PowerPoint でのビデオ再生のアクセシビリティ機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint は複数のオーディオ トラックを使用したビデオの再生をサポートしています。また、ビデオ ファイルに埋め込まれたクローズド キャプションや字幕もサポートしています。 

PowerPoint 2016にクローズド キャプション機能があるのみOffice 2016クイック実行をインストールします。MSI ベースのインストールには、クローズド キャプション機能が必要がありません。 

  1. Office 2016アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] を選びます。

  3. Office 2016クイック実行をインストールする場合、[更新オプション] ボタンがあります。 

    MSI ベースでインストールした場合は、[更新オプション] ボタンがありません。[< アプリケーション名 > のバージョン情報] ボタンのみが表示されます。

    クイック実行でインストールした場合は、[アカウント] ページに [更新オプション] ボタンがあります。MSI ベースでインストールした場合は、このボタンがありません。

ビデオを追加した PowerPoint のスライドがあるとします。そのビデオが次の条件のいずれかを満たす場合、スライド ショーのビデオの再生バーに [オーディオと字幕] アイコンが表示されます。

  • (サポートされる形式の) オーディオ トラックが複数ある

  • (サポートされるビデオ形式の) クローズド キャプションが埋め込まれている

  • (サポートされるビデオ形式の) 字幕が埋め込まれている

キーボードでクローズド キャプションまたは字幕を有効にする

  1. フォーカスがビデオに移動するまで Tab キーを繰り返し押します。

  2. Alt キーを押しながら J キー (Windows) または Option キーを押しながら J キー (Mac または iOS) を押して、[オーディオと字幕] メニューを表示します。

  3. 方向キーを押して、使用するトラックにフォーカスを移動します。

  4. Enter キーを押してトラックを選びます。

アイコン (Windows の場合は PowerPoint ビデオの [オーディオと字幕] メニュー 、Mac の場合は PowerPoint ビデオの [オーディオと字幕] メニュー ) をクリックすると、使用できるトラック、キャプション、字幕の一覧が表示されます。いずれかをクリックして使用できます。

PowerPoint 2016 のクローズド キャプションと字幕の再生は、Windows 10 以降でのみサポートされています。 PowerPoint 2016 の代替オーディオ トラックの再生は、Windows 8.1 以降でのみサポートされています。

キャプション、字幕、または複数のオーディオ トラックがあるビデオ

クローズド キャプションと字幕は、ビデオの再生時に上部に表示される文字です。聴覚障碍や難聴のユーザー向け、ビデオで使われている言語がわからない、または言語を学習中のユーザー向け、音量を下げる必要がある状況で使用されます。ビデオを見るユーザーが、クローズド キャプションや字幕を表示するかどうかを選ぶことができます。

  • 字幕には通常、会話の書き起こし (または翻訳) のみが含まれます。

  • クローズド キャプションは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

一部のビデオには、ビデオの説明、監督のコメンタリー、他の言語を含むオーディオ トラックが含まれる場合もあります。ビデオの説明は、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことを意味します。これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×