Project Online からのユーザー データを削除します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Project Online の環境から、Office 365 のグローバル管理者がユーザーの情報を削除する方法について説明します。

どのようなユーザー データは削除されますか。

Project Online では、管理者はユーザー データと次のようなデータ (ユーザーを識別するのにために使用できるデータ) を識別するを削除するのには、この記事で説明されている手順を使用できます。

  • 表示名、名前の発音、Guidを削除またはユーザーの表示名の名前を変更することもできます。

  • ユーザーの特定のビュー設定の例では、ユーザーが、ビューの設定 (ビュー、フィルター、グループ、テーブル、マップ、図面、レポート) (リソース センター、プロジェクト センターでは、スケジュールの web パーツなどのビューを含むグリッド ページの一番上をカスタマイズする場合など)、これらが削除されます。

  • 予定表の例外の詳細: たとえば、いた病欠、または例外の名前を削除する、休暇のための年 1 月 1 週間をユーザーがします。 日付の例外のままになります。

  • ユーザーのアクセス許可- たとえば、ユーザーが、カテゴリに関連している場合にグループ化または個々 のグローバル アクセス許可を与えられて、については、すべての関連付けを削除します。ユーザーもに設定されます非アクティブにします。

プロジェクトに対するアクセス権を付与一部のユーザーがあるために、懸案事項、リスク、成果物、および SharePoint Online に保存されているドキュメントのなどのサイトを Project Online のユーザー データを削除されないことがプロジェクトに含まれるユーザー情報がプロセスを削除します。サイトがない PWA ユーザー。この記事の情報は、SharePoint Online を追加するユーザー アカウントを削除する」を参照する手順は、このデータを削除する必要があります。

重要: Project Online から同じユーザーの情報を削除する前に、SharePoint Online のユーザー データ削除プロセスを実行していることをお勧めします。これにより、(懸案事項またはリスク) などのアイテムで Project Online で削除されたユーザーのデータが上書きされる特定の SharePoint Online でどの同期の問題ができなくなります。

方法はこのとは異なるを介してエンタープライズ オブジェクトを削除するユーザーを削除してよいですか。

この記事で説明したユーザー データ削除プロセスにはユーザーを削除する PWA、エンタープライズ オブジェクトを削除する] ページから PWA サーバーの設定] で、いくつかの方法で異なります。

  • エンタープライズ オブジェクトを削除すると、エンタープライズ リソースと、ユーザーが削除されます。 ただし、ユーザー/リソースは、次のいずれかの場合、削除はブロックされます。

    • プロジェクトの所有者

    • タイムシート マネージャー

    • [タイムシート マネージャー] ボックスの一覧

    • [割り当て所有者

    • [リソース計画

    • ワークフロー プロキシ ユーザー

  • この記事の手順に従って、ユーザーのデータを削除しても、エンタープライズ リソースは削除されません。 無効にするユーザー アカウントを変更、ユーザー データを削除し、([削除済みユーザー)] などを選択するものにリソースの名前を変更できます (省略可能)。

シナリオを削除します。

、必要に応じてこのプロセスは、上記のユーザー データを削除することができますがタイムシート、プロジェクト、および割り当てなどの共有アイテム] 内のユーザーの表示名の削除に関連の管理の一部ができます。実行できる 3 つの削除シナリオがあります。

シナリオ 1: Project Online から表示名以外のユーザーの情報を削除します。

ここでは、すべてのユーザーのデータが、削除されるを除き、ユーザーの表示名です。

ユーザーの作業を知りたい場合は、このシナリオが実施など、タイムシートとタスクをすることができます。

シナリオ 2: Project Online] からユーザーの情報を削除するが、さまざまな場所に表示名を更新します。

ここでは、すべてのユーザーの情報は削除されます。ユーザーの表示名が表示されたすべての場所には [削除済みのユーザー] など、任意のものに置き換えられます。ユーザーの [リソース ID] のままになります。

