PowerPoint for Mac でフォントとカーニング (文字間隔) を変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[フォント] ダイアログボックスでは、フォントと文字間隔をカスタマイズしたり、変更したりすることができます。

文字間隔

PowerPoint for Macには、個々の文字と数字の間の水平方向の間隔に関連する2つのオプションがあります。

  • 手動で間隔を広くするか、狭くする    間隔設定は、選択したテキストのすべての文字に等しく適用されます。たとえば、各文字の後ろに 0.5 ポイントの間隔を追加したり ("間隔を広くする")、削除したり ("間隔を狭くする") できます。

  • 自動カーニング    特定の文字の組み合わせが並んでいるとき、カーニングは文字間隔を調整し、見た目を良くします。たとえば、A と V という大文字が連続しているとき、カーニングはこの 2 つの文字の間隔を狭くします。V の上の部分の下に空間があり、そこに A の下の部分を移動させることができるためです。一方で、A と M という大文字が連続しているとき、カーニングは適用されません。M の下の部分には V のような空間がないためです。

    カーニングが適用された文字 (上) と適用されない文字の比較
    カーニングが適用された文字 (上) と適用されない文字

    テキストを入力すると、該当箇所で、PowerPoint によりカーニングがテキストに自動適用されます。

    フォントが大きくなると、カーニングの効果が顕著になります。そのため、PowerPoint では、("ポイント以上の文字" 設定で) カーニングを適用するテキストのサイズを決定できます。

フォント オプション

ダイアログボックスの [フォント] タブで、[スタイル]、[サイズ]、[色]、[下線]、[取り消し線] や [すべて大文字] などの効果を選択するためのいくつかのオプションが用意されています。その他のオプションには、次のようなものがあります。

上付き    選択したテキストをベースラインより上に上げ、小さいサイズが利用できる場合、選択したテキストを小さいフォント サイズに変更します。フォント サイズを変更せずに、選択したテキストを上に上げる場合、[オフセット] ボックスにより大きなパーセンテージを入力します。

下付き    選択したテキストをベースラインより下に下げ、小さいサイズが利用できる場合、選択したテキストを小さいフォント サイズに変更します。フォント サイズを変更せずに、選択したテキストを下に下げる場合、[オフセット] ボックスにより小さなパーセンテージを入力します。

文字の高さを揃える    必要に応じてテキスト効果を変更し、選択したテキストの文字の高さを揃えます。

[文字の高さを揃える] オプションが適用されたテキスト
文字の高さを揃える

[文字のフォント] ボックスの一覧で、最初の2つの項目は+ 見出し+ Bodyです。これらの汎用名は、プレゼンテーションのテーマフォントを表します。現在のプレゼンテーションに対して選択されているテーマのフォントは、次のいずれかのオプションを選択したときに使用されるフォントです。 ([デザイン] タブをクリックすると、ギャラリーで使用できるテーマのサムネイル画像が表示されます。詳細については、「 PowerPoint for Mac でテーマを使用する」を参照してください。)

関連項目

PowerPoint for Mac でフォントを埋め込むことはできますか?

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×