PowerPoint 2016 の記録機能の管理設定

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

管理者が設定される設定がPowerPoint 2016で記録機能に関連する次の 3 つのグループ ポリシーがあります。

管理者が実行できます。

  • レコーディング] タブの [グループ ポリシーを使用してすべてのユーザーの管理者が有効にします。

  • 管理者が設定できるオーディオまたはビデオ記録は既定でオフにするには

  • 管理者が (テスト アプリを含む) Office 用アプリを有効にすることができます。

グループ ポリシー ファイルを移動する場所

グループ ポリシーの管理用テンプレート ファイルは、 「Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

[レコーディング] タブを有効にします。

[レコーディング] タブが既定で表示する場合は、「[レコーディングのリボン タブの [有効にする」のグループ ポリシー設定が有効にできます。[ユーザーの Interface\Predefined でユーザー \ Templates\Microsoft PowerPoint 2016\Disable アイテム] では、このポリシー設定が表示されます。

マイクの既定の記録をオフにします。

「マイクのスライド ショーを記録する場合は、既定で記録をオフにする」のグループ ポリシー設定を有効にすることができます。ユーザー \ Templates\Microsoft PowerPoint 2016では、このポリシー設定を見つけることができます。

カメラが既定で記録をオフにします。

「カメラでスライド ショーを記録する場合は、既定で記録をオフにする」のグループ ポリシー設定を有効にすることができます。ユーザー \ Templates\Microsoft PowerPoint 2016では、このポリシー設定を見つけることができます。

Office 用アプリを管理します。

管理して、グループ ポリシー設定を使用して (クイズ、投票) などの"Office 用アプリ] の設定を適用することができます。記事では、 Office 用アプリの概要については、「グループ ポリシーを使ったユーザーがをインストールすると、Office 用アプリの使用方法を管理する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×