スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPoint でパンとズームの効果を作成する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Shaw、Microsoft PowerPoint MVP、 Glenna Shaw Visual コミュニケーションサイトの所有者によるGlenna

ドキュメントの写真で有名なパンとズームの効果を使用して、デジタル画像にアクションを追加することができます。 Wikipedia の状態は、「documentaries の中では、興味のある被写体と別の主題のパンによって、徐々に写真を拡大することができます。 たとえば、野球チームの写真では、選手の顔を越えてパンすることがあり、ナレーターが話をしているプレーヤーの残りの部分に移動します。

次の例では、 TE000130135を使用していますが、基本的な手順は PowerPoint_genericの他のバージョンと同じです。 この記事では、アニメーションとその設定の適用についても知っていることを前提としています。

まず、[グリッドとガイド] をオンにします。 このようにすることで、複数の項目を共同で配置し、非常に重要なスライドの中央を特定するのに役立ちます。 ([ホーム] タブの [図形描画] グループで [配置] をクリックし、[配置] をポイントして、[グリッドの設定] をクリックすると、次の図のようなダイアログボックスが表示されます。 オブジェクトをスナップしないことを選択しましたが、オブジェクトを簡単に揃えることができます。

[グリッドとガイド] ダイアログ ボックス

次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。

パノラマ写真の利点は、従来の写真よりもはるかに多く表示されていることです。 たとえば、家族に写真を送信したいのですが、普通の写真を使っても、全体的な効果はまったく伝えられません。 私の解決策は、プール全体のパノラマショットを作成することです。 これを行うには、1つの場所に stood して、最初の画像を少し左に移動し、2番目の図を撮影しました。 次に、それらの写真を整列してグループ化することで、スライドにまとめてジーンズます。 この例では、図を緑色の線で表示して、概念を強調しています。 写真に線を表示する必要はありません。

整列してグループ化した写真

次に、グループ化されたオブジェクトを右クリックし、[図として保存] をクリックして、新しいパノラマ画像を poolpanorama ファイルとして保存しました。

次に、グループ化されたこのオブジェクトを削除して、スライドに PoolPanorama ファイルを挿入して、[図ツール] の [書式] タブの [サイズ] グループでトリミングツールを使用して、パノラマ写真の上と下の画像を作成します。 ([図ツール] および [書式] タブを表示するには、図を選んでいることをご確認ください)。

パノラマ写真

最後に、図の高さをスライド (7.5 インチ) に変更し、表示ウィンドウのサイズを30% に変更して、図全体を表示します (右下隅のスライダーを使用)。 次に、図をスライドの左側に配置します。 最良の結果を得るには、パノラマの幅を10の倍数にする必要があります。 (スライドは10インチ幅であるため)、画像が "動いている" という文字は空白で終わらないようにします。 この例では、幅は30インチです。

スライドの左側で画像を整列する

ここでは、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウのオプションを使用して、のアニメーションの軌跡をパノラマ図に追加し、マウスを使って端点を図の左側に拡張します。 ([アニメーションの設定] 作業ウィンドウを開くには、[アニメーション] タブの [アニメーション] グループで [アニメーションの設定] をクリックします)。 アニメーションの軌跡を30秒の速度に設定し、[効果] タブのチェックボックスをオフにして、[滑らかに開始]、[滑らかに終了] のチェックボックスをオンにし、[自動反転] のチェックボックスをオフにします。

左のダイアログ ボックス

スライドショーを実行すると、プールの画像がゆっくりと左にパンされ、ゆっくりとパンします。これにより、参加者がより完全に効果を体験できます。 [滑らかに開始] と [滑らかな終了] チェックボックスをオンにすると、アニメーションの軌跡の開始点と終了点が若干遅くなります。

グループ写真にパンエフェクトを追加すると、グループと個人の両方が表示されます。

最初に、自分の画像をスライドに挿入します。 高解像度の写真は見やすくなっていますが、いくつかの問題が発生する可能性があります。 この問題が発生する場合は、画像の解像度を下げてください。 写真の画質は、可能な限り高くする必要があります。 (拡大表示された場合)、品質の一部は失われます。 その他の情報については、powerpoint MVP のサイトを参照してください。 powerpoint のよく寄せられる質問: スキャン、解像度、DPI セクション

スライドに合わせて図のサイズを変更します。 この操作を行うには、[写真] を右クリックし、[サイズと配置] をクリックして、画像の高さを7.5 インチ (標準のスライドの高さ) に設定します。 [縦横比を固定する] チェックボックスをオンにすると、図の縦横比がロックされていることを確認します。

