PowerPoint プレゼンテーションで共同作業を行う

PowerPoint プレゼンテーションで共同作業を行う

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プレゼンテーションを OneDrive または SharePoint Online for Office 365 に保存すると、そのプレゼンテーション上で同僚と同時に共同作業することができます。

同時にプレゼンテーションの作業をするためにすべての作成者はPowerPoint 2013または (Windows)、後でPowerPoint 2016 for Macを使用する必要がある以降、またはPowerPoint Onlineします。

プレゼンテーションを他のユーザーと共有して同時に共同作業する

  1. PowerPoint プレゼンテーションを開き、共同作業する準備ができたら、リボンの右上隅にある [共有] を選びます。

    共有
  2. [ユーザーを招待] の下に、プレゼンテーションを共有するユーザーのメール アドレスを入力します。 既にユーザーの連絡先情報が保存されている場合は、名前を入力するだけです。 ドロップダウン リストを使用して、招待者がファイルを編集できるか、ファイルの表示のみが可能かを指定できます。

    PowerPoint の [共有] ウィンドウ ダイアログ
  3. [共有] をクリックします。 ファイルが既にクラウドに保存されている場合、招待メールは招待者に送信されます。 PowerPoint でプレゼンテーションを OneDrive または SharePoint Online for Office 365 に保存していない場合、この段階で保存を求めるメッセージが表示されます。 保存すると、招待メールが送信されます。

    プレゼンテーションを OneDrive または SharePoint に保存していない場合は、保存するように求められます。

共有プレゼンテーションで他のユーザーが作業している場所を表示する

  1. プレゼンテーションを開き、作業を開始します。

    他のユーザーがプレゼンテーションで表示または編集している場合は、リボンの右上隅にユーザーのサムネイル画像が表示されます。 PowerPoint では、他のユーザーがあなたのプレゼンテーションを表示または終了すると、通知が行われます。

    ユーザーとチャット
  2. [共有] ウィンドウには、プレゼンテーションを表示または編集しているユーザーの名前が表示されます。 プレゼンテーション内で作業中のユーザーと作業場所を示すインジケーターは、作業中のスライドのサムネイルと、作業中のスライド上に表示されます。 そのインジケーターにマウスを移動するか選択すると、編集者を確認できます。

    PowerPoint 2016 のスライドで他のユーザーが共同作業を行っていることを示すアイコンを示す

    (アクセシビリティのために、PowerPoint では、編集者名の自動表示を有効にすることもできます。 有効にするには、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定]、[表示]、[選択したアイテムにプレゼンス フラグを表示] の順に選びます)。

    Windows 版 PowerPoint 2016 のスライドのセクションで作業している他のユーザーを表示するアイコンを示す
  3. 作業が終わったら、ファイルを保存します。

    それまでに他の編集者が変更を加えている場合は、保存時に次のメッセージが表示されます。

    PowerPoint の変更を同期したというメッセージ

    自分と他の編集者の更新内容が競合しなければ、変更箇所は自動的に統合され、それ以上操作は必要ありません。

変更されたファイルを開くと表示される通知

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

PowerPoint for Office 365 では、他のユーザーが共有のプレゼンテーション ファイルを変更した後に、そのファイルを再度開くと、通知が表示されます。 小さなバナーに、自分が他のことを行っている間にプレゼンテーションへの変更を行ったユーザーが示されます。

PowerPoint for Office 365 では、他のことを行っている間に共有ファイルへの変更を行ったユーザーを表示できます。

変更履歴: 他のユーザーによる変更箇所の強調表示

PowerPoint for Office 365 では、オンライン ドキュメントに加えられた変更は自動的に追跡されます。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 変更されたプレゼンテーション (または他のユーザーが現在編集しているファイル) を開き直すと、サムネイル ウィンドウで変更されたスライドが水色で強調表示されます。 ヒントと表示される、"スライドが未読に変更します"。

    PowerPoint のサムネイル ウィンドウで強調表示される変更履歴
  2. サムネイルを選んでフルサイズでスライドを表示します。 スライドの変更された部分が水色で表示されます。 併記される表記で、変更したユーザーと時刻がわかります。

    (変更されたスライドが強調表示されても、加えられた変更の種類が個々のスライドに表示されない場合もあります。 たとえば、ノート ウィンドウの変更、図形の削除、コメントの追加、アニメーションの変更などです)。

