Project Server からオフラインで作業する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Project Professional 2010を使用すると、project Server に接続していないときに、プロジェクトの計画を作業できます。Project Server からオフラインで作業するには、次の2つの方法があります。

  • オフライン    通常、project manager は project Server からオフラインで作業します。プロジェクトのプロを開始するときに [オフライン作業] を選択します。たとえば、プロジェクト計画を作成していて、出張がスケジュールされている場合は、退席する前に project server からプロジェクトをチェックアウトし、旅行から戻るときに変更内容を project server と同期することができます。

  • 予期せずオフライン    コンピューターが project Server から予期せず切断された場合 (停電中など)、引き続きプロジェクト計画に変更を加えることができます。次にコンピューターが Project server に接続されたときに、変更内容がサーバーに同期されます。

  • 共有用に保存する    project Server でプロジェクトを a に保存することもできます。MPP ファイル形式。プロジェクトファイルは、電子メールを使用してチームメンバーに送信したり、ファイルサーバーに保存したりすることができます。共有ファイルに対する変更は、project Server のプロジェクトと同期できます。

注: project Server からオフラインで作業し、共有用にプロジェクトを保存することは、project Professional のユーザーのみが使用できる機能です。

この記事の内容

プロジェクトをオフラインで作業する

予期せずオフラインで作業する

プロジェクトを共有する

プロジェクトをオフラインで作業する

手順 1: プロジェクトをチェックアウトする

  1. project Professional を起動し、project Server に接続します。

  2. [ファイル] タブで、[開く] をクリックします。

  3. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、[ Project Server からすべてのプロジェクトのリストを取得する] をクリックします。
    [ファイルを開く] ダイアログボックスに、Project Server のプロジェクトの一覧が表示されます。

  4. 開きたいプロジェクトをクリックし、[開く] をクリックします。

  5. ファイルが開いたら、サーバーからオフラインで作業するように Project を設定します。

    1. [ファイル] タブの [情報] をクリックします。

    2. 右側の [アカウントの管理] をクリックし、[オフライン作業] をクリックします。

  6. プロジェクトのオフライン編集が完了したら、プロジェクトを閉じることができます。

project Professional を開いてプロジェクトを将来的にオフラインで作業する場合は、最初に保存したサーバーを選択し、[ログイン] ダイアログボックスで [オフライン作業] をクリックする必要があることに注意してください。

注: プロジェクトファイルが最初に保存されたサーバーを選択しないと、プロジェクトファイルを開くことができなくなります。

手順 2: 変更を Project Server と同期する

  1. Project Professional を起動します。

  2. [ログイン] ダイアログボックスで、オフラインファイルが最初に接続されていたサーバーを選びます。[オフライン作業] をクリックしないでください。

    注: オフラインファイルが最初に接続されたサーバーを選択しないと、ファイルを開くことができなくなります。

  3. [ファイル] タブの [開く] をクリックします。

  4. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、プロジェクト名をダブルクリックして、ローカルのキャッシュから開きます。

  5. [ファイル] タブの [閉じる] をクリックします。

  6. ファイルのチェックインを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

これで、プロジェクトファイルがサーバー上のバージョンと同期されるようになります。

ページの先頭へ

予期せずオフラインで作業する

コンピューターが project Server から予期せず切断された場合 (停電中など)、引き続きプロジェクト計画に変更を加えることができます。次にコンピューターが project server に接続されたときに、プロジェクトに加えた変更がサーバーに同期されます。

変更内容を Project Server に保存する場合は、次の操作を行います。

  1. Project Professional を起動します。

  2. [ログイン] ダイアログボックスで、プロジェクトが最初に保存されたサーバーを選びます。[オフライン作業] をクリックしないでください。

    注: プロジェクトが最初に保存されたサーバーを選択しない場合は、プロジェクトを project server と同期することはできません。

  3. プロジェクトの専門家を閉じます。
    メッセージが表示されたら、プロジェクトを保存してチェックインします。

プロジェクトを共有する

プロジェクトを project Server から共有用に保存することができます。この操作を行うと、電子メールの添付ファイルとして、またはファイルサーバーにチームメンバーに送信することができます。複数のユーザーが同じファイルで作業する場合は、このメソッドを使用して、(プロジェクトをオフラインで作業するのではなく) ファイルを共有します。ファイルを受信したときに、Project Server で変更内容を同期することができます。

手順 1: 共有するプロジェクトを保存する

  1. project Professional を起動し、project Server に接続します。

  2. [ファイル] タブで、[開く] をクリックします。

  3. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、[ Project Server からすべてのプロジェクトのリストを取得する] をクリックします。

  4. [ファイル] タブで、[保存と送信] をクリックします。

  5. 右側で、[プロジェクトファイルとして保存] をクリックします。

  6. [共有用に保存] をクリックします。

    注: [共有の保存] コマンドは、プロジェクトが project Server に保存されている場合にのみ使用できます。

  7. [
    [名前を付けて保存] ボタン として保存] をクリックする

  8. プロジェクトファイルの名前を入力します。新しい名前を入力するか、サーバー上のプロジェクト名に一致する名前を使用することができます。

新しいファイル名を使用してプロジェクトを保存した後、ファイルを電子メールでチームメンバーに送信し、ファイルを開いて変更することができます。

注: 変更は、チームメンバーがProject Professional 2010を持っている場合にのみ行うことができます。

手順 2: 共有ファイルを Project Server と同期する

ファイルが返されたら、それを開いて、Project Server との変更を同期することができます。

  1. project Professional を起動し、project Server に接続します。

  2. [ログイン] ダイアログボックスで、共有ファイルが最初に作成されたサーバーを選びます。[オフライン作業] をクリックしないでください。

    注: プロジェクトファイルが最初に作成されたサーバーを選択しない場合は、共有ファイルを project server と同期することはできません。

  3. [ファイル] タブの [開く] をクリックします。

  4. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、プロジェクト名をダブルクリックして開きます。

  5. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  6. 共有ファイルが作成された元のプロジェクトの名前を選択します。
    共有ファイル名が元のプロジェクト名と一致する場合は、プロジェクト名が [ project Server に保存] ボックスに表示されます。

  7. [保存] をクリックします。これで、共有ファイルは元のプロジェクトと同期されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×