PowerPoint Online でスペルチェックと文章校正を行う

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

入力すると、 PowerPoint Onlineによってスペル、文法、またはスタイルの間違いを検出したときに、単語に下線を引くことができます。

種類

保存されているファイルに対して使用可能

赤色の波線線でマークされたスペルミス

スペル チェック

OneDrive
OneDrive for Business
SharePoint Online

青色の二重下線でマークされた文法エラー

文章校正

OneDrive for Business
SharePoint Online

点線で示された金色の下線付きの書き込みスタイルエラー

推奨されるライティングの絞り込み

OneDrive for Business
SharePoint Online

エラーを修正する

エラーを修正する (または提案を無視する) には、下線付きの単語を右クリックします。

スペルチェックのショートカットメニュー

文章校正のコンテキストメニュー

スタイルのコンテキストメニューを作成する

ヒント: 入力した単語が正しくスペルされているが、 PowerPoint Onlineディクショナリが認識しない可能性があります。ブランド名、頭字語、または似たようなものである可能性があります。

スライドをチェックしてスペル、文法、スタイルを修正する

ファイルがOneDrive for BusinessまたはSharePoint Onlineに保存されている場合は、スペルチェック、文章校正、およびスタイルを行うためのスライドをPowerPoint Onlineに伝えることができます。

  1. [校閲] タブで、[スライドのチェック]、[スライドのチェック] の順に選びます。

    ブラウザーウィンドウの右側に [エディター ] ウィンドウが表示されます。スペルチェックまたは文章校正のエラー、または推奨される書き込みの絞り込みは、[エディター ] ウィンドウに一覧表示され、確認と決定を行うことができます。

ファイル全体で校正マーカーを無効にする

ファイルがOneDrive for BusinessまたはSharePoint Onlineに保存されている場合は、校正エラーを示すすべてのマーカーを非表示にすることができます。

  1. リボンの [校閲] タブで、[エディターの設定] ボタンの矢印を選択します。

  2. 表示されたメニューで、[校正エラーを表示しない] を選択します。

このコマンドは、マーカーをオフまたはオンに切り替えます。このプレゼンテーションに校正マーカーを表示する場合は、後でもう一度使用します。

特定の単語またはテキストボックスの校正ツールを無効にする

ファイルがOneDrive for BusinessまたはSharePoint Onlineに保存されている場合は、特定の用語の校正をオフにするか、テキストを含むボックス全体を無効にすることができます。

  1. テキストボックス全体の校正言語を変更する場合は、手順2に進んでください。またはテキストボックスの他に、チェックしない単語を選択します。

  2. 選択した単語またはテキストボックス自体を右クリックし、[校正言語の設定] を選択します。

    ショートカット メニュー

  3. [スペルチェックと文章校正を行わない] を選択します。

    言語設定

校正言語を変更する

ファイル全体の校正言語を変更することはサポートされていません。選択した単語またはテキストボックスに対してのみ校正言語を変更できます。

  1. テキストボックス全体の校正言語を変更する場合、または校正言語を変更する単語を選択する場合は、手順2に進みます。

  2. ボックスまたは選択した単語を右クリックし、[校正言語の設定] を選択します。

  3. [選択された文字列としてマーク] ボックスで、変更する言語を選び、[ OK] をクリックします。

    別の言語に変更する

office Online アプリのボタンとメニューの言語を変更する方法については、「office のメニューで使用する言語を変更する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×