    変更者と変更時間に関する表記が強調表示された変更履歴

変更が強調表示されるかどうかを決めるもの:

  • この機能は、OneDrive と SharePoint に格納されている共有ドキュメントで動作します。

  • PowerPoint Online、またはPowerPoint for Office 365に変更している人を使用している場合にのみ変更が強調表示された、少なくともバージョンの毎月のチャンネルまたは半年チャネルのバージョン 1803 1707 します。 使用している Office のバージョンを確認する方法

  • セキュリティ センターのプライバシー オプションでドキュメントの変更履歴データが無効な場合、変更は強調表示されません。

    プライバシー オプション[ユーザーの名前 (およびと自分を最後にした編集オブジェクト時間) になっている場合は、この変更履歴の強調表示機能をサポートするプレゼンテーションに保存されます。 必要に応じて、その情報を削除するのにはドキュメント検査を使用します。 ([ドキュメント検査を使用してガイダンスについては、「非表示のデータとドキュメント プレゼンテーション、またはブックを検査して個人情報を削除するを参照してください)。

    プライバシー オプションが有効な場合、この変更履歴強調表示機能は無効になります。つまり、個人データ (前述のユーザー名と時刻) は保存されません。

    変更履歴を強調表示できるようにするため、個々のスライドの既読/未読の状態に関するデータは、PowerPoint によって個別に格納されます。 そのデータが格納される場所は、使用している PowerPoint のバージョンとチャネルによって異なります。 Microsoft では、ユーザー設定を保存するように設計されたオンラインの Microsoft サービスにユーザー設定を格納するように移行中ですが、この移行はまだ完了していません。

    次の表に、PowerPointの関連するバージョンごとに、ファイルを開いている各ユーザーに関する既読/未読の状態データが保存される場所の一覧を示します。

    バージョン番号 (以降のバージョンを含む)

    状態データの格納場所

    月次チャネルの PowerPoint for Office 365

    1707 から 1710

    PC ディスクの次のパスの下

    %appdata%\Microsoft\PowerPoint\SlideViewState

    この場所は Windows Users フォルダーによって保護されます。必要に応じて、既読/未読の状態を記録しているファイルを手動で削除することができます。

    月次チャネルの PowerPoint for Office 365

    1711

    Microsoft Online Services

    半期チャネルの PowerPoint for Office 365

    1803

    Microsoft Online Services

    PowerPoint for Office 365 for Mac

    16.11

    Microsoft Online Services

    PowerPoint for Android

    16.0.9001.2077

    Microsoft Online Services

    PowerPoint for iOS

    2.9.108.0

    Microsoft Online Services

    PowerPoint Mobile

    17.8827

    Microsoft Online Services

    使用している Office のバージョンを確認する方法

  • ファイルが暗号化されている場合、またはパスワードで保護されている場合、変更は強調表示されません。

  • ファイルが .odp 形式または古い PowerPoint .ppt または .pps 形式の場合、変更は強調表示されません。

チャットまたはコメントによるコミュニケーション

コメントする、またはコメントを表示するには、[コメント] コメント を選択します。 また、コメントに返信または解決し、それらを完了としてマークすることができます。 詳細については、「コメントを追加する」を参照してください。

(Office 365のみ)すぐにOneDrive for BusinessまたはSharePoint Onlineに保存されたプレゼンテーションで作業している他のユーザーとチャットできます。 ドキュメントで作業している全員とグループ チャットを開始するには、[チャット] ボタン PowerPoint 2016 のグループ チャットのボタン を選択します。

チャットのボタンが強調表示された灰色のメニュー バー

  • チャットの履歴は保持されないようにする場合、文書を閉じる、後でもう一度開くされますを開始する、空のチャットの新しい。 永続的なディスカッションが必要な場合は、代わりにコメントを使用することを検討してください。

  • 別のユーザーがファイルを開いて編集する場合、そのユーザーもチャットに参加できますが、ファイルを開く前のチャットの履歴は表示されません。 ファイルを開いた時点からの新しいメッセージのみが表示されます。

以前のバージョンのファイルを参照してください。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

作成しているときに、 OfficeSharePoint、 OneDrive、 OneDrive for Businessファイルの以前のバージョンが保持されます。