[図の書式設定] ダイアログ ボックス

これで、スライドの中央に写真が配置されました。

この例では、家族の顔を移動したいので、最初に行うべきことは、開始する場所と終了する場所を決定することです。 これを行うには、スライドに比例した四角形が必要です。 この例では、明るい黄色で示されている 3 x 4 インチの四角形を使います。

黄色い四角形でズームの始まりをマークする

複製した四角形をコピーして貼り付け、パンの終了位置に移動します。

黄色い四角形でズームの終わりをマークする

四角形を上と下に揃え、四角形をガイドとして使用して写真をトリミングします。

写真のクリップ用のガイドとして長方形を使用する

最後に、黄色の四角形を削除し、写真のサイズをスライドの高さに変更して、左側に合わせて配置し、同じ手順に従って、前のパノラマの例で行った左側のアニメーションの軌跡を作成します。

注: この場合も、幅を10の倍数にして、クリップの調整が必要になることがあります。 20インチ幅の写真を作成しました。

ユーザー設定のアニメーションを作成する

これで、家族の顔で写真がパンされます。

写真内の1つのオブジェクトを強調したい場合は、ズームインとズームアウトが非常に効果的で簡単に行えます。

この例では、小さな grandson を取り上げます。 スライドで同じ写真を使用して、最初の写真の一番上に複製をコピーして貼り付けます。 次に、小さな grandson の周りで2枚目の写真をクリップします。 クリップされた領域を表示するために黄色の線を追加しました。 クリップされた写真は、スライドに比例したものにする必要があります。 3 x 4 インチにしました。

大きいスライド内でトリミングした写真

ここでは、スライド全体に合わせてクリップされた写真のサイズを変更し、[フェード] ズーム開始アニメーションを追加しました。 [直前の動作の] は、遅延2 秒に設定して、[速] また、フェードズームの終了アニメーションを追加します。 [直前の動作の] には、遅延2秒に設定し、[速] を選びます。

[フェードとズーム] ダイアログ ボックスには写真の設定方法が表示される

写真の写真全体が表示されるようになり、2秒待ってから、小さな grandson を拡大し、2秒間待ってから、家族の写真全体にズームアウトします。

残念ながら、ズームはスライドの中央からしか行われないので、それでも期待どおりに表示されない場合は、アニメーションの軌跡を追加して、grandson が配置されている左下のクアドラントを拡大するという印象を与えます。 この操作を行うには、クリップされた写真を移動します。これにより、grandson が元の写真内のどこにあるかにかなり中央に配置されます。 ここで、[アニメーションの軌跡] をクリックした後に [ユーザー設定の軌跡を描画する] をクリックし、クリップされた図の中央からスライドの中央にユーザー設定のアニメーションの軌跡を描画します。 最後に、[アニメーション] で、ユーザー設定のアニメーションの軌跡線の順序を、[フェードとズーム] の開始アニメーションで前のアニメーションで開始するように設定します。また、[中] の速度が [普通の色で表示] に合わせて設定されていることを確認します。 アニメーションの順序は、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウで上または下にドラッグして並べ替えることができます。 また、独自のアニメーションの軌跡をロックし (軌跡のドロップダウンリストの [ロック] ドロップダウンリストの [アニメーションの設定] 作業ウィンドウを選択します)、自分の写真を編集しながら、軌跡を好みの状態に維持します。

ユーザー設定のアニメーションを作成する

最後の手順では、クリップされた図にユーザー設定のアニメーションを追加して、スライドの中央から他のユーザー設定のアニメーションの軌跡の開始点に移動します。 そのためには、画像をスライドの中央と中央に移動し、ユーザー設定のアニメーションの軌跡を追加して、スライドの中央から grandson が元の図に配置されている場所の中央に移動します。 次に、[直前の動作と同時]、[中間]、[ロック] など、このカスタムアニメーションの軌跡に同じ設定を適用します。

ユーザー設定のアニメーションを作成する

写真が適切な場所から拡大され、適切な場所に縮小されるようになりました。

これまでの例では、さまざまなファミリーメンバーをスポットライトすることができましたが、すべてのメンバーをまとめて使用することはできませんでした。 この操作を行うと、家族の顔を拡大してパンしたり、わずかな grandson を閉じたりできます。

これを行うには、オリジナルの上に写真の拡大コピーを追加し、これを使用してズームエフェクトを作成します。 拡大/収縮のアニメーション効果を使用することも考えられますが、写真を操作している場合は解像度が低くなります。

