PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する

PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPoint 2013 または PowerPoint 2016 のプレゼンテーションを Microsoft OneDrive に保存すると、クラウドでのファイルのアクセス、保存、共有を簡単に行えるようになります。

重要: Windows RT PC の Office では、この機能は、OneDrive とローカル ドライブ間の同期をサポートしていません。ただし、[ファイル] タブをクリックしてから、[開く] と [保存] タブをクリックすると、プレゼンテーションを開いて OneDrive に保存することができます。

  1. 無料OneDriveのアカウントを設定するには、Microsoft アカウントが必要です。Microsoft アカウントにサインアップするを参照してください。

    注: OneDrive アカウントを既にお持ちの場合は、手順 2 に進んでください。

  2. Microsoft アカウントで OneDrive にサインインします。

    注: これまでにクラウドに保存したことがない場合は、PowerPoint で、まず OneDrive などのクラウド サービスを場所の一覧に追加します。 PowerPoint で OneDrive を場所として既に追加している場合は、手順 5 に進んでください。

  3. PowerPoint で、[ファイル]、[名前を付けて保存]、[場所の追加] の順にクリックします。

    OneDrive を場所として追加する

  4. [場所の追加] の下の [OneDrive] をクリックします。

  5. PowerPoint で、OneDrive に保存するプレゼンテーションを開きます。

  6. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  7. [名前を付けて保存] の [<あなたの名前>の OneDrive] をクリックします。

  8. [最新のフォルダー] のリストから選ぶか、[参照] をクリックして OneDrive 上でフォルダーを探し、[開く] をクリックします。

    自分の OneDrive に保存する

詳細
も保存し、クラウドでのファイルを共有できますが Office 365 の SharePoint のアカウントに登録しています。詳細については、 Microsoft Office 365のホーム ページを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×