P&ID または pfd を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

P&IDs と pfd をすばやく描画するには、プロセスエンジニアリング装置の図形を図面ページにドラッグし、それらの図形を "スマート" 管路で接続してから、バルブや計器などのコンポーネントを管路にドラッグします。 図のコンポーネントを識別するには、インテリジェントタグを作成します。 図のコンポーネントにデータを追加したり、装置、管路、バルブ、音色の一覧を生成したりできます。 図面を変更すると、新しいリストを簡単に作成できます。

次のような作成ができます。

  • 配管と計装図

    P&IDs は、産業プロセス装置が管路のシステムによってどのように連結されているかを示します。 P&ID 概略図には、パイプラインによる素材の流れを監視および制御する計器とバルブも示されています。

    サンプル P&ID

  • プロセスフロー図

    pfd は、産業プロセス装置が管路のシステムによってどのように連結されているかを示します。 pfd は、P&ID より概念が高いため、通常、データを表示する他の注釈が含まれています。

    サンプル pfd

配管と計装図を作成する

  1. Visio で、次のいずれかのテンプレートを開きます。

    • 配管と計装図

    • プロセスフロー図

  2. いずれかの装置カテゴリで、[備品] 図形を図面ページにドラッグします。

    図には、各コンポーネントのインテリジェントタグ番号が表示されます。

  3. 管路を使用して、主要機器を接続します。

    1. から図面ページに管路図形をドラッグして、その端点の1つを装置図形に配置します。 図形に接続ポイントがない場合でも、装置図形の外側にある任意のポイントにパイプラインを接続できます。

      管路の端点が緑色に変わり、装置図形に接続 (接着) されていることが示され、存在しない場合は接続ポイントが作成されます。

    2. 別の端点を別の装置図形にドラッグします。

    3. 管路の外観を変更したり、管路の方向を表示したりするには、管路を選び、リボンの [] オプションからスタイルを選びます ([ホーム] タブの [図形のスタイル] グループを参照してください)。

      スタイルは、線の太さ、方向矢印、パイプまたは計器の線の種類を示すその他のグラフィック記号を制御します。

      ヒント: また、[ホーム] タブの [ツール] グループにある [ Connector] (z0z_ _ ) を使ってパイプラインを描画することもできます。 この方法は、多数の接続がある大規模な図面で作業する場合に特に便利です。 [コネクタ] をクリックし、[管路] で、使用する管路図形をクリックします。 次に、図面にパイプラインを描画します。 管路の種類を変更するには、管路の別の管路図形をクリックして、図面で作業を続けます。

  4. バルブ図形を追加します。

    1. バルブと継手から、バルブ図形を管路の上にドラッグします。 バルブが管路に接着されていることを示す緑色の四角形が表示されたら、マウスボタンを離します。

      バルブが管路に追加されると、次のようになります。

      • 管路と同じ向きに自動的に回転します。

      • 管路を2つの同じ管路に分割し、各管路はバルブに接着します。

    2. 管路からバルブを削除するには、バルブを選択して delete キーを押します。

      バルブを削除すると、分割された管路は1つの管路に置き換えられます。

  5. [音色] カテゴリから、モニターする管路、バルブ、または備品の近くにある [音色] 図形を図面ページにドラッグします。

  6. 図面内の図形をドラッグして位置を変更します。

  7. コンポーネントにデータを追加したり、プロパティセットを作成して適用したりすることができるようになりました。 詳細については、次の手順に従います。

    コンポーネントにデータを追加する

    1. [データ] タブで、[図形データ] ウィンドウをクリックします。

    2. 図面ページで、データの追加先となる図形を選択します。

    3. 各図形データフィールド内をクリックし、値を入力するか選択します。

    プロパティセットを作成して適用する

    1. 次のいずれかの操作を行います。

      • 図面上の図形にプロパティセットを追加するには、図形を選択します。

      • プロパティセットをステンシル上の図形に追加するには、ステンシル上の図形を選択します。

    2. [データ] タブで、[図形データ] ウィンドウをクリックします。

    3. [図形データ] ウィンドウを右クリックし、[図形データセット] を選択します。

    4. [追加] をクリックし、図形データセットの名前を入力します。

    5. 新しい図形データセットを作成するか、現在選択されている図形に基づくセットを作成するか、既存の図形データセットに基づくセットを作成するかを選択し、[ OK]をクリックします。