スライド上の写真の複製をコピーして貼り付け、必要に応じてサイズを変更しました。 サイズの大きな画像は、スライドショーを実行すると切り捨てられる場合があります。その場合は、サイズを変更するときに考慮する必要があります。 約15インチの幅を作成しました。 これにより、スライド全体の表示が困難になるため、ウィンドウサイズを40% に変更し (右下隅のスライダーを使用)、この大きい画像をスライドの中央と中央に配置します。

次に、[塗りつぶしのないフローチャート] の下に図形を追加し、[線の色] を [写真] とコントラストに設定して、簡単に見られるようにします。 最初のズームとパンポイントの上に十字形の図形を配置します。 次に、2つの十字線をコピーして貼り付け、他のパンポイントの上に配置します。

十字線オートシェイプ

最終的には、[マイピクチャ] と3つのガイドを使用して、ユーザー設定のアニメーションを設定して、効果が終了したときに削除することができます。

大きな図と3つの十字線を1つのオブジェクトにまとめるには、Shift キーを押しながら4つのオブジェクトをすべて選択するまでクリックします。 次に、[図ツール] の [書式] タブにある [配置] グループで ボタンの画像 をクリックし、[グループボタンの画像 ] をクリックします。

最後に、グループ化されたオブジェクトが適切な縦横比を維持するために、そのオブジェクトを右クリックして [サイズと位置] をクリックし、[倍率] で [縦横比を固定する] チェックボックスをオンにします。

大きい図に薄いズームの開始効果を追加します。 直前の動作の後に開始するように設定しまし遅延2 秒に設定されています (これにより、ユーザーは元の画像を見ることができます)。速度は [] に設定されています。

次に、最初のパンポイントからスライドの中央までの十字の大きな図に、ユーザー設定のアニメーションの軌跡を追加します。

このユーザー設定のアニメーションの軌跡を、[前へ]、[非常に遅く]、[ロック] に設定します。 [滑らかに開始] と [滑らかに終了] チェックボックスをオフにします。 ユーザー設定のアニメーションの軌跡は、十字形ではなく大きな図に適用してください。

十字線オートシェイプと [ユーザー設定パス] ダイアログ ボックス

アニメーションの軌跡は、意図した場所にない可能性がありますが、正しく入力されています。 次に、SHIFT キーを押しながら大きな図と十字線をクリックして選択します。 選択したすべての項目を移動します。このとき、最初の部分は十字形でスライドの中央に配置されます。

注: ガイドとルーラーをオンにすると、この操作が簡単になります。アニメーションの軌跡はロックされているため、その軌跡が属している場所にとどまります。 TE000127958 が表示されない場合は、[表示] タブの [表示/非表示] グループで、[ルーラー] を選択します。

開始点の十字線はスライドの中央にある

灰色の領域をクリックして、すべてのオブジェクトの選択を解除し、その画像をクリックして選択します。 次に、2つ目のパンポイントの中央からスライドの中央に移動するために、別のユーザー設定のアニメーションの軌跡を追加しました。 このユーザー設定のアニメーションの軌跡を [直前の動作の] に設定し、遅延1秒に設定します。 [ロック] と[非常に遅く] を選択し、[滑らかに開始] と [滑らかに終了] のチェックボックスをオフにします。

[ユーザー設定パス] ダイアログ ボックス

この手順を繰り返して、最終的なパンの停止を作成します。 図を選んで、2つ目の十字形がスライドの中央に配置されるように移動します。 最後のパンの軌跡の十字形の十字線からスライドの中央に移動して、[直前の動作の]、[2秒間]、[ロック]、[非常に遅い] に設定します。[滑らかに終了] チェックボックスをオンにします。

[ユーザー設定パス] ダイアログ ボックス

最後に、[図形の枠線] を [なし] に設定し、大きな図をスライドの中央と中央に配置することで、すべての参照の十字形を非表示にします。

スライドの中央で画像を整列する

次に、ユーザー設定のアニメーションの軌跡の開始点と終了点を "微調整" して、画像の端が画面に表示されないようにします。 [アニメーションの設定] 作業ウィンドウの [再生] ボタンを使用すると、この画面が表示されます。

スライドショーを実行すると、拡大され、家族の顔の上で左から右にパンし、わずかな grandson ができます。

いつものように、実験や実験を行うことをお勧めします。

Glenna Shaw は、連邦政府および PowerPoint コミュニティのアクティブなメンバーとの認定プロジェクトマネジメントプロフェッショナルです。 Microsoft は、PowerPoint と Word で認定され、アクセス可能な情報技術で証明書を保持しています。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×