PowerPoint 2016 でユーザー設定​アクション "プログラムの実行" が無効になっている

問題

[オブジェクトの動作設定] の種類が [プログラムの実行] の PowerPoint スライド ショーでオブジェクトをクリックしたときに、以前は動作したにもかかわらず何も起こりません。

この問題は、ユーザーを保護するために [オブジェクトの動作設定] の [プログラムの実行] をブロックする新しいセキュリティ ポリシーが適用された PowerPoint のビルドに更新した場合に発生する可能性があります。使用する更新プログラム チャネルに応じて、新しいセキュリティ ポリシーは月次チャネルのバージョン 1708 (ビルド 8431.XXXX) および半期チャネルまたは半期 (対象指定) チャネルのバージョン 1802 (ビルド 9029.XXXX) より大きい番号のビルドに含まれます。

解決方法

[オブジェクトの動作設定] の [プログラムの実行] を以前のように動作させる必要がある場合は、次のようにレジストリを変更して、もう一度有効にすることができます。

重要: このセクションの手順は、慎重に操作してください。 レジストリを正しく変更しないと、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する前に、問題が発生した場合に備えて、復元できるようにレジストリをバックアップしてください。

  1. Microsoft Office アプリケーションをすべて終了します。

  2. 次のようにレジストリ エディターを起動します。

    • Windows 10 の場合は、[スタート] に移動し、検索ボックスに「regedit」と入力してから、検索結果で regedit.exe を選びます。

    • Windows 8 または Windows 8.1 の場合は、マウスを右上隅まで移動して、[検索] を選び、検索テキスト ボックスに「regedit」と入力してから、検索結果で regedit.exe を選びます。

    • Windows 7 の場合は、[スタート] を選び、[検索開始] ボックスに「regedit」と入力してから、検索結果で regedit.exe を選びます。

  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてから、それを選びます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\PowerPoint\Security

  4. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] を選びます。

  5. RunPrograms」と入力してから Enter キーを押します。

  6. [詳細] ウィンドウで、[RunPrograms] を長押し (または右クリック) して、[変更] を選びます。

  7. [値データ] ボックスに、「1」と入力してから [OK] を選びます。

    • 0 は、[オブジェクトの動作設定] の [プログラムの実行] が無効であることを意味します。これは新しい既定値です。

    • 1 は、[オブジェクトの動作設定] の [プログラムの実行] が有効であることを意味します。ただし、プログラムが実行される前に、セキュリティの警告ダイアログが表示されます。これは以前の既定値です。

    • 2 は、[オブジェクトの動作設定] の [プログラムの実行] が有効であり、セキュリティの警告ダイアログが表示されないことを意味します。これはお勧めできません。

  8. レジストリ エディターを終了します。

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の PowerPoint のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

PowerPoint 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および PowerPoint ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の PowerPoint フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。ご意見をお聞かせください。ご意見をお待ちしています。

PowerPoint UserVoice

関連項目

最近の PowerPoint for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×