タイムシートやプロジェクトなどの共有のレコードであっても、ユーザーの表示名を保持するビジネス ニーズが存在しない場合、このシナリオを選択することがあります。

シナリオ 3: Project Online] からユーザーの情報を削除するが、タイムシートのレコードのすべての場所以外には、[表示名を更新します。

このシナリオで、ユーザーの情報をすべて削除すると、[タイムシートのレコードを除きます。何か、[で、[削除済みのユーザー] など、ユーザーの表示名を置き換えることができます。ただし、タイムシートのレコードを使用して、ユーザー名はも引き続き影響しません。タイムシートのレコードの表示名は、タイムシート レコード内のデータを更新したユーザーの名前を識別できないように、新しい [リソース ID を生成します。

ここでは、さらに、ユーザーが入力されているタイムシートのレコードの確認する必要があることができます。

プロセスの概要

管理者は、Project Online の環境で特定のユーザーの情報を削除する必要がありますプロセスの概要については、次のようにします。

  1. PowerShell スクリプトをダウンロードする: ダウンロードし、この記事で必要な PowerShell スクリプト ファイルを展開する必要があります。

  2. ユーザーのデータが含まれる PWA サイトを探す: 環境に Project Web App サイトのリストを検索します。

  3. (省略可能) 各 PWA サイトでユーザーのリソースの ID を確認します。 それぞれの Project Web App サイトのユーザーのリソースの一意の ID を検索します。ログイン アカウント (たとえば、adambarr@contoso.onmicrosoft] で、ユーザーを指定する選ぶすることもできます。com)。

  4. 閉じると、すべてのユーザーのプロジェクトのチェックイン: これには、変更内容が上書きされないことを確認するエクスポート スクリプトを実行する前に問題が発生する必要があります。

  5. ユーザーのデータのエクスポートを実行する: この省略可能な手順は、 Project Online のユーザー情報のエクスポートに記載されています。

  6. 情報は、SharePoint Online (オプション) を追加するユーザー アカウントを削除する: この手順は、のみために必要なかどうかは、PWA 以外のユーザー アカウントなどの情報が与えられている access プロジェクト サイトにユーザーを削除する必要があります。

  7. PWA サイトから、ユーザーのデータを削除する: 各 PWA サイトからそのユーザーの情報を削除するのには、スクリプトを実行します。

    スクリプトを以外 (たとえば、[削除済みユーザー]) に、ユーザーの表示名を変更できます。これは、ユーザー情報を表示比較的変更する項目を維持しながら、匿名ユーザーを作成することができます。

  8. Project Professional のユーザーのキャッシュを削除: PWA 管理者が Project Online サイトに接続中にプロジェクトを開いて使用された Project Professional されている各デバイスのキャッシュを削除する必要がありますスクリプトが正常に完了したら、します。キャッシュをクリアすると、デバイスにキャッシュされている場合、プロジェクトにされて再度追加された中からユーザー情報ができなくなります。

自分のプロジェクト管理者を操作します。

によっては、組織、Office 365 のグローバル管理者は知識については、Office 365 の管理タスクを管理することがありますが、Project Online の管理について知ることがあります。大文字と小文字の場合は、お勧めを共同で策定、PWA サイトの管理者と次の作業を行う Office 365 グローバル管理者の作業します。たとえば、グローバル管理者を PWA のすべてのサイトを見つけるには、PowerShell スクリプトを実行するが最適で可能性があります。 が、PWA 管理者の残りの手順を実行して、ビジネス ルールおよびの構成に関するヘルプを表示、共同作業するために必要な可能性があります。各 PWA サイトです。

重要: ベスト プラクティスとして、サイトからユーザー データを削除する前に、プロジェクトのデータベースをバックアップしてください。 成功したことを確認したら、バックアップを削除することができます。

