Project Web Access のタスク情報を更新する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Project Web Accessの 2007年リリースでは、表示し、[仕事] フォルダーと現在オンラインになっているかどうかに関係なく、予定表を使用して、Microsoft Office Outlook のタスクの割り当てを更新できます。これは、常にネットワーク アクセスがない方のために役立ちます。オフライン時に、タスクの割り当てを更新する場合は、オンラインに戻したときに、更新時間と状態の情報を使ってサーバーを更新できます。

注: 表示してから Outlook 内でタスクの更新は、Microsoft Office 2007 プロジェクト アドインをインストールされている outlook が必要です。このアドインは、[ Microsoft Office Outlook 2007と Microsoft Office Outlook 2003 で動作します。ダウンロードとインストールの Microsoft Office 2007 Project アドインを Outlook の詳細については、 outlook、Project Web Access からのインポートの割り当てを参照してください。

この記事の内容

Outlook で、タスクの情報を更新する方法

Project Web Access と上司にタスクの状況を送信します。

Project Web Access にタイムシート時間を送信します。

Project Web Access を組み合わせたタスクの状態とタイムシート時間を送信します。

Outlook で自動タスクの更新を設定します。

Outlook で、タスクの情報を更新する方法

多くの組織やプロジェクト マネージャーは、それぞれのデータ型の別の承認者の作業時間を個別にタスクの進捗状況を追跡する] を選びます。たとえば、40 時間のタスクに割り当てられる可能性しますが、30 時間でタスクを完了することができます。組織では、作業時間を個別にタスクの進捗状況を追跡している場合は、タスクが 100% 完了すると、タスクに割り当てられている 40 時間の 30 が必要なだけを報告することができます。組織トラックのタスクの状態と、これらの稼働時間、タスクに割り当てられている 40 時間の 30 を完了する場合は、タスクの状況表示 75% の作業完了します。

フォームを使用する状況を報告して、Outlook での稼働時間には、プロジェクト マネージャー、組織で使用される進捗管理方法によって異なります。

調べるには、タスクの割り当てのいずれかの方法を使用しています。

  1. Outlook のタスクまたはOffice Project Web Accessからインポートされた予定を開きます。

    • 予定を開いている場合は、[予定] タブの [表示] グループで、タスクのレポートを作成するためのフォームを表示するのには、 Project Web Accessをクリックします。

    • タスクを開くと、既定では、タスクのレポートを作成するためのフォームが表示されます。

  2. [タスクのレポートを作成するためのフォーム。

    • タスクの管理タイムシートの 2 つのタブを表示する場合、組織が稼働時間を個別にタスクの進捗状況を追跡します。Outlook にこのデータを個別に入力して、稼働時間には、タスクの進捗情報変更はありません。Project Web Access と上司にタスクの状況を提出し、 Project Web Access に作業時間の送信のセクションの手順に従います。

      組織は、個別にタスクの残存作業の量の実績作業時間の量を区別するための稼働時間からタスクの進捗状況を追跡することができます。

    • 2 つのタブが表示されない場合、グリッド、タスクの作業時間を入力することができますが、組織は、状態とタイムシートの管理を結合します。Outlook で稼働時間を入力し、[アドインは、タスクの進捗情報を計算します。結合されたタスクの状況を送信および Project Web access の作業時間] セクションの手順に従います。

ページの先頭へ

Project Web Access と上司にタスクの状況を送信します。

Outlook を使って投稿されたタスクの進捗情報には、既にOffice Project Web Accessでキャプチャ タスクの状態のデータが上書きします。どのようなデータは、 Office Project Web Accessで既にキャプチャがわからない場合は、Outlook を使用して、[タスク情報を送信する前にOffice Project Web Accessの状態の情報を確認します。

  1. Outlook では、同期されたタスクまたはタスク フォルダーまたは予定表に、レポートする予定を開きます。予定、開いている場合は、[予定] タブの [表示] グループで、タスク フォームのレポートを表示するのには、 Project Web Accessをクリックします。タスクを開くと、フォームをレポートするタスクが表示されます、既定で。

