Project Web Access から Outlook に割り当てをインポートする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Project アドインの outlook では、タスクの割り当てをインポートできます。これにより、Microsoft Office Outlook を使用して、管理者に、実績作業時間をタイムシートとタスクの進捗状況を報告することができます。

注: 追加でインストールおよび構成については、次を参照してください。をインストールしてセットアップする Outlook 用の Microsoft Office Project アドインします。

自分のタスクの割り当てをインポートします。

Outlook とMicrosoft Office Project Web Access間の接続をセットアップ後に、タスクの割り当てをインポートできます。

  1. Outlook では、Project Web Access ツールバーの [新しい割り当てのインポート] をクリックします。

    ツールバーが表示されない場合は、表示] メニューをクリックし、ツールバー] をポイントし、[ Project Web Access] をクリックします。

    ヒント: このオプションは、[ツール] メニューで利用可能なもできます。Project Web Access] をポイントし、[新しい割り当てのインポート] をクリックします。

  2. Project Server 認証を使用して、Microsoft Office Project Server に接続している、パスワード] ボックスにパスワードを入力し、[ OK] をクリックします。

  3. インポートして、[ OK] をクリックするタスクの一覧を確認します。

    ヒント: 次回のタスクをインポートするこのダイアログ ボックスをスキップする場合は、 Project Web Access からのインポートの割り当て] ダイアログ ボックスで、[今後このダイアログ ボックスを表示、インポートしない] チェック ボックスを選択します。[ツール] メニューで、この設定を逆にするには、[オプション] をクリックします。Project Web Access ] タブをクリックして、インポートする前に確認のダイアログ ボックスを表示する] チェック ボックスを選びます。

各タスクの予定表や、設定に従って、Outlook でタスクのフォルダーに追加されます。

Outlook の予定表、タスクを表示するように選択した場合は、期間、およびそのタスクに従事する時間数を示す 1 日単位ではなく、タスクが表されることに注意してください。たとえば、5 日間のタスクの期間を使っている場合、そのタスクは 5 日の間で継続的に表示されます。既定では、無料でなく、空き時間、割り当ての時間が表示されます。

ヒント: インポートした割り当ての既定の予定表空き時間情報を変更する方法については、この記事では、インポート オプションの変更を参照してください。

その他のタスクが割り当てられている、新しい割り当てのインポート] をクリック、ツールバーの Project Web Access を Outlook にこれらのタスクを追加することができます。

注: タスクをインポートする場合は、特定の日付範囲内で自分に割り当てられているすべてのタスクがインポートされます。この日付範囲の設定の詳細については、この記事では、インポート オプションの変更を参照してください。割り当てられたタスクが既に自分の予定表にいる場合は、変更内容が更新されます。

ページの先頭へ

インポートのオプションを変更します。

指定できるいくつかの他のオプションの方法で、追加、タスクの割り当てをインポートします。次のオプションを変更するには、[ツール] メニューをクリックしてのオプション] をクリックして、 Project Web Accessのタブをクリックします。

  • インポートした割り当ての日付の範囲を設定するには   [割り当てのインポート] セクションで、[日付の範囲] で、[次へ] をクリックし、対応するボックスに日、週、または月の数を指定します。

  • 定期的に発生する割り当てのインポートをスケジュールするには   割り当てのインポート] セクションで、 Outlook の予定表の Project Web Access からのインポート] の下ですべてをクリックし、対応するボックスに、日、週、または月単位で指定を入力する場合、次の更新が発生するには次回の更新します。

    注: Windows ユーザー アカウントを使用して、割り当てを自動的にインポートするのには、Microsoft Office Project Server にログオンする必要があります。

  • インポートした割り当ての既定の予定表空き時間情報を変更するのには   [詳細オプション] をクリックします。割り当てのインポート] セクションでリストをクリック空き仮承諾取り込み中]、または不在の名前を付けてプロジェクト割り当ての予定の空き時間情報を表示するのには、既定では、目的の空き時間情報を選択するにはProject Web Access からインポートされたすべてのタスクの割り当てします。

  • インポートされたタスクの設定のアラームを変更するのには   [詳細オプション] をクリックします。[割り当てのインポート] セクションで、[ Outlook に Project Web Access からインポートするときに、目的のアラームのオプションをクリックします。アラームを作成する] をクリックする場合は、対応するボックスの一覧から、アラーム時刻を選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×