ファイルの以前のバージョンの一覧を開くには、app ウィンドウのタイトル バーにファイル名を選択し、バージョン履歴を選択します。

ファイルのバージョン履歴にアクセスできるように、タイトル バーで、ファイル名を選択します。

バージョン履歴が、表示、編集はできません。 前のバージョンのファイルを表示できます。

以前のバージョンを開きます。

  • 右側の [バージョン履歴] ウィンドウでのバージョン履歴項目のいずれかで開いているバージョンを選択します。

    このバージョンの読み取り専用コピーはPowerPoint別のウィンドウで開きます。

競合している変更を解決する

競合している変更箇所がある場合は、[保存] を選んだときに、自分の変更内容と他のユーザーの変更内容を視覚的に比較するウィンドウが表示されます。 ここで、反映させたい変更内容を選ぶことができます。

PowerPoint の競合している変更のダイアログ

比較対象として表示されるのは、自分の変更内容と直接競合する他のユーザーの変更内容のみです。 競合しない変更内容は、プレゼンテーションの保存時に自動的に統合され、その内容は、[自分の変更] ビューで確認できます。

  1. [自分の変更] か [他のユーザーによる変更] を選びます。

  2. 複数の競合を解決する場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • [次へ] を選び、競合の解決処理を続けます。 以前の競合を見直す場合は、[前へ] を選びます。

    • 残っているすべての競合に同じ変更内容を適用する場合は、[残りの競合に適用] チェック ボックスを選びます。

      PowerPoint の [残りの競合に適用] チェック ボックス

  3. 競合の解決が終了したら、[完了] を選びます。

プレゼンテーションや共同編集を共有します。

  1. プレゼンテーションの下書きを作成し、OneDriveSharePoint などの共有の場所に保存します。

  2. プレゼンテーションを開いてプレゼンテーションを編集します。

    注:  誰かがプレゼンテーションを編集していると、[共同編集] アイコン [ひと] アイコン と数字がステータス バーに表示され、プレゼンテーションを編集している人数がわかります。 誰がプレゼンテーションを編集しているかを表示するには、[共同編集] アイコン [ひと] アイコン をクリックします (下を参照)。

    2 名が共同編集中

  3. 編集が終わったら、[ファイル]、[保存] の順にクリックします。

    プレゼンテーションを編集しているのが自分だけの場合、ファイルが保存されて完了です。 自分と他の編集者の更新内容が競合しなければ、変更箇所は自動的に統合され、それ以上操作は必要ありません。

他のユーザーによる変更を解決します。

他のユーザーが同じプレゼンテーションで作業をしている場合、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

  • 他の編集者が変更を加えている場合は、次のメッセージが表示されます。

    変更を確認するか今すぐアップロードする

  • 変更して、他の作成者別のいずれかの競合している、このメッセージが表示されます。

    競合の解決

他のユーザーによる変更を解決する方法を示します。

  1. [結合] タブで [変更箇所の表示] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 競合する更新内容だけを表示するには、[競合箇所のみを表示] をクリックします。

      競合箇所のみを表示

    • すべての変更箇所を表示するには、[すべての変更箇所を表示] をクリックします。

  2. 変更内容を承認または却下するには、次のいずれか、または両方の操作を行います。

    競合する変更箇所の場合:

    • 競合する変更箇所を承認するには、競合する変更箇所を示すアイコンの横にあるチェック ボックス 競合する変更箇所を示すアイコン (下を参照) をオンにします。

      チェック ボックスをオンにして、競合する変更箇所を承認する

    • 競合する変更箇所を却下する場合は、何もしないでください。 オフにされたチェック ボックスは、プレゼンテーションには追加されません。

    一般的な変更箇所の場合:

    • 一般的な変更箇所を承認する場合は、何もしないでください。

      チェック ボックスをオンにして、他の人が行った一般的な変更を承認する

    • 通常の変更内容を却下する場合は、チェック ボックスをオフにします。

  3. 変更内容の確認が終わったら、[反映用の表示を閉じる] を選びます。

    [反映用の表示を閉じる] を選ぶと、すべての変更内容が反映されて、サーバーにアップロードされます。

    注: [反映用の表示を閉じる] を選んだ後は、変更内容を元に戻したり、確認したりできなくなります。

プレゼンテーションを他のユーザーと共有して同時に共同作業する

  1. PowerPointプレゼンテーションを開くし、リボンの右上隅にある共有 [共有] ボタン を選択し、[ユーザーを招待] を選びます。

  2. プレゼンテーションを共有する相手のメール アドレスを入力します。 既にユーザーの連絡先情報が保存されている場合は、名前を入力するだけです。 上部にあるコントロールを判断できるかどうか、招待ファイルを編集できるまたはのみファイルを表示することができます