  2. [フォームのレポートを作成するとタスクの [タスクの管理] タブで、作業の達成率残存作業をするには、実績作業] ボックスに、組織の設定によって、適切なデータを入力します。これらのボックスのいずれかのデータを入力すると、その他の 2 つが自動的に計算します。

    たとえば、タスクには、作業の 40 時間の合計が必要として、作業の達成率] ボックスに20%を入力すると、実際の操作] ボックスは自動的に更新の 1 日 (1-d) を使用して、残存作業のボックスが更新を反映(4 d) タスクを完了する 4 つの日数を反映します。タスクの残存作業時間が 4 日以上かかる場合は、タスクの期間を増やすため、残存作業時間] を拡大できます。

  3. Office Project Web Accessと、マネージャーの両方に自分の状況を提出する場合は、プロジェクト マネージャーに送信する] チェック ボックスを選択します。

  4. Project Web Access に保存] をクリックします。

    後で状況を提出する場合は、タスクまたは予定] タブの [保存] で保存して閉じる]をクリックします。変更内容が、 Office Project Web Accessまたは上司に提出するせずに Outlook にローカルに保存されます。オフラインで作業する場合は、このオプションを使用します。

また、いくつかのタスクの状態に関する情報をキャプチャして、すべてのOffice Project Web Accessに送信する場合は、Outlook でProject Web AccessのツールバーでProject Web Access の更新プログラムをクリックします。これを送信するすべての変更を一度に各タスクを個別に送信することではなくします。

タスクの状況を送信するには、この方法では、タイムシートの変更も送信します。

ページの先頭へ

Project Web Access にタイムシート時間を送信します。

Outlook を使って投稿されたタイムシートの時間には、既にOffice Project Web Accessでキャプチャ、タイムシートの時間が上書きされます。どのようなデータは、 Office Project Web Accessで既にキャプチャがわからない場合は、Outlook を使用して、[タスク情報を送信する前にOffice Project Web Accessでタイムシートの時間を確認します。

  1. Outlook では、同期されたタスクまたはタスクフォルダーまたは予定表に、レポートする予定を開きます。予定、開いている場合は、[予定] タブの [表示] グループで、タスク フォームのレポートを表示するのには、 Project Web Accessをクリックします。タスクを開くと、フォームをレポートするタスクが表示されます、既定で。

  2. [フォームのレポートを作成するとタスクの [タイムシート] タブで、実際の時間グリッドに表示される各日のタスクの作業を入力します。これらの時間には、[タスクの管理] タブで入力した状態データは変更されません。

    またはが週間予定表をスクロールする] をクリックします。いずれかのそれ以前のバージョンより 1 週間前の予定に、開始日のタスクの割り当て、タイムシートの時間を入力することはできませんいずれかの予定の後に 1 週間より後のまたは終了日、割り当てします。

    タイムシート時間には、タスクの割り当ての予定の時間密接に一致すると、グリッドに予定の時間を簡単にコピーし、必要に応じて、時間を変更できます。計画からコピーを自動的に、タスクの既定の作業時間のグリッドを作成する] をクリックします。たとえば、40 時間の作業 1 週間の期間中に予定されているタスクに 5 日分の 1 日につき 8 時間にスケジュールされた場合は、計画からコピーをクリックすると自動的に入力タスクがスケジュールされている各日の稼働時間中、表示されます。期間を報告します。実績作業時間が予定作業時間と少し異なりますOffice Project Web Accessに作業内容を保存する前に、グリッド内の数値を変更します。

  3. Project Web Access に保存] をクリックします。

    マネージャーにタイムシートを送信する準備ができたら場合、は、 Web のタイムシートに移動をクリックします。新しいウィンドウが表示され、タイムシート センター ] ページが表示されます。

    後でOffice Project Web Accessに送信すると、タイムシートを保存するには、タスクまたは予定] タブの [保存] で保存して閉じる]をクリックします。変更内容が、 Office Project Web Accessまたは上司に提出するせずに Outlook にローカルに保存されます。オフラインで作業する場合は、このオプションを使用します。

