PowerPivot からフラット ファイルへの接続

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPivot アドインを使用してデータをデータ モデルにインポートする場合、インポートできるデータ ソースの 1 つにフラット ファイルがあります。テーブルのインポート ウィザードを使用すると、フラット ファイル (.txt)、タブ区切りファイル (.tab)、またはコンマ区切りファイル (.csv) に接続して、ファイルの内容をモデル内のテーブルにインポートすることができます。詳細については、「PowerPivot アドインを使用したデータの取得」を参照してください。

  1. PowerPivot] で [ホーム>外部データの取り込み>その他のデータ ソース

  2. 下へスクロールし、[テキスト ファイル] をクリックします。

  3. [接続の表示名] にこのデータ ソース接続の一意の名前を入力します。これは必須フィールドです。

  4. [ファイル パス] で、ファイルの完全なパスを指定します。

  5. [参照] をクリックして、使用可能なファイルがある場所に移動します。

  6. [列区切り記号] で、値を列に区切る区切り記号を選びます。

  7. [詳細設定] をクリックして、フラット ファイルのエンコーディング オプションとロケール オプションを指定します。

  8. 先頭の行が列名である場合は、[先頭の行を列見出しとして使用する] ボックスをオンにします。

選んだファイルのデータをプレビューし、以下のオプションを使用してデータ インポートを変更します。

注: このプレビューには、ファイル内の最初の 50 行のみが表示されます。

  1. インポートから除外する列のチェック ボックスのチェックを外します。

  2. データを並べ替えたり、フィルター処理したりするには、列フィルターの下向き矢印ボタンをクリックします。たとえば、列に製品カテゴリ名が含まれる場合、インポートする個々のカテゴリを選べます

  3. [OK] をクリックして、テーブル インポート ウィザードに戻ります。

  4. [完了] をクリックしてインポートします。

フラット ファイルはデータ モデルの単一テーブルとしてインポートされます。モデルの別のテーブルに同一の値を含む列がある場合、テーブルを関連付けて同じピボットテーブルまたは Power View レポートで同時に使用できます。

たとえば、フラット ファイルが 2 つあるとします。1 つには会社一覧が、もう 1 つには広告主一覧が含まれています。両方のファイルに会社名が含まれている場合、モデルの 2 つのテーブルを関連付けるための基礎として [名前] 列を使用できます。詳細については、「2 つのテーブル間のリレーションシップの作成」または「ダイアグラム ビューのリレーションシップの作成」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×