PowerPoint プレゼンテーションの音声ナレーションを録音する

PowerPoint内でプレゼンテーションのナレーションを録音することができます。

サウンドを録音して再生するには、コンピューターにサウンドカード、マイク、およびスピーカーが必要です。 記録するときは、音声認識などの他の録音アプリケーションを実行しないでください。

音声を録音してスライドに追加する

  1. [挿入]、[オーディオ] の順に選択します。

  2. [オーディオの録音] を選択します。

  3. オーディオセグメントの名前を入力し、[録音 [レコード] ボタン を選択して、読み上げを開始します。

    注: オーディオを録音するには、デバイスにマイクが必要です。

  4. レコーディングを確認するには、[ [停止] ボタン停止] を選択し、[ [再生] ボタン再生] を選択します。

  5. クリップを録音し直すには [録音] を選択します。問題がなければ [OK] を選択します。

  6. クリップを移動するには、オーディオ アイコンを選択し、スライド上の目的の位置にドラッグします。

    1 つのスライドに複数のオーディオ ファイルを使用している場合は、スライド上のオーディオ ファイルと同じ場所にオーディオ アイコンを置くことをお勧めします。

  7. [再生] を選択します。

再生オプションを設定する

オーディオ アイコンを選択し、オーディオ ツールの [再生] タブを選択します。 使用するオプションを選択します。

  • オーディオをトリミングするには、[オーディオのトリミング] を選択し、赤と緑のスライダーを使用してオーディオ ファイルを適切な長さにトリミングします。

  • オーディオをフェードインまたはフェードアウトするには、[フェードの継続時間] の各ボックスの数値を変更します。

  • 音量を調整するには、[音量] を選択し、希望する設定を選択します。

  • オーディオファイルの開始方法を選択するには、[開始] ドロップダウン矢印を選択し、オプションを選択します。

    オプション

    説明

    一連のクリック動作

    クリックすると、自動的にオーディオファイルが再生されます。

    (このオプションは PowerPoint for Office 365 と PowerPoint 2019で使用できます。 また、 PowerPoint 2016 バージョン1709以降でも利用できます。)

    一連のクリック動作

    オーディオファイルがオンになっているスライドに移動すると、自動的に再生されます。

    クリック時

    アイコンをクリックしたときにのみオーディオを再生します。

  • プレゼンテーションでオーディオを再生する方法を選択するには、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [スライド切り替え後も再生]: すべてのスライドで 1 つのオーディオ ファイルが再生されます。

    • [停止するまで繰り返す]:再生/一時停止ボタンをクリックして手動で停止するまで、オーディオファイルを繰り返し再生します。

  • すべてのスライドで継続してオーディオがバックグラウンドで再生されるようにするには、[バックグラウンド再生] を選択します。

音声を録音してスライドに追加する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、サウンドを追加するスライドをクリックします。

  2. [挿入] メニューの [オーディオ] をポイントし、[オーディオの​​録音] を選びます。

    [サウンドの録音] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. 記録を開始するには、[レコード [記録] ボタン ] をクリックします。

  4. 完了したら、[ [停止] ボタン停止] をクリックします。

  5. 記録したサウンドを聞くには、[ 録音したサウンドを再生するボタン再生] をクリックします。

  6. [名前] ボックスにサウンドの名前を入力し、[挿入] をクリックします。

オーディオアイコンがスライドに表示されます。

再生オプションを設定する

  1. スライドで、オーディオ クリップ アイコン オーディオ アイコンは、PowerPoint 2016 for Mac のスライドにオーディオ クリップがあることを示す を選びます。

  2. PowerPoint リボンの [再生] タブで、必要に応じて次の手順を実行します。

    • オーディオ クリップの再生を開始するタイミングを決定します。[開始] の一覧で、[自動] または [クリック時] を選びます。

    • 一度だけ再生するのではなく、停止するまでオーディオクリップを連続再生するには、[停止するまで繰り返す] を選択します。 (このオプションを単独で使うということは、サウンドが存在するスライドが表示されている間は再生を繰り返し続けることを意味します。 [停止するまで繰り返す] を [スライド切り替え後も再生] と一緒に使うと、プレゼンテーション全体を通してサウンドの再生が繰り返されます)。

