PowerPoint にビデオを埋め込むことができない理由

PowerPoint にビデオを埋め込むことができない理由

Web 用 PowerPoint と PowerPoint for Office 365 (Windows と macOS の両方) では、YouTube と Vimeo からオンライン動画を挿入できます。 Office 365の組織のアカウントがある Insiders の場合は、企業向けのビデオ サービスである Microsoft Stream からオンライン ビデオを挿入することもできます。

PowerPoint の他のバージョンでは、挿入できるオンライン動画は YouTube の動画のみです。

PowerPoint で他のチャネルのビデオをサポートする必要がある場合は、フィードバックを送信してください

エラー: "PowerPoint は、この埋め込みコードからビデオを挿入できません"

http で始まる埋め込みのコードは機能しないので使用しないでください。 正常に動作するためには、ビデオの埋め込みに使うコードは <iFrame で始まり、</iframe> で終わる必要があります。

正常に動作するためには、ビデオの埋め込みに使うコードが、"iFrame" または "<object" で始まっている必要があります。
埋め込みのコードが "http" で始まっていると、ビデオは正常に埋め込まれません。

YouTube から埋め込みコードをコピーする手順については、以下を参照してください。

YouTube のビデオ (PowerPoint でサポートされる唯一のビデオ サイト) を埋め込む

  1. 挿入する YouTube 動画を見つけます。

  2. ビデオ フレームの下で、[共有] をクリックしてから、その下の [埋め込みコード] をクリックします。

    [共有] をクリックし、[埋め込み] をクリックする

  3. 埋め込みコードを右クリックし、[コピー] をクリックします。

    iFrame 埋め込みコードをコピーする

  4. PowerPoint で、[ビデオ]、[オンライン ビデオ] の順にクリックします。 [ビデオの埋め込みコードから] ボックスを右クリックし、[貼り付け] をクリックして埋め込みコードを貼り付け、矢印をクリックします。

    PowerPoint でオンライン ビデオを挿入するためのリボンのボタン
  5. [スライド ショー] タブで [現在のスライドから] をクリックして、埋め込まれたビデオを表示および再生します。 初めて表示されるプレビュー画像を取得するために、ビデオ プレースホルダーをクリックすることが必要な場合があります。

    ビデオが適切に埋め込まれていない場合は、「PowerPoint の YouTube 機能を使うための要件」を読み、お使いの PowerPoint バージョンに必要な更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

以下に説明するように、PowerPoint 2010 で、YouTube のビデオを再生する機能は使用できません。

エラー: Flash 埋め込みビデオはサポートされなくなりました

PowerPoint 2010 上の YouTube ビデオは動作しなくなりました。    2017 年 9 月、Google は、PowerPoint 2010 が YouTube のビデオの再生で依存する Flash Player インフラストラクチャの使用を停止しました。

この問題を迅速に解決するには、Office の新しいバージョンに移行する方法が最も効果的です。 また、Microsoft アカウント (Hotmail、outlook.com、live.com) で利用できる Web 用 PowerPoint を無料で使用できます。 Web 用 PowerPoint では、YouTube のビデオの挿入と再生が可能です

(PowerPoint 2013 以降のバージョンは、Flash Player ではなく HTML5 のビデオ再生インフラストラクチャに基づいているため、ほとんど影響を受けません)。

常に Office の最新バージョンを所有するには、Office 365 サブスクライバーになります。 クリックして試すか購入し、サブスクリプションとパッケージ版を比較してください。

PowerPoint 2010 を使用して YouTube ビデオを埋め込む

次の段落の手順に従ってビデオを挿入できますが、PowerPoint 2010 ではビデオを再生できません。 ただし、新しいバージョンの PowerPoint ではビデオを再生できます。

  1. 挿入する YouTube 動画を見つけます。

  2. ビデオ フレームの下で、[共有] をクリックしてから、その下の [埋め込みコード] をクリックします。

    [共有] をクリックし、[埋め込み] をクリックする

  3. 埋め込みコードを右クリックし、[コピー] をクリックします。

    iFrame 埋め込みコードをコピーする

  4. PowerPoint 2010 の場合は、[ビデオ]、[Web サイトからのビデオ] の順にクリックします。 [Web サイトからビデオを挿入] ボックスを右クリックし、[貼り付け] をクリックして埋め込みコードを貼り付け、[挿入] をクリックします。

    PowerPoint 2010 でオンライン ビデオを挿入するためのリボンのボタン

    重要:   ドロップダウン メニューに [Web サイトからのビデオ] が表示されても、無効か淡色表示されている場合は、Adobe Shockwave Player がインストール済みであることを確認します。

  5. ビデオが適切に埋め込まれていない場合は、「PowerPoint の YouTube 機能を使うための要件」を読み、お使いの PowerPoint バージョンに必要な更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

トラブルシューティング: 正しいバージョンの Internet Explorer を入手する

PowerPoint は Internet Explorer のビデオ再生技術を使用することで、スライドに埋め込まれているオンライン ビデオを再生できます。 

Internet Explorer を入手または更新する 

  • Windows 7Windows 8/8.1、およびWindows 10Internet Explorer 11 を使用します。

  • Windows VistaInternet Explorer 9、Service Pack 2 を使用します。

ビデオの再生中に Internet Explorer を開く必要はありません。PowerPoint は単に基になる技術を使用して、ビデオを再生します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×