PowerPoint for Mac のプレゼンテーションを別のファイル形式でエクスポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プレゼンテーションを他のユーザーに送信する場合でも、 PowerPoint for macOSまたはPowerPoint for Windows を持っていない場合は、画像形式や PDF ファイルなど、別の形式でプレゼンテーションをエクスポートして、受信者がスライドを表示できるようにします。

プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートする

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合、最新バージョンの Office をインストールしていることを確認してください

(PowerPoint for Office 365 for Mac バージョン16.19 では、プレゼンテーションをエクスポートするときにオーディオナレーションがビデオに含まれています)。

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューで目的のビデオ形式 (MP4 または MOV) を選択します。

  3. 必要なビデオ品質として、[プレゼンテーション品質]、[インターネット品質]、または [低品質] を選択します。ビデオの品質が高いほど、ファイルのサイズが大きくなります。

  4. 切り替えのタイミングを記録したプレゼンテーションから作成するビデオで、それらのタイミングを使用する場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用する] がオンになっていることを確認します。タイミングを設定していない場合は、各スライドがビデオに表示される時間の長さを設定できます。

  5. すべての選択が終わったら、[エクスポート] を選びます。

注: プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートすると、スライドショーに記録されたナレーション付きオーディオは再生されますが、その他の埋め込みメディアファイルは再生できません。

プレゼンテーションをビデオとして保存した後、他のビデオを共有するのと同じように、ビデオを開いて再生できるアプリケーションまたはデバイスを使って、そのビデオを共有できます。

スライドを画像としてエクスポートする

画像を開くことのできるあらゆるアプリケーションまたはデバイスで受信者がスライドを表示できるように、1 枚または複数のスライドを図として保存できます。アプリケーションまたはデバイスで開くことができる画像形式を選択していることを確認してください。

注: スライドを画像ファイルに変換すると、画面切り替え、アニメーション、ムービー、オーディオがプレゼンテーションから削除されます。

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューで、使用する画像形式を選択します (JPEG や PNG など)。

  3. [すべてのスライドを保存] または [現在のスライドのみ保存] のどちらかを選択します。[] ボックスと [高さ] ボックスにスライドの画像のサイズを入力することもできます。

    すべてのスライドを保存する場合は、プレゼンテーションはスライドごとに 1 つの画像ファイルとして保存されます。

スライドを図として保存した後、画像を開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の画像ファイルと同じように共有できます。

プレゼンテーションを PDF 形式でエクスポートする

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューの [PDF] をクリックします。

スライドを PDF として保存した後、PDF ファイルを開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の PDF ファイルと同じように共有できます。

関連項目

PowerPoint for Mac プレゼンテーションを PDF にエクスポートする

キーノートプレゼンテーションを Microsoft PowerPoint に変換する

必要に応じて、次の操作を行います。

スライドを画像としてエクスポートする

画像を開くことのできるあらゆるアプリケーションまたはデバイスで受信者がスライドを表示できるように、1 枚または複数のスライドを図として保存できます。アプリケーションまたはデバイスで開くことができる画像形式を選択していることを確認してください。

注: スライドを画像ファイルに変換すると、画面切り替え、アニメーション、ムービー、オーディオがプレゼンテーションから削除されます。

  1. [ファイル] メニューの [画像として保存] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ボックスに、変換されたファイルを格納する新しいフォルダー名を入力します。

  3. [書式] ポップアップメニューで、目的の画像形式を選びます。

    たとえば、[ JPEG] をクリックします。

    ヒント: 画像の高さや幅などの追加のオプションを設定したり、すべてのスライドではなく現在のスライドのみを保存したりするには、[オプション] をクリックし、[スライドをグラフィックファイルとして保存] で目的のオプションを選びます。

  4. [保存] をクリックします。

    スライドを図として保存した後、画像を開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の画像ファイルと同じように共有できます。

スライドを iPhoto に送信する

スライドを iPhoto に送信することは、スライドを画像としてエクスポートすることと似ていますが、iTunes に接続されている任意のデバイスやアプリケーションに簡単に画像を転送できるという利点があります。スライドを iPhoto に送信すると、各スライドが図に変換されます。これにより、画面切り替え、アニメーション、またはオーディオが削除され、プレゼンテーションの1つのフレームとしてムービーが表されます。

注: この手順を完了するには、iPhoto 6 以降のバージョンがインストールされている必要があります。

  1. [ファイル] メニューの [共有] をポイントし、[ iPhoto に送る] をクリックします。

  2. [新しいアルバム名] ボックスに、写真のコレクションの名前を入力します。

  3. [書式] ポップアップメニューで、目的の画像形式を選びます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    すべてのスライドを送信する

    [スライド] の [すべて] をクリックします。

    選択したサムネイルまたは並べ替えられたスライドを送信する

    [スライド] で、[選択済み] をクリックします。

  5. スライドを図として保存するには、[ iPhoto に送る] をクリックします。

プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存する

プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存すると、画面切り替え、アニメーション、またはオーディオが削除され、プレゼンテーションの1つのフレームとしてムービーが表されます。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ボックスに、変換されたファイルを格納する新しいフォルダー名を入力します。

  3. [書式] ポップアップ メニューで [PDF] をクリックします。

  4. [保存] をクリックします。

関連項目

プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存する

Office for Mac でファイルを保存する

キーノートプレゼンテーションを Microsoft PowerPoint に変換する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×