または、いくつかのタスクの作業時間をキャプチャして、必要に応じてOffice Project Web Accessにそれらのすべてを保存する場合は、Outlook でProject Web AccessのツールバーでProject Web Access の更新プログラムをクリックします。これは、保存すべての変更を一度に各タスクを個別に保存することではなくします。Outlook で稼働時間を保存した後でOffice Project Web Accessマネージャーにタイムシートを提出する必要があります。

稼働時間をOffice Project Web Accessに保存するには、この方法では、タスクの状況に変更も送信します。

ページの先頭へ

Project Web Access を組み合わせたタスクの状態とタイムシート時間を送信します。

  1. Outlook では、同期されたタスクまたはタスクフォルダーまたは予定表に、レポートする予定を開きます。予定、開いている場合は、[予定] タブの [表示] グループで、タスク フォームのレポートを表示するのには、 Project Web Accessをクリックします。タスクを開くと、既定でフォームをレポートするタスクが表示されます。

  2. グリッドに表示される各日のタスクの作業、実際の時間を入力します。

    またはが週間予定表を移動する] をクリックします。いずれかのそれ以前のバージョンより 1 週間前の予定に、開始日、タスクの割り当てのタイムシートの時間を入力することはできませんまたはいずれかの後で、計画から 1 週間よりも終了日、割り当ての。

    グリッドに入力された時間は、[作業時間の達成率 (%)合計の操作] ボックスを作成する重ね自動的にします。

    たとえば、タスクの合計が必要な場合の 2 週間 (w 2) と、グリッドに 16 時間の現在のレポート期間中に作業を入力するは、作業の達成率] ボックスを 20% の完了を反映するように自動的に更新されます。タスクを完了する時刻を追加する場合は、タスクの期間を拡張するには、[残存作業時間]ボックスで、残存作業時間を入力できます。[残存作業時間] ボックスに小さな数値を入力して、タスクの期間を削減できます。

    タイムシート時間には、タスクの割り当ての予定の時間密接に一致すると、グリッドに予定の時間を簡単にコピーし、必要に応じて、時間を変更できます。計画からコピーを自動的に、タスクの既定の作業時間のグリッドを作成する] をクリックします。たとえば、40 時間の作業 1 週間の期間中に予定されているタスクに 5 日分の 1 日につき 8 時間にスケジュールされた場合は、計画からコピーをクリックすると自動的に入力タスクがスケジュールされている各日の稼働時間中、表示されます。期間を報告します。実績作業時間が予定作業時間と少し異なりますOffice Project Web Accessに作業内容を保存する前に、グリッド内の数値を変更します。

  3. Project Web Access に保存] をクリックします。

    マネージャーにタイムシートを送信する準備ができたら場合、は、 Web のタイムシートに移動をクリックします。新しいウィンドウが表示され、[タイムシート] ボックスの一覧] ページが表示されます。

    後でOffice Project Web Accessに送信すると、タイムシートを保存するには、タスクまたは予定] タブの [保存] で保存して閉じる]をクリックします。変更内容が、 Office Project Web Accessまたは上司に提出するせずに Outlook では、ローカルに保存されます。オフラインで作業する場合は、このオプションを使用します。

また、いくつかのタスクの作業時間を把握するすべてのOffice Project Web Accessに送信する場合は、Outlook でProject Web AccessのツールバーでProject Web Access の更新プログラムをクリックします。これは、各タスクを個別に送信するように求めのではなく、変更を一度に 1 つのすべてを送信します。Outlook での変更内容を送信した後は、 Office Project Web Accessのマネージャーにタイムシートを送信する必要があります。

ページの先頭へ

Outlook で自動タスクの更新を設定します。

既定のオプションを変更して、 Office Project Web Accessへの割り当てを更新する方法と、どのくらいの頻度を指定することができます。

Project Web Access を自動的に更新するには、Windows ユーザー アカウントを使用して Microsoft Office Project Server にログオンしている必要があります。

  1. Outlook で [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[ Project Web Accessのタブをクリックします。

  2. [割り当ての更新] セクションで、[すべて] をクリックします。

  3. 対応するボックスに、日、週、または月単位で指定し、次の更新] ボックスに次の更新を行うときに入力します。

  4. それぞれの更新プログラムが発生した場合は、サマリー メール メッセージを受信する [確認メッセージを送信してもらう] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×