スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPoint でのリアルタイムの自動キャプションまたは字幕の表示

PowerPoint for Office 365 では、プレゼンテーション中の言葉を、話している言葉と同じ言語のキャプションとして文字に起こして画面上に表示したり、別の言語の字幕に翻訳したりすることができます。 これにより、聴覚障碍をお持ちの方や難聴の方、または別の言語の方が得意な方が対象ユーザーの中にいる場合に対応できます。

また、キャプションや字幕の位置、サイズ、色、その他の表示オプションもあり、さまざまな環境や対象ユーザーのニーズにも対応できます。

適切な表示のためには、ヘッドセットのマイクを使用して PowerPoint を実行しているデバイスに接続することを強くお勧めします。 以下の「お勧めのマイク」を参照してください。 また、この機能には、プレゼンテーション全体を通して信頼性の高いインターネット接続が必要です。

(毎月のチャネルでWindows 10とPowerPoint バージョンの16.0.11601.20178 を必要とします。 この機能は、Windows の以前のバージョンを使用している場合にはサポートされません)。

キャプションと字幕の設定

プレゼンテーション中にどちらの言語で話すか、またキャプションと字幕のテキストをどちらの言語で表示するか (翻訳が必要な場合) を選択します。 使用する特定のマイク (お使いのデバイスに複数のマイクが接続されている場合)、画面上に表示する字幕の位置 (上または下、重ねて表示またはスライド外)、その他の表示オプションを選択することができます。

  1. [スライド ショー] のリボン タブで、[字幕の設定] を選択します。 または、プレゼンテーションを表示したまま、コンテキスト メニューから、[スライド ショー] または [発表者ツール] メニュー、[字幕の設定]、[その他の設定] の順に選択し、設定を調整できます。  

  2. [話し手の言語] を使って、PowerPoint が認識できる音声言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、プレゼンテーション中に話す言語となります (既定では、Office の編集言語に対応する言語に設定されます)。

  3. [字幕の言語] を使って、PowerPoint で画面上にキャプションまたは字幕として表示できる言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、対象ユーザーに対して表示されるテキストの言語となります。 既定では、話し手の言語と同じ言語ですが、別の言語を表示することも可能で、その場合は翻訳が行われます。 

  4. [字幕の設定] メニューで、キャプションまたは字幕の位置を設定します。 スライドの上または下の余白に重ねて表示するか、スライドの最上部の上または最下部の下に (ドッキングして) 表示することもできます。 既定では、[スライドの下] に設定されています。 

  5. [字幕の設定]、[その他の設定 (Windows)] の順にクリックすると、さらに詳しく表示を設定できます。

    字幕の色、サイズ、透明度、フォント スタイルを変更できます。 背景を変更してコントラストを強くしたり、テキストを読みやすくしたりすることができます。 

プレゼンテーション中に機能をオンまたはオフにする

プレゼンテーション中にこの機能をオンまたはオフに切り替える場合は、メイン スライドの下にあるツール バーのスライド ショー ビューまたは発表者ツールで [字幕の切り替え] ボタンをクリックします。

スライド ショー ビューの場合:

PowerPoint スライドショービューの [字幕の切り替え] ボタン。

発表者ツールの場合:

発表者ツールの字幕の表示 / 非表示ボタン

右クリック メニューまたはショートカット キー J で字幕を切り替えることもできます。

スライド ショーのプレゼンテーション開始時に字幕が常に表示されるようにするには、リボンから [スライド ショー]、[常に字幕を使用する] の順に移動すると、すべてのプレゼンテーションでこの機能をオンにすることができます (既定ではオフです)。 すると、スライド ショーと発表者ツールで、発言内容がライブで画面上に表示されます。

(この機能には、PowerPoint for macOS バージョン 16.22.127.0 以降が必要です)。

キャプションと字幕の設定

プレゼンテーション中にどちらの言語で話すか、またキャプションと字幕のテキストをどちらの言語で表示するか (翻訳が必要な場合) を選択します。 使用する特定のマイク (お使いのデバイスに複数のマイクが接続されている場合)、画面上に表示する字幕の位置 (上または下、重ねて表示またはスライド外)、その他の表示オプションを選択することができます。

