スキップしてメイン コンテンツへ
Office

Power Query エディターでデータの問題を見つける

データのプロファイリング機能を使用すると、Power Query エディター内でデータの問題を簡単に見つけることができます。 インラインの列品質バーと値分布のヒストグラムに加えて、[列プロファイル] ウィンドウを使用することもできます。 このウィンドウには、次のような特定の列についての詳細なプロファイリング機能が用意されています。

  • 列統計情報   # エラー、空、有効、重複、一意の値。 最小値、最大値、平均値、メジアンなどの値分布メジャー。

  • 列の分布   より大きなバージョンのインライン値配布ヒストグラム。値を保持または削除する機能も含みます。これは、クエリで対応するフィルター行のステップを生成します ("Equals"/"は" フィルター "と等しくありません)。

    Power Query エディターの下部にある [データのプロファイリング] オプション

データのプロファイリング要素を表示する

  1. Power Query エディターで [表示] タブを開きます。

  2. [データのプレビュー ] グループで、表示する要素を選びます。

    Power Query エディターリボンの [表示] タブの [データのプロファイリング] オプション

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×