Project Online ワークフローのトラブルシューティング

一般的に、Project Web App 管理者はプロジェクト ワークフローの問題を解決する必要があります。組織におけるワークフロー プロセスの定義によっては、ワークフロー インスタンスの進行のために管理者に処置が求められることがあります。ユーザーがプロジェクト センターに追加できるフィールドや、各プロジェクト ワークフローの状態をより良く理解するために、OData または Project Online Rest エンドポイントにクエリを実行できるフィールドがあります。Project Web App 管理者はこのようなフィールドに入力された情報を利用することで適切な是正措置を行い、プロジェクト ワークフローの進行を妨げる要素を排除できます。

Project Online ワークフローの問題解決には 3 つの段階があります。

  1. エラーを確認するためのビューやレポートを設定する

  2. エラーを確認する

  3. エラーに対処し、追加の措置を行う

エラーを確認するためのビューやレポートを設定する

管理者は 2 つの方法でプロジェクト ワークフローを確認できます。

  • ワークフローの状態を確認するためのプロジェクト センター ビューを作成する

  • Project OData Service または Project REST API にクエリを実行する

ワークフローの状態を確認するためのプロジェクト センター ビューを作成する

プロジェクト ワークフローの問題解決には、新しいプロジェクト センター ビューを作成することをお勧めします。プロジェクト センター ビューを作成するか、編集するには、Project Web App ビューを管理するためのグローバル アクセス許可をユーザーに与える必要があります。

注: セキュリティの管理方法については、「ビデオ シリーズ:How security permissions work in Project Server」 (Project Server のセキュリティ アクセス許可のしくみ) をご覧ください。

ビューを作成するには

  1. Project Web App で、歯車アイコンをクリックし、[PWA 設定] をクリックします。

  2. [設定] ページで、[ビューの管理] をクリックします。ビューの一覧が表示されます。

  3. [新しいビュー] をクリックします。

  4. [名前と種類] セクションの [ビューの種類] リストで、[プロジェクト センター] を選択します。

  5. [名前] ボックスに、新しいビューの名前を入力します。たとえば、「Project Workflows」と入力します。

  6. [説明] ボックスに新しいビューの説明を入力します。

  7. [テーブルとフィールド] セクションの [表示フィールド] リストから既定の [開始と終了] フィールドを削除します。[使用可能なフィールド] リストから次のフィールドを追加します。

    • ワークフローのエラー コード

    • ワークフローのエラー

    • ワークフロー作成済み

    • ワークフロー ID

    • ワークフローの前回の実行

    • ワークフロー所有者

    • ワークフロー フェーズ名

    • ワークフロー ステージ名

    • ワークフローの状態

    • チェックアウト済み

    • チェックアウトしたユーザー

  8. ページの下部にスクロールし、[フィルター] をクリックします。

  9. フィールド "ワークフロー エラー コードが 1 より大きい" を利用してフィルターを追加し、[OK] をクリックします。

  10. [保存] をクリックします。

    注: [保存] をクリックすると、"このビューにセキュリティ カテゴリを割り当てていません。セキュリティ カテゴリを割り当てないと、ビューをドロップダウン リストに表示したり、ビューを使用したりすることができなくなります。保存しますか?" というメッセージが表示されます。PWA 管理者グループのメンバーのみが Project Workflows Project Center ビューを表示できるため、[OK] をクリックします。

Project OData Service または Project REST API にクエリを実行する

必要に応じて、Project OData Service にこの情報を問い合わせることができます。Project REST API を通じてプログラムによって行うこともできます。

Project OData Service

プロジェクト センター フィールド

エンティティ

プロパティ

ワークフローのエラー コード

プロジェクト

WorkflowErrorResponseCode

ワークフローのエラー

プロジェクト

WorkflowError

ワークフロー作成済み

プロジェクト

WorkflowCreatedDate

ワークフロー ID

プロジェクト

WorkflowInstanceId

ワークフローの前回の実行

ProjectWorkflowStageData

StageLastSubmittedDate

ワークフロー所有者

プロジェクト

WorkflowOwnerName

ワークフロー フェーズ名

ProjectWorkflowStageData

PhaseName

ワークフロー ステージ名

ProjectWorkflowStageData

StageName

ワークフローの状態

ProjectWorkflowStageData

StageStatus

注: Project OData Service の詳細については、「ProjectData-Project OData service reference」 (ProjectData-Project OData サービス参照) を参照してください。

