スキップしてメイン コンテンツへ
PowerPoint プレゼンテーション作成のための基本的な作業

PowerPoint プレゼンテーション作成のための基本的な作業

PowerPoint プレゼンテーションはスライドショーと同じように動作します。 メッセージや話を伝えるために、複数のスライドに分解します。 各スライドは、写真の空白のカンバスとして、またストーリーを伝えるのに役立ちます。

テーマを選ぶ

PowerPoint を起動すると、組み込みのテーマとテンプレートがいくつか表示されます。 テーマを使うと、あらかじめ統一された色、フォント、特殊効果 (影や反射など) のスライド デザインが適用されます。

  1. リボンの [ファイル] タブで、[新規]、[テーマ] の順に選択します。

    [PowerPoint には、テーマのプレビューが表示され、右側から選択できる4色のバリエーションが表示されます。

  2. [作成] をクリックするか、色バリエーションを選んでから [作成] をクリックします。

    PowerPoint で [テーマ] ダイアログから [新しいプレゼンテーションの作成] を表示する

詳細: PowerPoint でテーマを使用または作成する

スライドを新たに挿入する

  • [ホーム] タブで、[新しいスライド] の下半分をクリックし、スライドレイアウトを選びます。

    PowerPoint のリボンの [ホーム] タブに [新しいスライド] ボタンを表示する

詳細: スライドの追加、配置変更、および削除を行う

プレゼンテーションを保存する

  1. [ファイル] タブで [保存] を選びます。

  2. フォルダーを選ぶか参照します。

  3. [ファイル名] ボックスにプレゼンテーションの名前を入力し、[保存] を選びます。

注: ある一定のフォルダーによくファイルを保存する場合は、(次に示すように) このフォルダーをいつでも利用できるように、パスを「ピンで留める」ことができます。

PowerPoint プレゼンテーションを保存する

ヒント: 作業しながら保存します。 Ctrl キーを押しながら Sキーを押します。

詳細:プレゼンテーションファイルを保存する

テキストを追加する

テキスト プレースホルダーを選んで、入力を開始します。

PowerPoint でテキスト フィールドにテキストの追加を表示する

テキストの書式を設定する

  1. テキストを選びます。

  2. [描画ツール] で [書式] を選びます。

    PowerPoint でリボンに [描画ツール] タブを表示する

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキストの色を変更するには、[文字の塗りつぶし] を選んで、目的の色を選びます。

    • テキストの輪郭の色を変更するには、[文字の輪郭] を選んで、目的の色を選びます。

    • 影、反射、光彩、面取り、3-D 回転、変形を適用するには、[文字の効果] を選んで、使う効果を選びます。

詳細:

画像を追加する

[挿入] タブで、次のいずれかの操作を行います。

  • ローカル ドライブまたは内部サーバーに保存された画像を挿入するには、[画像] を選んで、その画像を参照し、[挿入] を選びます。

  • Web から画像を挿入するには、[オンライン画像] を選択し、検索ボックスを使って画像を探します。

    PowerPoint の [図の挿入] ダイアログ ボックス

    画像を選んで、[挿入] をクリックします。

図形を追加する

図形を追加して、スライドを示すことができます。 

  1. [挿入] タブで [図形] を選択し、表示されるメニューから図形を選択します。

  2. スライド領域で、をクリックしてドラッグし、図形を描画します。

  3. リボンの [書式] タブまたは [図形の書式設定] タブを選択します。 [図形のスタイル] ギャラリーを開き、選択した図形に色とスタイル (網かけを含む) をすばやく追加します。

    [図形の​​スタイル] グループ

発表者のノートを追加する

あまりに多くの情報を詰め込まない方がよいスライドになります。 役に立つ事実やノートをスピーカー ノートに置き、プレゼンテーションのときに参照します。

  1. ウィンドウの下のノート ウィンドウを開くには、[ノート PowerPoint の [ノート] ボタン ] をクリックします。

  2. スライドの下の [ノート] ウィンドウ内をクリックして、ノートの入力を開始します。

    PowerPoint の発表者のノート ペイン

詳細:

プレゼンテーションを行う

[スライド ショー] タブで、次のいずれかの操作を行います。

スライド ショー ビューを終了する

キーボードの Esc キーを押せばいつでもスライド ショー ビューを終了できます。

テーマを選ぶ

新しいプレゼンテーションを PowerPoint で開始すると、テーマまたはテンプレートを選ぶことができます。 テーマを使うと、あらかじめ統一された色、フォント、特殊効果 (影や反射など) のスライド デザインが適用されます。

