PowerPoint プレゼンテーションが PowerPoint 2003 またはそれ以前のバージョンで開くことができるかどうかを確認する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint 2013で導入された互換性チェックは、PowerPoint 2003 以前のバージョンでプレゼンテーションを開く場合に発生する可能性のある書式設定や機能に関する潜在的な問題を見つけるのに役立ちます。このような問題は、プレゼンテーションのパフォーマンスに影響する可能性があります。

互換性チェックを実行する

  1. 問題がないかを確認するプレゼンテーションを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックします。

  3. PowerPoint 2013の [共有の準備] で [問題のチェック] をクリックし、[互換性チェック] を選択します。

    PowerPoint 2016以降のバージョンでは、[プレゼンテーションの検査] で [問題のチェック] をクリックし、[互換性チェック] を選択します。

たとえば、互換性チェックでは、プレゼンテーションにSmartArt グラフィック、3-d テキスト、または図形の効果 (反射や光彩など) が含まれているかどうかを検出します。以前のバージョンのPowerPointでは、編集できない画像として表示されます。

もう1つの例として、プレゼンテーションにビデオを埋め込んだ (ビデオをリンクするのではなく) 場合は、互換性チェックによって報告されます。埋め込まれたビデオは、PowerPoint 2003 またはそれ以前のバージョンの画像として表示されますが、再生は行われません。

互換性チェックから返されるメッセージの詳細については、「互換性チェック」を参照してください。

注: 

  • PowerPoint 2007 またはPowerPoint 2010を使用して新しいバージョンで作成されたファイルを開く場合は、互換性チェックを実行する必要はありません。これらのバージョンのPowerPointでは、ファイル形式は同じであるため、互換性の問題はありません。

  • PowerPoint 95 以前のバージョンでは、 PowerPoint 2013または新しいバージョンで作成されたプレゼンテーションを保存したり、開いたりすることはできません。

  • PowerPoint 97-2003 形式でプレゼンテーションをこまめに保存する場合は、[Microsoft PowerPoint 互換性チェック] ダイアログ ボックスで、[PowerPoint 97-2003 形式で保存するときに互換性を確認する] チェック ボックスをオンにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×