Project REST API

プロジェクト センター フィールド

エンティティ

プロパティ

ワークフローのエラー コード

ProjectWorkflowInstance

WorkflowErrorResponseCode

ワークフローのエラー

ProjectWorkflowInstance

WorkflowError

ワークフロー作成済み

ProjectWorkflowInstance

WorkflowCreatedDate

ワークフロー ID

ProjectWorkflowInstance

Id

ワークフローの前回の実行

ProjectWorkflowInstance

LastSubmittedDate

ワークフロー所有者

プロジェクト

ProjectOwnerName

ワークフロー フェーズ名

ProjectWorkflowStageData

PhaseName

ワークフロー ステージ名

ProjectWorkflowStageData

StageName

ワークフローの状態

ProjectWorkflowInstance

WorkflowState

コード例

フィルター処理したプロジェクト セットを読み込み、プロジェクト ワークフロー インスタンスを取得します。要求に 20 を超えるプロジェクトが含まれる場合、フィルター処理を追加する必要があります。追加しないと、要求が失敗します。

GET https://CONTOSO.sharepoint.com/teams/project/PWA/_api/projectserver/projects?$Filter=startswith(Name,'Budget')&$Expand=ProjectWorkflowInstance,ProjectWorkflowInstance/WorkflowInstance

エラー応答コードが 400 以上のすべてのワークフローを読み込みます。プロジェクトの所有者と最小限の詳細が含まれます。

GET https://CONTOSO.sharepoint.com/teams/project/PWA/_api/projectserver/projectworkflowinstances?$FILTER=WorkflowErrorResponseCode ge 400&$SELECT=Id,WorkflowError,WorkflowErrorResponseCode,WorkflowState,Project/Id,Project/Name&$EXPAND=WorkflowInstanceOwner,Project

 

注: Project Online に対する開発の詳細については、プロジェクト デベロッパー センターにアクセスしてください。

エラーを確認する

管理者が上記の手順でプロジェクト センター ビューを作成した場合、そのビューには次の手順でアクセスできます。

  1. Project Web App からプロジェクト センターに移動します。サイド リンク バーの [プロジェクト] をクリックします。

  2. リボンの [プロジェクト] をクリックします。

  3. [ビュー:] ドロップダウンから、上記の手順で作成したビューを選択します。

    これでユーザーに、プロジェクトの全一覧と、エラーを含む、各プロジェクトのワークフローの現在の状態が与えられます。

必要に応じて、上記のように、カスタム レポートかプログラムによってエラーを確認できます。

注: [ワークフロー作成済み] と [ワークフローの前回の実行] には、UTC 形式で日時が表示されます。

注: エラーに対処した後、プロジェクト センター、Project OData Service、Project REST API で状態が更新されるまで最大 24 時間かかります。

エラーに対処し、追加の措置を行う

プロジェクト ワークフローでは、次のエラーが発生する可能性があります。

エラー

アクション

プロジェクト PROJECT_GUID の状態を更新できなかった

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐに解決する必要がある場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。

プロジェクト PROJECT_GUID でステージ STAGE_GUID の状態を更新できなかった

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐに解決する必要がある場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。

ステージ STAGE_GUID は、プロジェクト PROJECT_GUID の現在のステージではない

有効ではないワークフロー ステージに対してワークフロー ステージ ステータスを設定しようとするとこのエラーが発生します。この状況では、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

カスタム フィールド CUSTOM_FIELD_GUID に、プロジェクト PROJECT_GUID の値が設定されていない

カスタム フィールドが正しく設定されておらず、そのカスタム フィールドの値が更新されるまで、ワークフローは進行できない更新する必要があるカスタム フィールドの名前を確認するには、「How to get a Custom Field from a Custom Field GUID」 (カスタム フィールド GUID からカスタム フィールドを取得する方法) というタイトルのセクションをご覧ください。カスタム フィールドを更新したら、SharePoint ワークフローの再開を試してください。

