スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPoint 自動ファイルが削除されない

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

以前のバージョンのPowerPoint for macOSでは、自動ファイル ( PowerPointが予期せず終了したときに作成される) は、ファイルパスに Unicode (国際) 文字が含まれている場合に適切に削除されないことがあります。

この問題は、 PowerPoint for macOSバージョン16.19.181109 以降で修正されています。powerpoint にアクセスしてバージョン番号を確認するには、 powerpoint についてのページを参照してください。(「使用している Office のバージョン」も参照)PowerPointのバージョンがこのバージョンよりも古い場合は、[サポート]、[更新プログラムの確認] の順に行って更新してください。

更新したら、 Finderを開いて次のフォルダーに移動することで、自動フォルダー内のファイルを手動でクリーンアップする必要があります。

/application supportユーザー名/Library/Containers/com.microsoft.PowerPoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

(フォルダーのユーザー名は、リテラルフォルダーの名前ではありません。ユーザー名がコンピューター上にあるものと置き換える必要があります)。

保存する必要があるそのフォルダー内のファイルをすべて確認し、保持しなくなったファイルを移動または削除してください。それらをそのディレクトリから削除しないと、次回PowerPointが開かれたときに自動的に開くようになります。

PowerPoint for macOS バージョン16.19.181109 以降で作成された新しい自動ファイルには、この問題はなくなり、自動ファイルを開いたままPowerPointを閉じると、削除されます。

関連項目

Office for Mac でファイルを復元する

使用している Office のバージョンを確認する方法

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×