PowerPoint for Mac の埋め込みフォント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint for Office 365 for Macと PowerPoint 2019 for Mac では、プレゼンテーションにフォントを埋め込むことができます。

PowerPoint 2016 for Macは、ファイルに埋め込まれているフォントを正しく表示します。

同じプレゼンテーションが、同一の外観で表示されている PC と Mac

プレゼンテーションファイルにフォントを埋め込む

これはサブスクライバーのみの機能です。 この機能は、 Office 365 サブスクライバーと PowerPoint 2019 for Mac でのみ使用できます。

  1. プレゼンテーションファイルを開きます。

  2. [PowerPoint] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. ダイアログボックスの [出力と共有] で、[保存] を選びます。

  4. [フォントの埋め込み] で、[ファイルにフォントを埋め込む] を選びます。

    PowerPoint の [環境設定] を使用して、ファイルのフォントの埋め込みを有効にする

ファイルを保存すると、使用しているフォントがプレゼンテーションファイルに埋め込まれます。

PC でPowerPointを使用してフォントを埋め込む方法の詳細については、「フォントを埋め込む」を参照してください。

埋め込まれたフォントの要件

タスク、チェックリスト、計画記号

適用対象

埋め込まれたフォントをファイルに保存する

PowerPoint for Office 365バージョン 16.17
PowerPoint 2019 for Mac
Office のバージョン番号を確認する  

埋め込まれているフォントを表示する

PowerPoint 2016 for Macバージョン 16.11
 Office のバージョン番号を確認する

関連項目

一部のフォントをプレゼンテーションと共に保存できない

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×