注: 最善の方法として、ワークフローに含まれる true/false カスタム フィールドでは、フラグ カスタム フィールドと向かい合っている参照テーブルを使用することで、この種類のカスタム フィールドに発生するこの問題を回避することをお勧めします。

カスタム フィールド CUSTOM_FIELD_GUID が存在しない

ワークフローにおいて、PWA から削除されたカスタム フィールドに対して読み取りや書き込みが試行されると、これが発生します。ワークフローを編集し、適切なカスタム フィールドがワークフローに関連付けられるようにします。

プロジェクト PROJECT_GUID の Check-in ジョブを送信できない

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐに解決する必要がある場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID の Publish ジョブを送信できない

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐに解決する必要がある場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID の Publish Summary ジョブを送信できない

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐに解決する必要がある場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

リスト アイテムからプロジェクトを作成できない

これは、CreateProjectFromListItem アクティビティに影響を与えるエラーです。最初に、SharePoint ワークフローの再開を試します。問題が引き続き発生する場合は、PWA キューを見直し、プロジェクトを作成できなかったキュー ジョブがあるかどうかを確認します。

Web WEB_ID、リスト LIST_ID、アイテム LIST_ITEM_ID に対して、プロジェクトを作成するためのリスト アイテムが見つからない

リスト アイテムはもう存在しません。リスト アイテムを復元できるかどうかをごみ箱で確認できます。

状態の更新時、プロジェクト PROJECT_GUID に関連付けられているアイデアが見つからない

プロジェクト作成に最初に使用されたアイデアが削除されると、これが発生します。リスト アイテムを復元できるかどうかをごみ箱で確認できます。

ジョブ id JOB_GUID が無効

このエラー メッセージが表示された場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト PROJECT_GUID をチェックインするアクセス許可がワークフロー所有者にない

管理者はワークフロー所有者にチェックイン アクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID で、カテゴリアクセス許可の Edit Project Summary Fields、Save Project to Project Server、または Publish Project がワークフロー所有者にない

管理者はワークフロー所有者に適切なアクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

ワークフロー所有者にグローバル アクセス許可の New Project がない

SharePoint リスト アイテムからプロジェクトを作成しようとするとこれが発生します。ワークフロー インスタンスを開始したユーザーは、PWA で新しいプロジェクトを作成できません。

管理者はユーザーに適切なアクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID で、カテゴリ アクセス許可の Open Project と Save Project To Project Server がワークフロー所有者にない

管理者はユーザーに適切なアクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID で、カテゴリ アクセス許可の Open Project がワークフロー所有者にない

管理者はユーザーに適切なアクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID で、カテゴリ アクセス許可の Publish Project がワークフロー所有者にない

管理者はユーザーに適切なアクセス許可を与える必要があります。アクセス許可の付与後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト ワークフローで複数のステージを進行できない

ワークフロー インスタンスが前のステージを閉じずに次のステージに入ろうとするとこのエラーが表示されます。このエラーが発生した場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト ワークフローでは、1 つのステージを進行させる必要がある

ワークフロー インスタンスが次のステージを進めずにステージから離れようとするとこのエラーが表示されます。このエラーが発生した場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト PROJECT_GUID にワークフローを与えることができない

プロジェクトの種類がサポートされていないとき、ワークフロー インスタンスを開始しようとするとこのエラーが発生します。このエラーが発生した場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト PROJECT_GUID がチェックインできない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

カスタム フィールド {1} 値の更新後、プロジェクト {0} がチェックインできない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

プロパティ PROPERTY 値の更新後、プロジェクト PROJECT_GUID がチェックインできない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

プロジェクト PROJECT_GUID が別のセッションでチェックアウトした

管理者はプロジェクトのチェックインを強制するか、ユーザーにプロジェクトのチェックインを要請する必要があります。プロジェクトのチェックイン後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID が別のユーザーにチェックアウトした

管理者はプロジェクトのチェックインを強制するか、ユーザーにプロジェクトのチェックインを要請する必要があります。プロジェクトのチェックイン後、SharePoint ワークフローの再開を試してください。問題が引き続き発生する場合は、プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID にワークフローがない

