース プールのリソースの一覧が表示されます。リソースセンター内のアイテムを表示する権限は、Project Server 管理者によって付与されます。

ページの先頭へ

リソース情報を管理する

リソースセンターでは、自分のメールアドレス、アカウント情報、所属するグループなど、リソースに関する情報を編集できます。また、割り当てと利用可能時間を表示することもできます。

カレンダー設定などの一部のリソース属性は、Project Professional 2007 でのみ変更することができます。

リソース情報管理アクティビティ

ページの先頭へ

スタッフプロジェクト

プロジェクトマネージャーは、リソースのスキルとリソースの利用可能時間など、さまざまなパラメーターに基づいてプロジェクトのチームを作成できます。project Web Access のビルドチーム機能を使用して、プロジェクトチームを構築することができます。

ビルドチーム機能を使用する場合は、次の点を考慮してください。

  • マネージャーがすべてのリソースを表示できない場合や、プロジェクトにすべてを割り当てることができない場合があります。

  • 必要なスキルセットを持つリソースを見つけるために、組織では、さまざまなスキルとリソース関係を定義するために使用されるリソースの内訳構造 (RBS) コードやその他のエンタープライズリソースアウトライン コードを適用する必要があります。組織.

  • リソースのチームにタスクを割り当てることができます。個々のチームメンバーは、自分に割り当てたいタスクを選ぶことができます。

  • 管理者は、リソースに対して提案済みの予約の種類を使用できます。リソースをコミットせずにプロジェクトに割り当てることによって、マネージャーは、提案された新しいプロジェクトの潜在的なリソース割り当てを追跡できます。たとえば、サービス組織では、さまざまな割り当てシナリオを比較して、提案された割り当てと承認済みの課題の両方を管理できるように、提案された予約を使用することがあります。一元化されたリソース プールとプロジェクトマネージャーを使用している組織内のリソースマネージャースタッフは、スタッフの要望を追跡し、管理するために、提案された予約を使用します。

Project Professional 2007 を使用すると、予定表の設定や代替リソースなどの一部のリソース属性と設定を変更することができます。

プロジェクトのスタッフのアクティビティ

ページの先頭へ

スキルのスケジュール設定

ジョブに最適なリソースを見つけるには、組織のエンタープライズプロジェクト管理 (EPM) ソリューションの一環として project Web Access および project Professional 2007 で利用できるスキルスケジュール機能を使用します。Project Professional 2007 内のリソースの切り替えウィザードを使用して、 標準リソースを実際のリソースと置き換えます。Project Web Access のビルドチーム機能を使用して、ジョブの適切なスキルを持つリソースを検索します。

[予定表の設定] や [リソースの切り替えウィザード] などの一部のリソース属性は、Project Professional 2007 でのみ変更することができます。

スキルスケジュールアクティビティ

ページの先頭へ

休暇やその他の非稼働時間 (管理者の時間) を使用する

Project Web Access では、休暇、チーム会議、トレーニング、内部プロジェクト、その他のプロジェクト時間などの非稼働時間 (管理時間) を管理できます。チームメンバーは、[自分のタイムシート] ページに管理用の時間を入力します。

組織では、次の場合に管理時間を追跡する必要があります。

  • 例外に関するデータを必要とする会計システムと統合しています。

  • 管理チームは、例外に関するレポートを表示したいと考えています。

  • プロジェクトマネージャーまたはリソースマネージャーは、チームメンバーが不在時の時間を入力して、プロジェクトの割り当てに時間が表示されないようにします。

管理者の時間管理アクティビティ

ページの先頭へ

プロジェクトセンターで作業する

プロジェクトセンターでは、プロジェクトマネージャー、チームメンバー、その他のプロジェクト関係者が個々のプロジェクトに関する詳細情報を表示したり、組織内のプロジェクトに関する概要情報を表示したりするための便利な方法を提供します。project Web access または project Professional 2007 でプロジェクトセンターにアクセスする権限を持つすべてのユーザーは、プロジェクトセンターを使用して、割り当てられているプロジェクトに対して作業することができます。プロジェクトセンターでは、 Project Server 2007データベースに公開されているプロジェクトのみを使用できます。