    • プレゼンテーションのスライドをクリックで移動するときにオーディオ クリップを再生するには、[スライド切り替え後も再生] を選びます。

    • スライド ショーの間にオーディオ アイコンが表示されないようにする場合は、[スライド ショーを実行中に​​サウンドのアイコンを隠す] を選びます。

オーディオをプレビューする

  • スライドで、オーディオ アイコンを選択し、オーディオ アイコンの下にある [再生/一時停止] ボタンをクリックします。

    PowerPoint for Mac 2011 のオーディオ アイコンと再生コントロール

オーディオ アイコンを非表示にする

  1. オーディオ クリップ アイコンをクリックします。 オーディオ アイコンは、PowerPoint 2016 for Mac のスライドにオーディオ クリップがあることを示す

  2. PowerPoint リボンの [再生] タブで、[スライド ショーを実行中に​​サウンドのアイコンを隠す] チェック ボックスをオンにします。

    重要: このオプションは、オーディオ クリップを自動再生するように設定している場合にのみ使います。 スライドの外にドラッグしない限り、オーディオ アイコンは常に表示されることにご注意ください。

音声を録音してスライドに追加する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、サウンドを追加するスライドをクリックします。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーション ウィンドウの上部で、[スライド] [スライド] タブ タブをクリックして、スライドをクリックします。  ナビゲーション ウィンドウの幅に応じて、[ [スライド] のラベルが付いたタブ ] および [ [アウトライン] のラベルが付いたタブ ] の名前付きタブ、または[スライド] [スライド] タブ および [アウトライン] [アウトライン] タブ アイコン タブが表示されます。

  2. [ホーム] タブの [挿入] で [メディア] をクリックし、[オーディオの​​録音] をクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ
  3. 記録を開始するには、[レコード [記録] ボタン ] をクリックします。

  4. 完了したら、[ [停止] ボタン停止] をクリックします。

  5. 記録したサウンドを聞くには、[ 録音したサウンドを再生するボタン再生] をクリックします。

  6. [名前] ボックスにサウンドの名前を入力し、[保存] をクリックします。

    オーディオアイコンがスライドに表示さ スライドのオーディオ アイコン ます。

再生オプションを設定する

  1. スライドで、オーディオ クリップ アイコン スライドのオーディオ アイコン を選びます。

  2. PowerPoint リボンの [オーディオの書式設定] タブで、3 つの [開始] オプションのいずれかを選びます。

    • 自動: プレゼンテーションの実行中に、スライドが表示されているときにすぐに音声が再生されます。 (この設定は再生オプションとペアリングすることができます。プレゼンテーションのビューアーにオーディオアイコンが表示されないようにします)。

    • [クリック時]:プレゼンテーションの間、オーディオ アイコンがクリックされたらオーディオを開始します。

    • スライド切り替え後も再生: 既定では、スライドに保存されているオーディオは、次のスライドに切り替えると停止します。この設定では、オーディオを再生し続けることができます。 (この設定は、必要に応じて、停止するまで再生オプションとペアリングできます。

    • スライド ショーの間にオーディオ アイコンが表示されないようにする場合は、[スライド ショーを実行中に​​サウンドのアイコンを隠す] を選びます。

  3. PowerPoint リボンの [オーディオの書式設定] タブで、[再生オプション] を 1 つ以上選びます。

    • 一度だけ再生するのではなく、停止するまでオーディオクリップを連続再生するには、[停止するまで繰り返す] を選択します。 (このオプションを単独で使うということは、サウンドが存在するスライドが表示されている間は再生を繰り返し続けることを意味します。 [停止するまで繰り返す] を [スライド切り替え後も再生] と一緒に使うと、プレゼンテーション全体を通してサウンドの再生が繰り返されます)。

    • プレゼンテーションのスライドをクリックで移動するときにオーディオ クリップを再生するには、[スライド切り替え後も再生] を選びます。

    • [再生が終了したら巻き戻す]

オーディオをプレビューする

  • スライドで、オーディオ アイコンを選択し、オーディオ アイコンの下にある [再生/一時停止] ボタンをクリックします。

    オーディオ クリップを再生する

オーディオ アイコンを非表示にする

  1. オーディオ クリップ アイコンをクリックします。 スライドのオーディオ アイコン

  2. PowerPoint リボンの [オーディオの書式設定] タブで、[再生オプション] の一覧を開き、[スライドショーを実行中にアイコンを非表示にする] チェックボックスをオンにします。

    重要: このオプションは、オーディオ クリップを自動再生するように設定している場合にのみ使います。 スライドの外にドラッグしない限り、オーディオ アイコンは常に表示されることにご注意ください。

Web 用 PowerPoint でサポートされていないスライドにオーディオを追加します。

この機能を Web 用 PowerPoint に追加する必要がある場合は、ご意見ボックスにアクセスして投票してください

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

スライド ショーを記録する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×