手順 1 - ダウンロード スクリプト ファイルの削除

いくつかを使用する必要がこの記事の手順で、PowerShell スクリプト ファイルを準備します。この記事で参照されているスクリプト ファイルに含まれる、 Project Online ユーザー コンテンツをエクスポートし、スクリプト パッケージを削除します。Upzip のダウンロードとファイルの場所を参照することができます。

手順 2 - Office 365 環境に Project Web App サイトを検索します。

グローバル管理者は、Office 365 環境では、各 PWA サイトの Url の一覧を表示する、 SharePoint Online Management ShellGetListOfPWAsForTenant PowerShell スクリプトを実行できます。

GetListOfPWAsForTenant PowerShell スクリプトProject Online ユーザー コンテンツをエクスポートして削除のスクリプトのパッケージに含まれています。

注: GetListOfPWAsForTenant PowerShell スクリプトを実行するには、グローバル管理者または SharePoint の管理者の役割のいずれかをする必要があります。

  1. ダウンロードして、解凍、お使いのコンピューターにGetListOfPWAsForTenant.ps1ファイルを保存します。

  2. SharePoint Online Management Shell を開き、メッセージが表示されたら、次のコマンドを使用します。

    .\GetListOfPWAsForTenant.ps1 -adminUsername <adminAccount> -adminSiteUrl <AdminCenterURL> 

    次のパラメーターを使用して構成されたコマンドを実行する必要があります。

    パラメーター

    説明

    -adminUsername

    Office 365 グローバル管理者アカウント

    -adminSiteUrl

    Office 365 管理センターの URL

    たとえば、Office 365 グローバル管理者アカウントがadmin@contoso.onmicrosoft.com、管理センター サイトの URL がhttps://contoso-admin.sharepoint.com 場合は、入力、次

    .\GetListOfPWAsForTenant.ps1 -adminUsername admin@contoso.onmicrosoft.com -adminSiteUrl https://contoso-admin.sharepoint 
  3. コマンドを実行すると、自分のアカウントのパスワードを入力するように求められます。入力し、enter キーを押します。

    正常に実行すると、Office 365 の環境でのすべての PWA サイトの一覧が表示されます。

PWA サイトの Url は、次の 2 つの手順で必要があります。

手順 3 - 各 PWA サイトでユーザーの [リソース ID を検索する (オプション)

重要: ユーザーのアカウントを使っている場合は、この手順はオプションです。ユーザーのアカウントまたは各 PWA サイトの[リソース IDを削除するスクリプトを実行するために必要があります。

ユーザーの [リソース ID を検索する場合は、PWA 管理者は、前の手順に示されている各 PWA サイトで、次の手順に必要があります。

  1. Project Online でサーバー設定エンタープライズ データ] セクションで、[リソース センター] をクリックします。

  2. リソース センター ] ページの [リソース名] 列で、[ユーザーの名前を検索し、[かどうかは、[固有 ID ] 列で値を確認できますを表示するには、その行で表示します。この値は、ユーザーの [リソース IDたとえば、下の図で確認できます秋山コピー/貼り付けの固有 ID] 列で [リソース ID] の値が一覧表示します。

    ユーザーの [リソース ID] で、[固有 ID] 列

    場合によっては、[固有 ID] 列がないように、表をカスタマイズできます。必要な場合は、ユーザー名の左側にチェック ボックスをオンし、[編集] リボンの [リソース] タブにあるし、次の手順に進みます。

  3. [リソースの編集] ページの特定のユーザーのシステム Id データセクションに移動し、一覧表示されるGUID値を検索します。GUID は、この PWA サイトのユーザーの [リソース ID です。

    [リソース ID、ユーザーの検索

注: PWA の複数のサイトがある場合は、各 PWA サイトに同じユーザー別のリソース ID があります。確認してペアリング リソース ID 特定 PWA サイトの URL を使用してユーザーに、検索します。