  3. [共有] をクリックします。 ファイルが既にクラウドに保存されている場合、招待メールは招待者に送信されます。 PowerPoint でプレゼンテーションを OneDrive または SharePoint Online for Office 365 に保存していない場合、この段階で保存を求めるメッセージが表示されます。 保存すると、招待メールが送信されます。

    プレゼンテーションを OneDrive または SharePoint に保存していない場合は、保存するように求められます。

共有プレゼンテーションで他のユーザーが作業している場所を表示する

  1. プレゼンテーションを開き、作業を開始します。

    他のユーザーがプレゼンテーションで表示または編集している場合は、リボンの右上隅にユーザーのサムネイル画像が表示されます。 PowerPoint では、他のユーザーがあなたのプレゼンテーションを表示または終了すると、通知が行われます。

    ユーザーとチャット
  2. [共有] ウィンドウには、プレゼンテーションを表示または編集しているユーザーの名前が表示されます。 プレゼンテーション内で作業中のユーザーと作業場所を示すインジケーターは、作業中のスライドのサムネイルと、作業中のスライド上に表示されます。 そのインジケーターにマウスを移動するか選択すると、編集者を確認できます。

    スライドのサムネイル ウィンドウでのプレゼンス インジケーター

    (アクセシビリティのために、PowerPoint では、編集者名の自動表示を有効にすることもできます。 オンにしてPowerPoint _gt環境設定_gtビュー _gt選択したアイテムのフラグをプレゼンスを表示するを選択します。)

    Windows 版 PowerPoint 2016 のスライドのセクションで作業している他のユーザーを表示するアイコンを示す
  3. 作業が終わったら、ファイルを保存します。

    自分と他の編集者の更新内容が競合しなければ、変更箇所は自動的に統合され、それ以上操作は必要ありません。

変更されたファイルを開くと表示される通知

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

他のユーザーは、共有されているプレゼンテーション ファイルに変更を加える、 PowerPoint for Office 365 for Mac通知するファイルをもう一度開いたときにします。 小さなバナーに、自分が他のことを行っている間にプレゼンテーションへの変更を行ったユーザーが示されます。

PowerPoint for Office 365 では、他のことを行っている間に共有ファイルへの変更を行ったユーザーを表示できます。

変更履歴: 他のユーザーによる変更箇所の強調表示

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

PowerPoint for Office 365 for Mac自動的の変更を追跡するオンライン ドキュメントの作成します。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 変更されたプレゼンテーション (または他のユーザーが現在編集しているファイル) を開き直すと、サムネイル ウィンドウで変更されたスライドが水色で強調表示されます。 ヒントと表示される、"スライドが未読に変更します"。

    PowerPoint のサムネイル ウィンドウで強調表示される変更履歴
  2. サムネイルを選んでフルサイズでスライドを表示します。 スライドの変更された部分が水色で表示されます。 併記される表記で、変更したユーザーと時刻がわかります。

    (変更されたスライドが強調表示されても、加えられた変更の種類が個々のスライドに表示されない場合もあります。 たとえば、ノート ウィンドウの変更、図形の削除、コメントの追加、アニメーションの変更などです)。

    変更者と変更時間に関する表記が強調表示された変更履歴

変更が強調表示されるかどうかを決めるもの:

  • この機能は、OneDrive と SharePoint に格納されている共有ドキュメントで動作します。

  • PowerPoint Online、またはPowerPoint for Office 365 for Macに変更している人を使用している場合にのみ変更が強調表示された、少なくともバージョン 16.11 します。 使用している Office のバージョンを確認する方法

  • ファイルが暗号化されている場合、またはパスワードで保護されている場合、変更は強調表示されません。

  • ファイルが .odp 形式または古い PowerPoint .ppt または .pps 形式の場合、変更は強調表示されません。

コメントを使用したコミュニケーションします。

ツールバーのリボンの右端には、プレゼンテーションの現在のすべてのコメントを表示するコメント コメント ボタン を選択します。

新しいコメントを追加またはに返信または既存のコメントを解決できます。

(Office 365のみ)同僚のコメントをタグ付けする、@-記号の後に、ユーザーの名前を使用しています。 その人は、コメントへのリンクを電子メール メッセージを受信します。 リンクをクリックして、文書におよびです会話にします。