    6. 図形データを追加または変更するには、[図形データセット] ダイアログボックスで、[図形データセット] を選択し、[定義] をクリックします。

    7. [図形データの定義] ダイアログボックスで、必要な変更を行います。

    8. [OK] をクリックします。

  8. コンポーネントの番号を再割り当てします。

    1. [プロセスエンジニアリング] メニューの [番号の再割り当て] をクリックします。

    2. [コンポーネントの再割り当て] ダイアログボックスの [設定対象] で、[文書]、[現在のページ]、または [現在の選択範囲] でコンポーネントの番号を付け直すかどうかを選択します。

    3. [タグの書式の追加] の一覧で、番号の追加を解除するタグの書式のチェックボックスをオフにします。

      注: 既定では、すべてのタグの書式が選択されています。

    4. 番号の振り直すの開始値と間隔値を割り当てます。 各タグの書式には、異なる開始値と間隔の値を割り当てることができます。

      1. [タグの書式を含める] リスト内のアイテムをクリックして強調表示します。

      2. [開始値] ボックスで、番号を振り直すの開始値を入力または選択します。

      3. [間隔] ボックスで、コンポーネントの番号を再割り当てするときに使用する増分を入力するか選択します。

      4. 各タグの書式について、この手順を繰り返します。

    5. [ OK]をクリックします。

  9. 装置、管路、バルブ、音色のリストまたは部品表を生成します。

    1. [校閲] タブの [図形レポート] をクリックします。

    2. カスタムレポート定義を作成するには、次の手順を実行します。既存のレポート定義を使用する場合は、手順 c に進んでください。

      次の手順では、プロセスエンジニアリングの図形とレポートをプロセスエンジニアリングコンポーネントに対してフィルター処理するレポート定義を作成します。

      1. [レポート] ダイアログボックスで、[新規作成] をクリックします。

      2. レポート定義ウィザードで、レポートを作成するオプションを選択し、[詳細設定] をクリックします。

      3. [詳細設定] ダイアログボックスの [プロパティ] の一覧で、[ PEComponentTag] を選びます。 [条件] の一覧で、[ Exists] を選びます。リストで、[ TRUE] を選びます。

      4. [追加] をクリックして、この条件を [定義された条件] ボックスの一覧に配置し、[ OK]をクリックします。

      5. レポート定義ウィザードで、[次へ] をクリックします。

      6. コンポーネントタグに関するレポートを作成するには、[ <Displayed Text> ] チェックボックスをオンにします。 次に、レポートする他のデータのチェックボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。

      7. 重複するプロセスエンジニアリング図形を除外し、コンポーネントのレポートを作成するには、[小計] をクリックします。

      8. [小計] ダイアログボックスの [グループ化] ボックスの一覧で、[ <Displayed Text>] をクリックし、[オプション] をクリックします。

      9. [オプション] ダイアログボックスで、[同じ値を繰り返さない] をクリックし、[ OK]を2回クリックします。

      10. レポート定義ウィザードで、[次へ] をクリックし、レポートの保存に使用する情報を入力して、[完了] をクリックします。

      11. [レポート] ダイアログボックスで、レポートを実行するか、[ OK]をクリックして定義を保存し、後で実行することができます。

        ヒント: 既存のテンプレートに基づいて新しいレポート定義を作成するには、[レポート] ダイアログ ボックスで既存の定義を選択し、[新規] をクリックします。 変更したレポート定義に新しい名前を付けて保存します。

    3. [レポートの定義] ボックスの一覧で、使用するレポート定義の名前をクリックします。

      レポート定義では、レポートする図形と、レポートに含める図形データを決定します。

    4. [実行] をクリックし、[レポートの実行] ダイアログボックスで、必要なレポート形式をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

      1. レポートを図面の図形として保存する場合は、レポートの定義のコピーを、図形またはレポート定義へのリンクのどちらに保存するか選択します。

      2. レポートをファイルとして保存する場合 ([レポート形式としてHTMLまたはXML ] を選択した場合) は、レポートの名前を入力します。

    5. [OK] をクリックすると、レポートが生成されます。

    6. カスタムレポートを実行した場合は、[レポート] ダイアログボックスに戻るときに [ OK ] をクリックして定義を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×