ステップ 4 - 閉じると、すべてのユーザーのプロジェクトのチェックイン

エクスポートを実行する前に、スクリプトする必要があることを確認してすべてのユーザーのプロジェクトの終了 PWA サイト上のユーザーがチェックインします。これは、ように削除スクリプトで行った変更は上書きされません。

必要な場合は、PWA 管理者に強制 PWA サーバーの設定によって、プロジェクトをチェックインことができます。

  1. サーバーの設定] ページの [キューおよびデータベースの管理] セクションで、[エンタープライズ オブジェクトの強制チェックイン] をクリックします。

  2. [エンタープライズ オブジェクトの強制チェックインページで、プロジェクトの一覧から、チェックする必要があるプロジェクトの横にあるチェック ボックスをオンし、[チェックイン] をクリックします。

  3. 強制チェックインすることを確認する場合かどうかを尋ねるメッセージが表示されます。 [Ok]をクリックします。

注: ユーザーによって変更されているプロジェクトのチェックインを強制すると、これらの変更が失われる可能性があります。通常の方法でプロジェクトのユーザーのチェックおよび強制を使用することチェックインが必要な強くお勧めします。

手順 5: (オプション) ユーザー データをエクスポートします。

ユーザーのデータを削除する前に、ユーザーがの一部であるすべてのプロジェクトがわかっている必要があります。これにより、後で削除を確認するかどうかは、ユーザーのデータが、ため、いくつかの問題が発生しているから削除にできないように設定する (たとえば、プロジェクトのチェック アウトしました。これらのユーザーのデータをエクスポートするプロジェクトを表示できます。これを行う方法については、 Project Online (GDPR) からのユーザー情報をエクスポートするを参照してください。

エクスポート スクリプトもわかるかどうかのユーザーのプロジェクトが現在、次の手順で RedactProjectUser スクリプトを実行するよりも前にチェックインする必要があるので、チェック アウトします。

必要な場合は、PWA 管理者が PWA サーバーの設定によって、プロジェクトのチェックインを強制できます。

  1. サーバーの設定] ページの [キューおよびデータベースの管理] セクションで、[エンタープライズ オブジェクトの強制チェックイン] をクリックします。

  2. [エンタープライズ オブジェクトの強制チェックインページで、プロジェクトの一覧から、チェックする必要があるプロジェクトの横にあるチェック ボックスをオンし、[チェックイン] をクリックします。

  3. 強制チェックインすることを確認する場合かどうかを尋ねるメッセージが表示されます。 クリックしてOK

重要: 強制する場合チェックでユーザーを変更するプロジェクトを変更内容が失われます。

手順 6: SharePoint Online で追加されたユーザー アカウント情報を削除

注: SharePoint Online からもユーザー データを削除する、削除済みのコンテンツを上書きすることができる同期の問題を防ぐために Project Online のユーザー データを削除する前に、SharePoint Online のユーザー データを削除することをお勧めします。

Project Web App (PWA) アカウントを持っていないユーザーが Office 365 環境には、Project Online で、名前やアカウント情報を持つこともとを削除することがあります。これは、ユーザーがプロジェクト サイトに SharePoint の特定のオブジェクトを追加している場合に発生することができます。プロジェクト サイトは、プロジェクトの作成時に作成できる SharePoint サイトのグループ作業です。PWA ユーザーではない SharePoint ユーザーは、これらのコラボレーション サイトへのアクセスを与えることができます。この場合、そのアカウントの情報が保存されている PWA に保存することができます。管理者は、SharePoint Online 内のユーザー データを削除するが場合、Project Online でユーザー データを削除する必要がある場合にも表示されている場合、SharePoint Online で、次のいずれかのデータをエクスポートしてもなります。

