Power Query リボンの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel の [POWER QUERY] と [クエリ エディター] のリボン タブから Power Query の操作を始めます。

[POWER QUERY] リボン タブ

リボン コントロール

説明

Web から

アクセスできるイントラネットやエクストラネットの Web ページからデータをインポートします。

ファイルから

次のファイルからデータをインポートします。

  • Excel

  • CSV

  • XML

  • 文字列

  • フォルダー

データベースから

次のデータベースからデータをインポートします。

  • SQL Server

  • Microsoft Azure SQL

  • Access

  • ORACLE

  • IBM DB2

  • MySQL

  • PostgreSQL

  • Sybase

  • Teradata

他のソースから

次のその他のソースからデータをインポートします。

  • SharePoint リスト

  • OData フィード

  • Microsoft Azure Marketplace

  • Hadoop ファイル (HDFS)

  • Microsoft Azure HDInsight

  • Microsoft Azure Blob ストレージ

  • Microsoft Azure テーブル ストレージ

  • Active Directory

  • Microsoft Exchange

  • Facebook

  • 空のクエリ

テーブルから

選んだ Excel テーブルにリンクされる新しいクエリを作成します。選んだ範囲がテーブルの一部でない場合は、テーブルに変換されます。

マージ

[マージ] 操作を実行すると、既存の 2 つのクエリから新しいクエリが作成されます。マージ操作について詳しくは、「複数のクエリを結合する」を参照してください。

追加

[追加] 操作を実行すると、最初のクエリのすべての行と、その後の 2 番目のクエリのすべての行が含まれる新しいクエリが作成されます。マージ操作について詳しくは、「複数のクエリを結合する」を参照してください。

ブックを管理する

[ブック クエリ] ウィンドウが表示されるので、ブック クエリを管理できます。

共有クエリを管理する

[共有クエリ] ウィンドウが表示されるので、組織の Power BI サイトで共有クエリを管理できます。

ロケール

このブックのインポートしたテキスト内の数値、日付、時刻の解釈に使用する地域の設定を決定します。

高速結合

Power Query で、2 つの異なるデータ ソースからのデータが安全に結合されるかどうかを制御します。

データ ソースの選択

使用した各データ ソース接続のデータ ソースの資格情報、サインイン ID とデータ ソースのプライバシー レベルを管理します。

更新

Power Query の最新バージョンをインストールします。

オプション

Power Query 環境のオプションを定義します。

ヘルプ

包括的なヘルプ エクスペリエンスに移動します。

ページの先頭へ

[クエリ] リボン タブ

注: [クエリ] リボン タブは、現在選択されているブックにクエリがロードされている場合にのみ表示されます。

リボン コントロール

説明

クエリの編集

[クエリ エディター] で選んだクエリを編集します。

更新

選んだクエリを更新します。

複製

選んだクエリから、クエリを複製します。

参照

選んだクエリを参照する新しいクエリを作成します。

削除

選んだクエリを削除します。

マージ

[マージ] 操作を実行すると、既存の 2 つのクエリから新しいクエリが作成されます。マージ操作について詳しくは、「複数のクエリを結合する」を参照してください。

追加

[追加] 操作を実行すると、最初のクエリのすべての行と、その後の 2 番目のクエリのすべての行が含まれる新しいクエリが作成されます。マージ操作について詳しくは、「複数のクエリを結合する」を参照してください。

