スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPivot でデータ フィードからデータを取得する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

データ フィードは、オンライン データ ソースから生成され、宛先のドキュメントやアプリケーションに送信される XML データ ストリームです。 PowerPivot アドインのテーブルインポートウィザードを使用して、さまざまなデータソースから直接データフィードをデータモデルにインポートすることができます。 

  1. OData データフィードから開始して、接続するためのアクセス許可があるかどうかを確認します。 RSS フィードをインポートすることはできません。

  2. Power Pivot in Microsoft Excel 2013で、[データサービスからのホームPower Pivot in Microsoft Excel 2013をOdata データフィードから>] をクリックします。 テーブルのインポート ウィザードが表示されます。

  3. アクセスするフィードのわかりやすい名前を入力します。 複数のフィードまたはデータソースをインポートする場合は、接続の説明的な名前を使うと、接続の使用方法を思い出すのに役立ちます。

  4. データフィードの URL アドレスを入力します。 Microsoft Azure Marketplace からデータフィードを取得できます。 その他のソースを次に示します。

    • フィードを含む XML ドキュメント。 たとえば、次の URL は、Open Government Data イニシアチブ web サイトの公開フィードを指しています。 http://ogdi.cloudapp.net/v1/dc/banklocations/

    • 1つまたは複数のフィードを指定する .atomsvc ドキュメント。 .Atomsvc ドキュメントは、1つ以上のフィードを提供するサービスまたはアプリケーションを指します。 各フィードは、結果セットを返す基本クエリとして指定されます。

    • Web サーバー上の .atomsvc ドキュメントに URL アドレスを指定するか、コンピューター上の共有フォルダーまたはローカルフォルダーからファイルを開くことができます。

  5. [接続テスト] をクリックして、フィードが利用可能であることを確認します。 または、[詳細] をクリックして、フィードを提供するクエリまたはサービスドキュメントが含まれていることを確認することもできます。

  6. [次へ] をクリックして、インポートを続行します。

  7. ウィザードの[テーブルとビューの選択] ページで、[フレンドリ名] フィールドにデータフィードの内容を、インポート後にこのデータを格納するテーブルを識別するわかりやすい名前に置き換えます。

  8. [プレビューとフィルター] をクリックしてデータを確認し、列の選択を変更します。 レポートのデータ フィードでインポートされる行を制限することはできませんが、チェック ボックスをオフにすることで列を削除できます。 [OK] をクリックします。

  9. [テーブルとビューの選択] ページで、[完了] をクリックします。

  10. すべての行がインポートされたら、[閉じる] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×