  • プロジェクト サイトの使用に関連する問題

  • プロジェクト サイトの使用に関連するリスク

  • プロジェクト サイトの使用に関連するドキュメント

  • プロジェクト サイトの使用に関連する成果物

上記のいずれかの SharePoint Online のユーザー データ場合は、削除することもユーザー アカウント情報 Project Online のサイトからログイン アカウント情報を指定する RedactProjectUser PowerShell スクリプトを実行して (必要はありませんので、[リソース ID):

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえばからエクスポート、SharePoint Online のデータを検出した稲垣友 (evac@contoso.com のアカウント名) に追加されたこと懸案事項およびリスクを特定の PWA サイト (https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa1) の一部をプロジェクト サイトします。以下を実行して、自分のアカウント名に特定の PWA サイトの「ユーザーの削除」のすべてのインスタンスが更新されます。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

手順 7 - PWA サイトから、ユーザーのデータを削除します。

SharePoint Online Management Shell PWA サイトからユーザー データを削除するのには、必要に応じて、ユーザーの表示名を更新するでは、 RedactProjectUser PowerShell スクリプトを実行します。

RedactProjectUser PowerShell スクリプトProject Online ユーザー コンテンツをエクスポートして削除のスクリプトのパッケージに含まれています。

注: RedactProjectUser スクリプトを実行するために、次の 1 つ以上をする必要があります。

  • スクリプトを実行している PWA サイトにサイト コレクションの管理者。

  • Project の権限モードの場合は、Project Online のインスタンスで管理するユーザーとグループのアクセス許可を割り当てます。SharePoint の権限モードの場合は、グローバル管理者または SharePoint の管理者の役割にあります。

SharePoint Online Management shell を使用する呼び出しコマンドレット RedactProjectUser スクリプトを実行します。

Invoke-RedactProjectUser  

呼び出しコマンドレットでは、次のパラメーターを使用します。

パラメーター

説明

ノート

URL

Project Online のインスタンスの URL です。

必須

-ログイン名が表示

ユーザーの名前をログインします。

ログイン名が表示または ResourceID のいずれかが必要です。

-ResourceId

[リソース GUID] ユーザーのします。

ログイン名が表示または ResourceID のいずれかが必要です。

-UpdateDisplayName

ユーザーの新しい表示名

このオプションを使用すると、RedactTimesheet も必要があります。

-RedactTimesheet

タイムシートに変更を適用しますか。($trueまたは$false)

次の方法で、呼び出しのコマンドレットとパラメーターを使用できます。

シナリオ 1: Project Online の表示名以外インスタンスからユーザーの情報を削除します。

このコマンドを使用すると、表示名を除き、PWA サイトからユーザーのデータが削除されます。組織は、プロジェクトのタスクの所有者またはタイムシートの入力などを共有したアイテムの場合に後で確認できるユーザーの表示名のままにすることです。

ユーザーのログオン名またはリソース ID のいずれかを指定できることに注意してください。

ログオン名を使用します。

ログオン名でユーザーを指定する場合は、次の方法コマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <loginName>

たとえば、次を削除するユーザーの表示名を除き、 https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaサイト全体でユーザー evac@@contoso.onmicrosoft.comのすべてのデータ

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@@contoso.onmicrosoft.com

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、: < ユーザーの表示名 > [リソースのすべてのデータが削除されているリソースの名前を除く

[リソース ID を使用します。

[リソース ID] で、ユーザーを指定する場合は次のようコマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID>

たとえば、次の削除0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa サイトを除き、ユーザーの表示名でのリソース ID を持つユーザーのすべてのユーザー データ

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、: < ユーザーの [リソース ID] > [リソースのすべてのデータが削除されているリソースの名前を除く

シナリオ 2: Project Online のインスタンスからユーザーの情報を削除するが、さまざまな場所に表示名を更新します。

このコマンドを使用して、Project Online のインスタンスからユーザーのユーザー データが削除されるものを選択するのに、ユーザーの表示名に変更され、タイムシートのレコードでこのように表示もします。組織は、ユーザーの表示名を変更すると、ユーザーの [ユーザーの削除] など、匿名のものにすることです。

