スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPoint でテキストの配置、インデント、間隔を変更する

スライド上のテキストを読みやすくするために、 PowerPoint_generic プレゼンテーション内のテキストの行間や段落間の間隔を変更することができます。 また、テキストの配置やインデントも調整できます。

行間 (1 行スペース、2スペースなど) および縦位置 (上、下、または中央) は、リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用して、1行スペース、2行スペース、またはその他の垂直方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューを使用すると、テキストをコンテナーの上と下のどちらに垂直方向に配置するか、または中央に垂直方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスには、さらに詳細な間隔オプションが用意されています。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    PowerPoint のリボンの画像

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    PowerPoint の [段落] ダイアログ ボックス

このダイアログボックスでは、次のオプションを使用できます。

配置

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで、[揃え]、[中央揃え]、[揃え]、[均等割り付け] のいずれかを選択します。 [両端揃え] を選択すると、単語間の間隔が増加します。これは、段落の最後の行 (通常の単語間隔) を除いて、テキストの行が左右の余白と左右の両方で接します。 均等割り付け両端揃えに似ていますが、最後の線も左右の余白の両方に触れ、必要に応じて単語と文字の間にスペースが追加されています。

[インデント]

  • インデントを追加したり、テキストの前のインデントの量を変更したりするには、[段落前] ボックスで数値を選択または入力します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落内の上と下の間隔を変更するには、[行間] オプションを使用します。単一1.5、または2行に設定します。 または、[指定] ボックスに正確なポイント値 (0 ~ 1584) を追加します。 (Point の値が大きくなるほど、間隔は広くなります)。 または、[複数選択] を選び、[指定] ボックスに値を追加します。 (9.99 に等しい、または等しい任意の数の値を使用します。値1は1行になりますが、値3 は 3行間隔になります)。

注: プレースホルダーがいっぱいになるまで行を追加し続けた場合、自動調整機能が働いて、プレースホルダー内のリスト項目がすべて収まるよう、行間やフォント サイズを調整してくれます。 この場合、[自動調整オプション [自動調整オプション] コントロール コントロールが表示されます。 自動調整をオフにするには、[自動調整のオプション] をクリックし、[このプレースホルダーへのテキストの自動調整をやめる] をクリックします。

上記以外のインデントや行間の設定方法については、以下を参照してください。

行間 (1 行スペース、2スペースなど) および縦位置 (上、下、または中央) は、リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用して、1行スペース、2行スペース、またはその他の垂直方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューを使用すると、テキストをコンテナーの上と下のどちらに垂直方向に配置するか、または中央に垂直方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスには、さらに詳細な間隔オプションが用意されています。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    PowerPoint のリボンの画像

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    PowerPoint の [段落] ダイアログ ボックス

このダイアログボックスでは、次のオプションを使用できます。

配置

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで、[揃え]、[中央揃え]、[揃え]、[均等割り付け] のいずれかを選択します。 [両端揃え] を選択すると、単語間の間隔が増加します。これは、段落の最後の行 (通常の単語間隔) を除いて、テキストの行が左右の余白と左右の両方で接します。 均等割り付け両端揃えに似ていますが、最後の線も左右の余白の両方に触れ、必要に応じて単語と文字の間にスペースが追加されています。

[インデント]

  • インデントを追加したり、テキストの前のインデントの量を変更したりするには、[段落前] ボックスで数値を選択または入力します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落内の上と下の間隔を変更するには、[行間] オプションを使用します。単一1.5、または2行に設定します。 または、[指定] ボックスに正確なポイント値 (0 ~ 1584) を追加します。 (Point の値が大きくなるほど、間隔は広くなります)。 または、[複数選択] を選び、[指定] ボックスに値を追加します。 (9.99 に等しい、または等しい任意の数の値を使用します。値1は1行になりますが、値3 は 3行間隔になります)。

注: プレースホルダーがいっぱいになるまで行を追加し続けた場合、自動調整機能が働いて、プレースホルダー内のリスト項目がすべて収まるよう、行間やフォント サイズを調整してくれます。 この場合、[自動調整オプション [自動調整オプション] コントロール コントロールが表示されます。 自動調整をオフにするには、[自動調整のオプション] をクリックし、[このプレースホルダーへのテキストの自動調整をやめる] をクリックします。

上記以外のインデントや行間の設定方法については、以下を参照してください。

行間 (1 行スペース、2スペースなど) および縦位置 (上、下、または中央) は、リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用して、1行スペース、2行スペース、またはその他の垂直方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューを使用すると、テキストをコンテナーの上と下のどちらに垂直方向に配置するか、または中央に垂直方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスには、さらに詳細な間隔オプションが用意されています。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [段落] グループで、右下隅にあるランチャーボタンをクリックして、[段落] ダイアログボックスを開きます。

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    [段落] ダイアログボックスには、水平方向の配置、左の余白のインデント、および行間を設定するオプションがあります。

このダイアログボックスでは、次のオプションを使用できます。

配置

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで [揃え]、[中央揃え]、[揃え]、または [両端揃え] を選択します。 [両端揃え] を選択すると、単語間の間隔が増加します。これは、段落の最後の行 (通常の単語間隔) を除いて、テキストの行が左右の余白と左右の両方で接します。

[インデント]

  • インデントを追加したり、テキストの前のインデントの量を変更したりするには、[段落前] ボックスで数値を選択または入力します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落内の上と下の間隔を変更するには、[行間] オプションを使用します。単一1.5、または2行に設定します。 または、[複数選択] を選び、[指定] ボックスに値を追加します。 (9.99 に等しい、または等しい任意の数値を使用してください。 1.25の値は1行の25% 以上になりますが、値3 は 3行間隔になります)。

注: プレースホルダーでスペースがなくなるまで線を追加したままにすると、自動調整機能によって行間隔とフォントサイズが自動的に調整され、使用可能な領域のすべてのリスト項目が収まるようになります。

スライドのリストの書式を設定するには、「テキストに箇条書きまたは段落番号を追加する」を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×