Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Project がタスク名] 列でテキストを自動的に折り返さが折り返されたテキストにも、他の列を有効にすることができます。これにより、プロジェクトの行の高さを変更できます。

  1. テーブルを含むビュー (チーム プランナー以外) を表示します。

  2. 折り返す列の見出しを右クリックして、[左右の折り返し] をクリックします。

    右クリック メニューの [折り返して全体を表示する] コマンド

    文字列の折り返しは、文字列が列の幅より長く、少なくとも 1 つのスペースが含まれるすべてのセルに適用されます。任意指定の行区切りは認識されません。

  3. 文字列の折り返しをオフにするには、列見出しを右クリックしてから [左右の折り返し] をもう一度クリックします。

    注: すでに折り返されている文字列は、調整済みの行の高さを減らすまでは折り返しの状態のままです。 新しく入力するテキストは折り返されません。折り返すには、もう一度 [左右の折り返し] をクリックする必要があります。

テキストを折り返す列の高さを調整します。

折り返されていない文字列や、セルにすべて表示されている文字列を簡単に折り返すには、行の高さを増やしてセルを拡大します。

  1. 任意のシート ビューで、行見出し (行の最も左のセル) の下の枠線を下にドラッグし、文字列が次の行に折り返される位置までドラッグします。

    行見出し

    ヒント: 複数の行の高さを同時に調製できます。 行を選び、選択範囲内の最後の行の行見出しの一番下をドラッグして、必要な高さに調整します。

  2. 文字列の折り返しを解除するには、行見出しの下の枠線を上にドラッグし、文字列が 1 行に収まる位置までドラッグします。

すべての行を同じ高さを調整します。

ここでは、すばやくを同じ高さにすべての行を調整します。テキストを複数の行に折り返さしたくない場合は、これを使用できます。

  1. 折り返して表示される、テキストに列の見出しを右クリックし、[文字列の折り返し] を選びます。

  2. 全体のビューを選択するビューの左上隅で、ボックスを選択します。

    プロジェクトのガント チャート ビューの左上隅にカーソルが表示されたスクリーン ショット
  3. 行見出しの区切り線をマウスでポイントします。サイズ変更カーソルが表示された場合は、サイズ変更、行の上下にドラッグします。完了したら、線をドラッグすると、すべての行サイズを変更したサイズにします。

    カーソルが行の境界線の上にマウス ポインターを置いてのスクリーン ショットのガント チャート] ビュー

詳細情報

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×