  1. [スライド ショー] のリボン タブで、[字幕の設定] を選択します。

    キャプションと字幕の設定は、PowerPoint の [スライドショー] タブにあります。
  2. [話し手の言語] を使って、PowerPoint が認識できる音声言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、プレゼンテーション中に話す言語となります (既定では、Office 言語に対応する言語に設定されます)。

  3. [字幕の言語] を使って、PowerPoint で画面上にキャプションまたは字幕として表示できる言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、対象ユーザーに対して表示されるテキストの言語となります。 既定では、話し手の言語と同じ言語ですが、別の言語を表示することも可能で、その場合は翻訳が行われます。

  4. [字幕の設定] メニューで、キャプションまたは字幕の位置を設定します。 スライドの上または下の余白に重ねて表示するか、スライドの最上部の上または最下部の下に (ドッキングして) 表示することもできます。 既定では、[スライドの下] に設定されています。

  5. [字幕の設定]、[システムのキャプション設定] をクリックすると、さらに詳しく表示を設定できます。

    字幕の色、サイズ、透明度、フォント スタイルを変更できます。 背景を変更してコントラストを強くしたり、テキストを読みやすくしたりすることができます。 

プレゼンテーション中に機能をオンまたはオフにする

プレゼンテーション中にこの機能をオンまたはオフに切り替える場合は、メイン スライドの下にあるツール バーのスライド ショー ビューまたは発表者ツールで [字幕の切り替え] ボタンをクリックします。

スライド ショー ビューの場合:

PowerPoint スライドショー表示の [字幕の切り替え] ボタン。

発表者ツールの場合:

PowerPoint の発表者ツールの字幕の表示 / 非表示ボタン

(この機能は、次の web ブラウザーに対応しています:Microsoft Edge、Google Chrome 34 +、Mozilla Firefox 25 +)

キャプションと字幕の設定

プレゼンテーション中にどちらの言語で話すか、またキャプションと字幕のテキストをどちらの言語で表示するか (翻訳が必要な場合) を選択します。 字幕を画面の上または下のいずれに表示するかも選択できます。

シンプル リボン:
PowerPoint Online の字幕の設定

クラシック リボン:
PowerPoint Online の従来のリボンにある、字幕およびキャプションのオプション

  1. (Simplifed リボン)[表示] リボンタブで、[常に字幕を使用する] を選択します。 次に、そのボタンの横にあるドロップダウン矢印をクリックして、オプションのメニューを開きます。

    (クラシック リボン) [表示] リボン タブで、[字幕を使用] を選択します。 次に [字幕の設定] をクリックして、オプションのメニューを開きます。

  2. [話し手の言語] を使って、PowerPoint が認識できる音声言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、プレゼンテーション中に話す言語となります (既定では、お使いの Web ブラウザーのロケールに対応する言語に設定されます)。

  3. [字幕の言語] を使って、PowerPoint で画面上にキャプションまたは字幕として表示できる言語を確認し、目的の言語を選択します。 これが、対象ユーザーに対して表示されるテキストの言語となります。 (既定では、話し手の言語と同じ言語ですが、別の言語を表示することも可能で、その場合は翻訳が行われます)。 

  4. キャプションまたは字幕の位置を設定します。スライドの上または下の余白に重ねて表示されます。 既定では、[下部 (重ねて表示)] に設定されています。 

プレゼンテーション中に機能をオンまたはオフにする

スライドショーが表示されたときに、字幕を常に開始するには、[表示] を選択し >常に字幕を使用します。

プレゼンテーションを行っていて、この機能を有効または無効にする場合は、メインスライドの下にあるツールバーの [字幕の使用] ボタンをクリックします。

PowerPoint スライドショービューの [字幕の切り替え] ボタン。

オン/オフ キーボード ショートカット:J

推奨マイク

このヘッドセットマイクを使用して、字幕 & ライブキャプションを表示することをお勧めします。 一部のマイクは一部の市場では利用できない場合があります。

音声

雑音の多い環境の場合

遠く離れていますか?

