スキップしてメイン コンテンツへ
Project デスクトップでの Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

Project デスクトップでの Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

Project では、[タスク名] 列のテキストが自動的に折り返されますが、他の列でもテキストの折り返しを有効にすることができます。 このため、プロジェクトの行の高さを変更できます。

  1. テーブルを含むビュー (チーム プランナー以外) を表示します。

  2. 折り返す列の見出しを右クリックして、[左右の折り返し] をクリックします。

    右クリック メニューの [折り返して全体を表示する] コマンド

    文字列の折り返しは、文字列が列の幅より長く、少なくとも 1 つのスペースが含まれるすべてのセルに適用されます。 任意指定の行区切りは認識されません。

  3. 文字列の折り返しをオフにするには、列見出しを右クリックしてから [左右の折り返し] をもう一度クリックします。

    注: 既に折り返されたテキストは、調整された行の高さを減らすまで、折り返されたままになります。 入力した新しいテキストは折り返されなくなります。もう一度 [折り返して表示する] をクリックして再び有効にする必要があります。

列の高さを調整して文字列を折り返す

折り返されていない文字列や、セルにすべて表示されている文字列を簡単に折り返すには、行の高さを増やしてセルを拡大します。

  1. 任意のシート ビューで、行見出し (行の最も左のセル) の下の枠線を下にドラッグし、文字列が次の行に折り返される位置までドラッグします。

    行見出し

    ヒント: 複数の行の高さを同時に調製できます。 行を選び、選択範囲内の最後の行の行見出しの一番下をドラッグして、必要な高さに調整します。

  2. 文字列の折り返しを解除するには、行見出しの下の枠線を上にドラッグし、文字列が 1 行に収まる位置までドラッグします。

 すべての行を同じ高さに調整する

すべての行を同じ高さに調整する簡単な方法を紹介します。 この方法は、文字列を複数行に折り返して表示する必要がなくなったときに使用できます。

  1. テキストの折り返しを解除する列のヘッダーを右クリックし、[折り返している文字列] を選択します。

  2. ビューの左上隅にあるボックスを選択して、ビュー全体を選択します。

    [プロジェクトガントチャート] ビューの左上隅にカーソルが表示されているスクリーンショット
  3. 行見出しの区切り線の上にマウスポインターを置きます。 サイズ変更カーソルを取得したら、上または下にドラッグして行のサイズを変更します。 線のドラッグが終了すると、すべての行のサイズが選択したサイズに変更されます。

    行の境界線の上にカーソルが置かれた [ガントチャート] ビューのスクリーンショット

詳細情報

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×