このエラー メッセージが表示された場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト PROJECT_GUID がチェックアウトされていない

管理者はワークフロー定義を確認し、プロジェクトのチェックアウト前にプロジェクト更新が試行されていないことを確認する必要があります。

プロジェクト PROJECT_GUID が存在しない

このエラー メッセージが表示された場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

PROJ_PWA_SHORT_NAME が読み取り専用モードのため、プロジェクト PROJECT_GUID を公開できない

一般的には、一定期間アクションがない場合、このエラーは解消されます。すぐにエラーを解消する必要がある場合、PWA サイトが読み取り専用モードではないことを確認してください。PWA サイトに移動し、ページの一番上に通知があるかどうかを確認します。通知がない場合、SharePoint ワークフローの再開を試してください。

プロジェクト PROJECT_GUID を更新できない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

プロパティ PROPERTY にプロジェクト PROJECT_GUID の値が設定されていない

管理者はワークフロー定義を確認し、プロパティが正しく設定されていることを確認する必要があります。

プロパティ PROPRERTY が存在しない

このエラー メッセージが表示された場合、Microsoft サポートにお問い合わせください。

プロジェクト PROJECT_GUID で Publish 操作を実行できない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

プロジェクト PROJECT_GUID で Publish Summary 操作を実行できない

PWA キュー ジョブがワークフローの進行を止めることができませんでした。PWA 内の Manage Queue job ページで、失敗したキュー ジョブを確認します。

401 ユーザーが見つかりません/ユーザーは非アクティブです

プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

System.InvalidOperationException:範囲内のワークフロー WORKFLOW_GUID のサブルーチンを読み込んだとき、不完全な終了が検出された

プロジェクト ワークフローを再起動する必要があります。

エラーが一覧にない場合、または表示されたエラーに関する詳細が必要な場合、「How to get the detailed error message for a SharePoint Workflow」 (SharePoint ワークフローの詳細エラー メッセージを取得する方法) セクションをご覧ください。

上記の一覧にないエラーが見つかった場合、Microsoft にお知らせください。2 つの連絡方法があります。User Voice フォーラムを利用するか、Microsoft サポートにお問い合わせください。次の情報をお伝えください。

  • プロジェクト名

  • ワークフローのエラー コード

  • ワークフローのエラー

  • ワークフロー作成済み

  • ワークフロー ID

  • ワークフローの前回の実行

  • ワークフロー所有者

  • 失敗したキューのメッセージとタイムスタンプ (該当する場合)

SharePoint ワークフローの再開方法

ワークフローの現在のステップを再試行するには、場合によっては、ワークフローを再開する必要があります。

SharePoint ワークフローを再開するには

  1. Project Web App からプロジェクト センターに移動します。サイド リンク バーの [プロジェクト] をクリックします。

  2. プロジェクト名をクリックします。

  3. サイド リンク バーでプロジェクト名をクリックします。

  4. [すべてのワークフロー ステージ] セクションを展開します。

  5. [その他のワークフロー データ] リンクをクリックします。

  6. [内部の状態] の隣にある "i" アイコンをクリックします。

  7. [このワークフローを再開する] リンクをクリックします。

プロジェクト ワークフローを再起動する方法

プロジェクト ワークフローを再起動すると、ワークフローの開始に戻ります。ユーザーは、現在のステージにワークフローを進める必要があります。場合によっては、プロジェクト ワークフローを再起動する前に、ワークフローの再開を試し、現在の手順を再試行します。ワークフローの再開方法については、「SharePoint ワークフローの再開方法」を参照してください。

プロジェクト ワークフローを再起動するには

  1. Project Web App からプロジェクト センターに移動します。サイド リンク バーの [プロジェクト] をクリックします。

  2. プロジェクト名をクリックします。

  3. [プロジェクト] タブで [オプション] をクリックし、[ワークフローの再開始] をクリックします。

    注: ワークフローを再起動するには、先にプロジェクトをチェックインする必要があります。プロジェクトのチェックインについては、「Manually check in projects and resources that are checked out by another user」 (他のユーザーがチェックアウトしたプロジェクトやリソースを手動でチェックインする) を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