(Office 365のみ)ファイルを編集すると同時に他のユーザーとチャットできます。 初めに、クリックしての上部にある [チャット] アイコン 1 つ上に他の 2 つの音声バブル 画面の右します。

チャットのボタンが強調表示された灰色のメニュー バー

以前のバージョンのファイルを参照してください。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

作成しているときに、 OfficeSharePoint、 OneDrive、 OneDrive for Businessファイルの以前のバージョンが保持されます。

ファイルの以前のバージョンの一覧を開くには、[アプリ] ウィンドウのタイトル バーで、ファイル名を選択し、 [バージョン履歴の参照を選択します。

バージョン履歴が、表示、編集はできません。 前のバージョンのファイルを表示できます。

以前のバージョンを開きます。

  • 右側の [バージョン履歴] ウィンドウでのバージョン履歴項目のいずれかで開いているバージョンを選択します。

    このバージョンの読み取り専用コピーはPowerPoint別のウィンドウで開きます。

以前のバージョンからコンテンツをコピーすることができます。 現在作業中のファイルから個別に編集できるようにも、以前のバージョンのコピーを保存できます。

他のユーザーとプレゼンテーションを共有する

  1. ツールバーのリボンの右端の [共有 [共有] ボタン ] をクリックします

  2. リンクを送信する] ダイアログ ボックスで、名前またはでプレゼンテーションを共有する人のメール アドレスを入力します。

    必要であれば、同僚にメッセージを追加します。

  3. [送信] をクリックします。

共有プレゼンテーションで他のユーザーが作業している場所を表示する

同時に複数のユーザーがファイルで作業を行うと、[状況説明マークが、場所を表示します。

  • プレゼンス アイコン プレゼンス インジケーター は、左側のウィンドウで他のユーザーがそのスライドを編集している場合に、スライドのサムネイルの横にある表示されます。 相手の連絡先を確認する] のアイコンをポイントします。

  • スライドのメイン ウィンドウで、プレゼンス アイコンでは他のユーザーとスライド上で特定の要素を編集します。

他のユーザーによる変更履歴を参照してください。

開くとプレゼンテーションを他のユーザーが変更されたPowerPointが 2 つの方法で表示します。

  • ウィンドウの右側にある [不在時のするされたメッセージが表示されます。

    PowerPoint for Office 365 では、他のことを行っている間に共有ファイルへの変更を行ったユーザーを表示できます。
  • 左側のスライド サムネイル ウィンドウでスライド更新されていますが、青緑色の背景を強調表示されます。

    PowerPoint のサムネイル ウィンドウで強調表示される変更履歴

    スライドを開いたときに、変更されたスライド要素を囲む青緑色の枠線も表示されます。

コメントまたはチャットを使用して相談します。

ツールバーのリボンの右端には、プレゼンテーションの現在のすべてのコメントを表示するコメント [コメント] ボタン を選択します。

新しいコメントを追加またはに返信または既存のコメントを解決できます。

同僚のコメントをタグ付けする、@-記号の後に、ユーザーの名前を使用しています。 その人は、コメントへのリンクを電子メール メッセージを受信します。 リンクをクリックして、文書におよびです会話にします。

ファイルを編集すると同時に他のユーザーとチャットできます。 初めに、クリックしての上部にある [チャット] ボタン [チャット] ボタン 画面の右します。

現在編集している他のユーザーに関する通知の横にある [チャット] ボタン

以前のバージョンのファイルを参照してください。

作成しているときに、 OfficeSharePoint、 OneDrive、 OneDrive for Businessファイルの以前のバージョンが保持されます。

ファイル_gt情報_gtビューと復元の以前のバージョンを使用して、ファイルの以前のバージョンの一覧を開きます。

バージョン履歴が、表示、編集はできません。 前のバージョンのファイルを表示できます。 以前のバージョンからコンテンツをコピーすることができます。 現在作業中のファイルから個別に編集できるようにも、以前のバージョンのコピーを保存できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×