ユーザーのログオン名またはリソース ID のいずれかを指定できることに注意してください。

ログオン名を使用します。

ログオン名でユーザーを指定する場合は、次の方法コマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえば、次のevac@contoso.onmicrosoft.comのすべてのユーザー データが削除され、[削除済みのユーザー] に、 https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaサイト全体で自分の表示名を変更します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、: < ユーザーのログイン名 > [リソースのすべてのデータが削除されているし、リソースの名前が < 表示名 > に変更されたすべての場所を含むタイムシートのレコード

[リソース ID を使用します。

[リソース ID] で、ユーザーを指定する場合は次のようコマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえば、次の0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681のリソース ID を持つユーザーのすべてのユーザー データが削除され、[削除済みのユーザー] に、 https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaサイト全体で表示名を変更します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、: < ユーザーの [リソース ID] > [リソースのすべてのデータが削除されているし、リソースの名前が < 表示名 > に変更されたすべての場所を含むタイムシートのレコード

シナリオ 3: Project Web App サイトからユーザーの情報を削除するが、タイムシートのレコードのすべての場所以外には、[表示名を変更します。

このコマンドを使用して、Project Web App サイトからユーザーのデータが削除されに指定すると、タイムシートのレコードで同期されませんが、ユーザーの表示名に変更されます。組織は、後で、ビジネス上のユーザーの表示名、タイムシートのレコードを保持する理由がある場合を分析することです。

ユーザーのログオン名またはリソース ID のいずれかを指定できることに注意してください。

ログオン名を使用します。

ログオン名でユーザーを指定する場合は、次の方法コマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $false

など、次のevac@contoso.onmicrosoft.comのすべてのデータが削除されますしてが名を変更と、その表示 [ユーザーの削除] をhttps://contoso.sharepoint.com/sites/pwaサイト全体で以外タイムシートのレコードにします。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $false

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、:ことを確認して、スクリプトが正常に完了した後は、メッセージが表示されますという: < ユーザーの [リソース ID] > [リソースのすべてのデータが削除されているとの名前リソースが変更されている < 表示名 > にさまざまな場所がタイムシートのレコードを除きます

[リソース ID を使用します。

[リソース ID] で、ユーザーを指定する場合は次のようコマンドレットを使用します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $false

たとえば、次の 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 のリソース ID を持つユーザーのすべての個人データが削除され、表示名に変更 [ユーザーの削除] https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa、サイト全体で以外でタイムシートを記録します。

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $false

このコマンドを実行するときに、続行するかを確認するメッセージが表示されます。

示すメッセージが表示されますスクリプトが正常に完了したことを確認すると、: リソース < ユーザーのログイン名 > のすべてのデータが削除されているし、リソースの名前が変更された < 表示名 > にさまざまな場所タイムシート以外レコード。

手順 8: プロジェクト クライアントのユーザーが PWA サイトへの接続のキャッシュを消去します。

Project Professional または Project Online のデスクトップ クライアントで Project Online のインスタンスに接続するすべてのデバイスでは、IT 管理者がキャッシュをクリアする必要があります。キャッシュをクリアするには、システムに残っているキャッシュされたデータを更新するユーザーの情報が削除されたプロジェクトができなくなります。キャッシュを消去する前にクライアントで開いているユーザーのプロジェクトの [なし] があるかどうかを確認する必要があります。

Project Professional 2016 と Project Online のデスクトップ クライアントのキャッシュをクリアするには。

  1. [ファイル] メニューを選択し、[オプション] をクリックします。

  2. [ Project のオプション] ページで、[保存] を選択します。

  3. [キャッシュ] セクションでは、キャッシュのクリーンアップを選択します。

関連項目

Project Online からのユーザー データをエクスポートします。

Project Online json オブジェクトの定義をエクスポートします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×