スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPivot での VLOOKUP の機能

Excel の数式で最もよく使われる関数の1つは VLOOKUP です。 ただし、 PowerPivotで VLOOKUP を使用することはできません。 これは主に、データ分析式(DAX) 関数はセルまたはセル範囲を参照として取りません。これは Excel での VLOOKUP の PowerPivotためです。 DAX 関数は、列またはテーブルを参照としてのみ受け取ります。

PowerPivotでは、リレーショナルデータモデルを使用していることに注意してください。 別のテーブルの値を検索するのは非常に簡単です。多くの場合、数式をまったく作成する必要はありません。

たとえば、データモデルの売上データを分析するための Excel ワークシートにピボットテーブルがあり、地理テーブルの Region 列から地域データに基づいてスライスする場合を考えてみましょう。 ピボットテーブルにフィールドとして領域を追加するだけです。 検索や数式は必要ありません。 このシンプルなソリューションにはいくつかの要件があります。参照列領域は関連テーブル内に存在する必要があります。また、Geography テーブルは、ピボットテーブルのフィールドリストから非表示にすることはできません。

PowerPivot には、計算の一部として別のテーブルの値を参照する必要があるケース (集計列メジャーなど) があります。 これには DAX を使用して作成されたカスタム式が必要です。これには、同様の検索を実行するいくつかの関数が含まれます どちらを選ぶかは、数式で何を行う必要があるかによって異なります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

関連する関数を使用して、関連テーブルの値を参照します。

関連テーブル関数を使用して、現在の行に関連するすべての行を含むテーブルを参照します。

Lookupvalue関数を使用して、フィルター条件によって値を返す。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×