PowerPivot で列とテーブルを非表示にする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Power View またはピボット テーブル レポートのデータ モデルを使用している場合は、フィールド リストに関連するアイテムのみが表示されるよう、テーブル全体または個々 の列を表示できます。 これは、機能は、不要なテーブルまたは列がある場合に特に便利です。 たとえば、「製品カテゴリ名」商品] テーブルに追加すると、されない場合は Product Category テーブル フィールド] ボックスの一覧に表示されるまでします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

集計フィールド非表示にすることもできます。 たとえば、公開とではなく他の集計を含む計算が高度な中間の計算フィールド] ボックスを表示できます。

  1. Power Pivot in Microsoft Excel アドインを起動し、 PowerPivotウィンドウを開く。

  2. 表全体を非表示には、テーブルを含むタブを右クリックし、[クライアント ツールで非表示にする] を選びます。

  3. 個別の列を非表示にする列を非表示のテーブルを開きます、列を右クリックし、クライアント ツールで非表示にする] をクリックします。 Ctrl キーまたは Shift キーを押しながら、一度に複数の列を表示できます。

  4. 集計列を非表示にする計算領域が表示されていることを確認、フィールドを右クリックし、[クライアント ツールで非表示にする] をクリックします。

列が淡色表示モデルを使用するレポートのクライアントに非表示を反映するようにします。 非表示にされた列は、モデル内で淡色表示になってその状態が示されますが、データ ビューでは表示されたままになるため、引き続きそれらを操作できます。

列を非表示にしても、モデルからは削除されません。 非表示にした列も、引き続きテーブル内の並べ替え列として使用できます。 また、計算列や計算フィールドを定義する数式内で参照することもできます。 列を非表示にする機能は、データのセキュリティのために用意されたものではありません。レポートに表示される列の一覧を短くシンプルにするためだけのものです。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

既に使用されているテーブルおよび列を非表示にします。

実際には、いるテーブルまたは列を非表示にする場合 (たとえば、Excel でスライサーとしてのカレンダー年を使用したすべての日付テーブルの列を非表示に)、レポートのレイアウトに使用されているレポートのレイアウトは保持されます。 モデルの違いは、いるテーブルまたは列が表示されないフィールド ボックスの一覧です。 レポートのレイアウトをさらに変更をする場合は、[今すぐに非表示の列を使用できません。 カレンダー年度スライサーを削除する場合に、前の例を図では、として使用して、ことはできませんカレンダー年がフィールド リストに表示されなくなったため、スライサーを再作成します。

非表示のテーブルと列を操作します。

データ ビューの表示設定は、表示、非表示を有効にするかどうかによって異なります。 このオプションは、[ホーム] タブの [表示] 領域に表示されたら、は既定でオンにします。 有効にすると、列とテーブルを非表示にしたままデータ ビューに表示します。

PowerPivotウィンドウには、列または式の名前を検索できる検索のボタンが含まれています。 検索を使用して、特定の列を検索する場合は、以前に非表示にした非表示を有効にしない限り、すべてのオブジェクトが見つからないことにご注意くださいあります。

注:  ビデオの著作権:

  • Olympics Dataset © Guardian News & Media Ltd.

  • 国旗の画像の提供元: CIA Factbook (cia.gov)

  • 人口データの提供元: UNData (data.un.org) Microsoft Azure Marketplace します。

  • Olympic Sport Pictograms の提供元: Thadius856 および Parutakupiu (Wikimedia Commons (creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) のライセンスに基づく配布)

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×