プロジェクトセンターのアクティビティ

ページの先頭へ

データを分析してレポートを作成する

進捗レポートを管理する

OLAP レポートを使用する

Project Web Access では、チームの共同作業を効率的に行うためのさまざまなレポートオプションが用意されています。チームメンバーは、進捗レポートを作成して、タスクの進捗状況を報告することができます。さらに、プロジェクトマネージャーは、詳細なオンライン分析処理 (OLAP) レポートを作成することができます。

一部のタスクは、Project Web Access 管理者グループに属しているユーザーのみが実行できます。Project Web Access のクイック起動で [サーバー設定] リンクが表示されない場合は、administrators グループに属していないため、ビューのカスタマイズ、レポートの設定、タイムシートの設定、プロジェクトの削除などの操作を実行できません。

ページの先頭へ

進捗レポートを管理する

進捗レポートは、割り当てられたタスクの進捗状況を説明します。プロジェクト管理者は、状態情報を要求して受信するプロセスを自動化できます。チームメンバーは状態レポート要求を送信でき、チームメンバーは要求された情報を提供することによってそれらに応答できます。チームメンバーは、進捗レポートの提出を開始することもできます。プロジェクト管理者は、個々の申請と、回答を統合する結合されたレポートを受け取るように、進捗レポートを構成できます。

進捗レポート管理アクティビティ

ページの先頭へ

OLAP レポートを使用する

さまざまなレベルの管理者は、さまざまなレポートを使用して、プロジェクトまたは複数のプロジェクトのプロジェクトとリソースのパフォーマンスを分析できます。レポートを対話的に操作し、それらを構成するフィールドの一部を変更する場合は、ピボットテーブルとピボットグラフビューを使うことができます。これらのすべてのレポートは、プロジェクトとリソースのパフォーマンスによって測定された組織の正常性を理解するのに役立ちます。

visual レポートなどの一部のレポートは、Project Professional 2007 を使用して作成して表示することができます。

OLAP レポートの管理アクティビティ

ページの先頭へ

組織内の他のユーザーと共同作業を行う

project Web Access には、プロジェクトのタスク、懸案事項、リスク、およびプロジェクトの成功に影響するその他の領域について、組織のリソースが共同作業を行うためのさまざまな機能が用意されています。

共同作業アクティビティ

ページの先頭へ

エンタープライズ機能を管理する

Project Web Access 管理者は、サーバー設定ページから多くの機能や機能をカスタマイズして制御することができます。

注: 特定の機能とページをカスタマイズして有効にするには、固有のアクセス許可が付与されている必要があります。

エンタープライズ機能管理アクティビティ

ページの先頭へ

ビューを管理する

ビューは、 Project Server 2007データベースに格納されているプロジェクトとリソース情報の、対話型のレポートです。ビューを使用すると、プロジェクトチームのメンバーは、独自のタスク、割り当て、プロジェクト以外の情報を表示することができます。また、ビューを使用すると、プロジェクトとリソースマネージャーは、プロジェクトに関する重要な情報を組織内の他の個人やグループに伝えることができます。たとえば、一部のビューでは、チームメンバーがプロジェクトに関する情報のみを表示することができます。その他のビューを使用すると、プロジェクトとリソースマネージャーはプロジェクト内のタスクを追跡し、リソースの利用可能時間を特定し、プロジェクトのニーズを利用可能なリソースのスキルと一致させることができます。

利用可能なビューには、たとえば、プロジェクトセンター、リソース割り当て、リソースセンター、[マイタスク]、[自分のタイムシート]、[データ分析]、[リソースプラン]、[チームビルダー] ビューなどがあります。

注: Project Web Access ユーザーは、ページを変更するために特定の権限を持っている必要があります。たとえば、アンケートやフォトギャラリーなどのリストをユーザーが追加できるようにするために、project web access 管理者は、そのユーザーの project web access のアクセス許可を設定する必要があります。

管理アクティビティを表示する

ページの先頭へ

Project Professional を使用する

project Professional 2007 を使用して、組織のエンタープライズプロジェクトマネジメント (EPM) ソリューションの一環として多くのプロジェクト管理タスクを実行できます。

注: project Professional を使用してさまざまなエンタープライズプロジェクト管理タスクを完了するためには、 Project Server 2007のアクセス許可が必要です。

プロジェクトのプロフェッショナルアクティビティ

ページの先頭へ

展開に関するアドバイス、ブログ、その他の情報をオンラインで入手する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×