共有

選んだクエリを共有します。クエリの共有方法の詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。

クエリ エディター リボン タブ

[クエリ エディター] リボン

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。

リボン コントロール

説明

[ホーム] タブ

適用して閉じる

データを Excel ワークシートにインポートしたり、データ モデルにロードしたりするために、データ クエリを適用します。

破棄して閉じる

データ クエリを破棄します。

更新

クエリを更新して、もう一度クエリを作成せずにテーブルに最新データをインポートします。

上位の行の削除

上位 N 行を削除します。

列の削除

クエリから選んだ列を削除するか、それ以外の列を削除します。

代替行を削除

削除する最初の行削除する行数保持する行数を指定して、テーブルから代替行を削除します。

エラーの削除

データ エラーがある行をクエリから削除します。

重複部分の削除

選んだ列で値がそれ以前の値と重複している場合、重複しているすべての行をテーブルから削除します。 値セットが最初に表示される行は削除されません。

上位の行を保持

上位 N 行を保持します。

範囲の保持

先頭行から行数を増やして、テーブル内で保持する行の範囲を指定します。

列の分割

テキストの列は、次の 2 つの方法で複数列に分割できます。

  • 区切り記号

  • 文字数

テキスト列の分割方法の詳細については、「テキストの列を分割する」を参照してください。

グループ化

行の値によってデータを要約します。たとえば、テーブルの次の列 (都道府県、市区町村、人口) では、次の操作を実行できます。

  • 都道府県ごとにグループ化し、各都道府県の市区町村の数をカウントしたり、市区町村の人口を合計して各都道府県の人口を出す。

  • 市区町村ごとにグループ化して市区町村名のインスタンスをカウントする。

行のグループ化の詳細については、「テーブル内の行をグループ化する」を参照してください。

値を置き換える

選んだ列で、ある値を別の値に置換します。数値や日付/時刻の値を置換するには、「数値または日付/時刻の値を置換する」を参照してください。

変換

テキスト値の場合、列の次の値の表示方法が変わります。

  • 小文字

  • 大文字

  • 各単語の先頭文字を大文字にする

  • トリミング

  • クリーン

  • JSON

  • XML

日付/時刻の値については、列の値のレンダー方法が変わります。

  • 日付

  • 時刻

  • 曜日

先頭の行を見出しとして使用

各テーブルのヘッダー名が、テーブルの最初の行の各セル値に置換されます。

ピボット解除

選んだ列を属性値のペアに変換します。列のピボット解除の詳細については、「列をピボット解除する」を参照してください。

カスタム列の挿入

新しいカスタム列をテーブルの最後の列の後に挿入し、そこで、新しい値を計算する数式を定義します。

列の挿入方法の詳細については、「テーブルにカスタム列を挿入する」を参照してください。

インデックス列の挿入

ゼロで始まる新しいインデックス列を作成します。

列の複製

テーブルの右側に、選んだ列の複製を作成します。新しい列の名前は、<列名> のコピーです。

マージ

現在のクエリを、現在のブックの他のクエリとマージします。

追加

現在のクエリを、現在のブック内の他のクエリと結合します。

[表示] タブ。

クエリの設定

データ モデルにフィルターを設定するクエリの設定]ウィンドウと図形クエリ、ダウンロードを有効にする、ワークシートに読み込むおよび負荷を表示します。

数式バー

ページの先頭へ

[検索] リボン タブ

リボン コントロール

説明

[スコープ] グループ

データ ソースの次の範囲で検索をフィルターします。

  • すべて – スコープのすべてのデータ ソースの検索用語が適用されます。

  • 自分の共有 – データ ソースの範囲に個人用共有クエリが含まれます。

  • 組織 (Power Query 2.10 の場合) – データ ソースの範囲にエンタープライズの共有クエリが含まれます。

グループの検索条件を絞る

クエリやテーブル属性に基づいて検索がフィルターされます。たとえば、インデックスがクエリ名に含まれる場合にフィルター処理するには、検索フィルターは名前:(インデックス) となります。

クエリまたはテーブル属性

説明

名前

クエリやテーブル名に基づいて検索がフィルターされます。

説明

クエリやテーブルの説明に基づいて検索がフィルターされます。

差出人

特定のユーザーや Web ページからの結果のみが表示されるよう、検索がフィルターされます。

データ ソース

特定のデータ ソースからの結果のみが含まれるよう、検索がフィルターされます。

日付範囲

クエリの最終変更日に基づいて検索がフィルターされます。日付範囲のオプションは次のとおりです。

今日、昨日、今週、先週、今月、先月、今年、昨年

列名

列名に基づいて検索がフィルターされます。

認定済み

データ ソース クエリが認証されている部分の結果のみが表示されます。

最近の検索

最近のクエリ検索のリストです。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×