Jabra 930

1

Jabra ステルス

1

JPL-X500

1

Mpow Jaws V 4.1

なし

2

Mpow Pro Trucker

なんとか

2

Roger SF タッチスクリーンのマイク

Roger Digimaster X

3

Samson Stage XPD2

なんとか

はい4

Microsoft Teams-推奨されるヘッドセット

1 最大300フィート/90 m。
最大 10フィート/3 m。
3最大60フィート/18 m。
4 ~ 100 フィート、30 m。

ヒント

  • キャプションまたは字幕に問題が表示された場合は、より意図的に話し合ってみてください。

  • 音声に干渉する可能性のある雑音を回避または除去します。

  • キャプション & 字幕は、クラウドベースの音声サービスに依存しているため、迅速かつ信頼性の高いインターネット接続を使用することが重要です。

ライブ キャプションおよび字幕 (音声入力) でサポートされる話し手の言語

話し手の言語のいくつかは、PowerPoint for Office 365 でのライブ キャプションおよび字幕への音声入力としてサポートされています。 プレビューとしてマークされている言語は、完全サポートの前に提供されており、通常、精度はやや不足しますが、時間の経過と共に改善されます。

完全にサポートされる言語

プレビュー言語 *

中国語 (中国)

アラビア語

英語 (カナダ)

英語 (オーストラリア)

英語 (イギリス)

英語 (インド)

英語 (米国)

フランス語 (カナダ)

フランス語 (フランス)

ヒンディー語

ドイツ語 (ドイツ)

日本語

イタリア語 (イタリア)

韓国語

スペイン語 (スペイン)

ポルトガル語 (ブラジル)

ロシア語

スペイン語 (メキシコ)

* 現時点では、"プレビュー言語" は完全にはサポートされていません。 これらの言語の認識は、時間の経過と共に改善されます。

ライブ キャプションおよび字幕 (テキスト出力) でサポートされる画面上の言語

PowerPoint for Office 365 では、60 を超える言語で画面上のキャプションまたは字幕を表示することができます。

アフリカーンス語

韓国語

アラビア語

ラトビア語

バングラ語

リトアニア語

ボスニア語

マダガスカル語

ブルガリア語

マレー語

広東語 (繁体字)

マルタ語

カタロニア語

ノルウェー語 (ブークモール)

簡体中国語 

ペルシャ語

繁体中国語 

ポーランド語

クロアチア語

ポルトガル語

チェコ語

ケレタロ オトミ語    

デンマーク語

ルーマニア語

オランダ語

ロシア語

英語

サモア語

エストニア語

セルビア語 (キリル)

フィジー語

セルビア語 (ラテン)

フィリピノ語

スロバキア語

フィンランド語

スロベニア語

フランス語

スペイン語

ドイツ語

スウェーデン語

ギリシャ語

タヒチ語

クレオール語 (ハイチ)

タミル語

ヘブライ語

テルグ語

ヒンディー語

タイ語

フモン語 (ドー)

トンガ語

ハンガリー語

トルコ語

アイスランド語

ウクライナ語

インドネシア語

ウルドゥー語

イタリア語

ベトナム語

日本語

ウェールズ語

スワヒリ語

ユカテコ語

ライブ キャプションおよび字幕に関する重要な情報

PowerPoint のライブ キャプションおよび字幕は Office 365 のクラウド拡張機能の 1 つであり、Microsoft 音声サービスによって提供されます。 お客様の音声は本サービスの提供のために Microsoft に送信されます。 詳細については、Office でよりスマートに作業する方法に関するページをご覧ください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

関連項目

PowerPoint でのビデオ再生のアクセシビリティ機能

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でクローズドキャプションまたは字幕を手動で追加する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×