一連のプロジェクトのプロジェクト ワークフローを再起動する

  1. Project Web App で、歯車アイコンをクリックし、[PWA 設定] をクリックします。

  2. [ワークフローの変更または再起動] をクリックします。

  3. プロジェクトの一覧から [エンタープライズ プロジェクトの種類] を選択します。

  4. ワークフローを再起動する必要がある一連のプロジェクトを選択します。

    注: プロジェクトを一覧に表示するにはチェックインする必要があります。プロジェクトのチェックインについては、「Manually check in projects and resources that are checked out by another user」 (他のユーザーがチェックアウトしたプロジェクトやリソースを手動でチェックインする) を参照してください。

  5. [選択したプロジェクトの現在のワークフローを再起動する] を選択します。

  6. [OK] をクリックします。

プロジェクト ワークフローをプログラムによって再起動することもできます。ProjectWorkflowInstance には、プロジェクト ワークフローを再起動するための 2 つの方法があります。

  • RestartWorkflow()

    POST https://CONTOSO.sharepoint.com/teams/project/PWA/_api/projectserver/projects('PROJECT_GUID')/ProjectWorkflowInstance/RestartWorkflow()

  • RestartWorkflowSkipToStage(stageId)

    POST https://CONTOSO.sharepoint.com/teams/project/PWA/_api/projectserver/projectworkflowinstances('WORKFLOW_INSTANCE_GUID')/RestartWorkflowSkipToStage('STAGE_GUID')

注: プロジェクト ワークフローを一括で再起動すると、調整が発生することがあります。詳細については、「SharePoint Online および Project Online での SharePoint 2013 ワークフローの調整およびパフォーマンスについて」を参照してください。

SharePoint ワークフローの詳細なエラー メッセージを取得する方法

プロジェクト センターで入手できるエラー メッセージで問題解決のための十分な詳細が与えられない場合、SharePoint ワークフローの詳細なエラー メッセージを確認できます。

SharePoint ワークフローの詳細なエラー メッセージを取得するには

  1. Project Web App からプロジェクト センターに移動します。サイド リンク バーの [プロジェクト] をクリックします。

  2. プロジェクト名をクリックします。

  3. サイド リンク バーでプロジェクト名をクリックします。

  4. [すべてのワークフロー ステージ] セクションを展開します。

  5. [その他のワークフロー データ] リンクをクリックします。

  6. [内部の状態] の隣にある "i" アイコンをクリックし、詳細エラー メッセージを確認します。

カスタム フィールド GUID からカスタム フィールドを取得する方法

  1. Project Web App で、歯車アイコンをクリックし、[PWA 設定] をクリックします。

  2. [エンタープライズ ユーザー設定フィールドと参照テーブル] をクリックします。

  3. カスタム フィールドをクリックします。

  4. ページの下部までスクロールします。

  5. [システム ID データ] セクションを展開し、カスタム フィールド GUID を確認します。

PWA キュー ジョブを確認する方法

PWA キュー ジョブが失敗した結果、エラーが表示されることもあります。PWA からは、失敗したキュー ジョブの詳細エラー メッセージが提供されます。

PWA キュー ジョブを確認するには

  1. Project Web App で、歯車アイコンをクリックし、[PWA 設定] をクリックします。

  2. [キュー ジョブの管理] をクリックします。

  3. ワークフロー エラーに関連付けられている失敗したキュー ジョブを見つけ、エラーをクリックして詳細を表示します。

注: ワークフロー エラーが 1 週間以上古く、一覧に表示されない場合、ジョブ履歴を変更する必要があります。  

追加の手順

[ワークフローの前回の実行日付] がアクティブなプロジェクトの日付としては古すぎる

プロジェクトは別のセッションでチェックアウトされている可能性があります。プロジェクトがチェックインされるまで、ワークフローを進行できません。場合によっては、ワークフローを進行するために、プロジェクトを強制的にチェックインすることを管理者は検討してください。プロジェクトのチェックインについては、「Manually check in projects and resources that are checked out by another user」 (他のユーザーがチェックアウトしたプロジェクトやリソースを手動でチェックインする) を参照してください。

注: Project Service OData と Project Service REST API の場合、[ワークフローの前回の実行日付] は [前回の送信日付] になります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×