  1. [ファイル] タブで、[新規] を選び、[使用できるテンプレートとテーマ] で [テーマ] を選びます。

    各テーマをクリックすると、右側にプレビューが PowerPoint 表示されます。

  2. 目的のものが見つかったら、[作成] をクリックします。

    テーマのプレビューを表示する

詳細: PowerPoint でテーマを使用または作成する

スライドを新たに挿入する

  • [ホーム] タブで、[新しいスライド] の下半分をクリックし、スライドレイアウトを選びます。

    PowerPoint のリボンの [ホーム] タブに [新しいスライド] ボタンを表示する

詳細: スライドの追加、配置変更、および削除を行う

プレゼンテーションを保存する

  1. [ファイル] タブで [保存] を選びます。

  2. [ファイル名] ボックスにプレゼンテーションの名前を入力し、[保存] を選びます。

ヒント: 作業しながら保存します。 Ctrl キーを押しながら Sキーを押します。

詳細:プレゼンテーションファイルを保存する

テキストを追加する

テキスト プレースホルダーを選んで、入力を開始します。

PowerPoint でテキスト フィールドにテキストの追加を表示する

テキストの書式を設定する

  1. テキストを選びます。

  2. [描画ツール] で [書式] を選びます。

    PowerPoint でリボンに [描画ツール] タブを表示する

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキストの色を変更するには、[文字の塗りつぶし] を選んで、目的の色を選びます。

    • テキストの輪郭の色を変更するには、[文字の輪郭] を選んで、目的の色を選びます。

    • 影、反射、光彩、面取り、3-D 回転、変形を適用するには、[文字の効果] を選んで、使う効果を選びます。

詳細:

画像を追加する

  1. [挿入] タブで、[画像] を選択します。

  2. 目的の画像を参照し、[挿入] を選択します。

図形を追加する

図形を追加して、スライドを示すことができます。 

  1. [挿入] タブで [図形] を選択し、表示されるメニューから図形を選択します。

  2. スライド領域で、をクリックしてドラッグし、図形を描画します。

  3. リボンの [描画ツール] の [書式] タブを選択します。 [図形のスタイル] ギャラリーを開き、選択した図形に色とスタイル (網かけを含む) をすばやく追加します。

    [図形の​​スタイル] グループ

発表者のノートを追加する

あまりに多くの情報を詰め込まない方がよいスライドになります。 役に立つ事実やノートをスピーカー ノートに置き、プレゼンテーションのときに参照します。 標準表示モードのノートペインは、[スライド表示] ウィンドウのすぐ下にあります。

  1. [表示] タブの [プレゼンテーションの表示] グループで [標準] をクリックします。

  2. スライドの下の [ノート] ウィンドウ内をクリックして、ノートの入力を開始します。

    スライドウィンドウの下に [ノート] ウィンドウを表示する

プレゼンテーションを行う

[スライド ショー] タブで、次のいずれかの操作を行います。

  • 最初のスライドでプレゼンテーションを開始するには、[スライド ショーの開始] グループで [最初から] をクリックします。

    PowerPoint のリボンの [スライド ショー] タブを表示する

  • 現在のスライドが最初のスライドではなく、このスライドから開始したい場合は、[現在のスライドから] をクリックします。

  • 自分がいないユーザーに表示する必要がある場合は、[ブロードキャストスライドショー ] をクリックして、web 上でプレゼンテーションを設定します。 詳細については、「リモートの参加者に PowerPoint プレゼンテーションをブロードキャストする」を参照してください。

スライド ショー ビューを終了する

キーボードの Esc キーを押せばいつでもスライド ショー ビューを終了できます。

テーマを選ぶ

新しいプレゼンテーションを PowerPoint で開始すると、テーマまたはテンプレートを選ぶことができます。 テーマを使うと、あらかじめ統一された色、フォント、特殊効果 (影や反射など) のスライド デザインが適用されます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[新規] をクリックします。

  2. [テンプレート] で、[インストールされているテーマ] をクリックします。

    各テーマをクリックすると、右側にプレビューが PowerPoint 表示されます。

  3. 目的のものが見つかったら、ウィンドウの下部にある [作成] をクリックします。

詳細: PowerPoint でテーマを使用または作成する

スライドを新たに挿入する

  • [ホーム] タブで、[新しいスライド] の下半分をクリックし、スライドレイアウトを選びます。

    PowerPoint のリボンの [ホーム] タブに [新しいスライド] ボタンを表示する

詳細: スライドの追加、配置変更、および削除を行う

プレゼンテーションを保存する

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 、[保存] の順にクリックします。

  2. [ファイル名] ボックスにプレゼンテーションの名前を入力し、[保存] を選びます。

ヒント: 作業しながら保存します。 Ctrl キーを押しながら Sキーを押します。

テキストを追加する

テキスト プレースホルダーを選んで、入力を開始します。

PowerPoint でテキスト フィールドにテキストの追加を表示する

テキストの書式を設定する

  1. テキストを選びます。

  2. [描画ツール] で [書式] を選びます。

    PowerPoint でリボンに [描画ツール] タブを表示する

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキストの色を変更するには、[文字の塗りつぶし] を選んで、目的の色を選びます。

    • テキストの輪郭の色を変更するには、[文字の輪郭] を選んで、目的の色を選びます。

    • 影、反射、光彩、面取り、3-D 回転、変形を適用するには、[文字の効果] を選んで、使う効果を選びます。

詳細:

画像を追加する

  1. [挿入] タブで、[画像] を選択します。

  2. 目的の画像を参照し、[挿入] を選択します。

発表者のノートを追加する

あまりに多くの情報を詰め込まない方がよいスライドになります。 役に立つ事実やノートをスピーカー ノートに置き、プレゼンテーションのときに参照します。 標準表示モードのノートペインは、[スライド表示] ウィンドウのすぐ下にあります。

  1. [表示] タブの [プレゼンテーションの表示] グループで [標準] をクリックします。

  2. スライドの下の [ノート] ウィンドウ内をクリックして、ノートの入力を開始します。

    スライドウィンドウの下に [ノート] ウィンドウを表示する

プレゼンテーションを行う

[スライド ショー] タブで、次のいずれかの操作を行います。

  • 最初のスライドでプレゼンテーションを開始するには、[スライド ショーの開始] グループで [最初から] をクリックします。

  • 現在のスライドが最初のスライドではなく、このスライドから開始したい場合は、[現在のスライドから] をクリックします。

スライド ショー ビューを終了する

キーボードの Esc キーを押せばいつでもスライド ショー ビューを終了できます。

効果的なプレゼンテーションを作成するためのヒント

参加者に関心を持たせるには、次のヒントを検討してください。

スライドの数を最小限に抑える

メッセージを明確にし、見ている人の注意と関心をつなぎ止めておくには、プレゼンテーションのスライドの数を最小限に保ちます。

対象者に合ったフォント サイズを選ぶ

対象ユーザーは、スライドを遠くから読むことができる必要があります。 一般に、30 より小さいフォント サイズでは、見るのが困難になる可能性があります。

スライドのテキストを簡潔にする

対象者が画面を読むのではなく発表者の提供する情報を聞くようにする必要があります。 箇条書きまたは短い文を使って、各項目を1行に保持します。

プロジェクターによってはスライドが端でトリミングされることがあり、長い文は切れてしまう可能性があります。

視覚効果を使ってメッセージの表現を補助する

図、グラフ、グラフ、 SmartArt グラフィックを使用すると、ユーザーが覚えておくことができます。 スライドのテキストやメッセージングを補完する意味のあるアートを追加します。

ただし、テキストと同様には、スライド上の視覚的な補助が多くなりすぎないようにします。

チャートやグラフのラベルをわかりやすくする

グラフまたはグラフ理解のラベル要素を作成するには、十分なテキストのみを使用します。

控えめな一貫性のあるスライド背景を適用する

目を引くことがない、魅力的で一貫した テンプレート または テーマ を選択します。 背景やデザインによって、メッセージの作成が不要になります。

ただし、背景の色とテキストの色の間にはコントラストも必要です。 PowerPoint に組み込まれているテーマを使用すると、薄い背景と暗い色のテキスト、または薄い色のテキストでコントラストを設定することができます。

テーマの使用方法の詳細については、「テーマを適用してプレゼンテーションに色とスタイルを追加する」を参照してください。

スペルと文法をチェックする

対象ユーザーに対して、常にスペルチェックと文章校正を行うことができます。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×