Outlook on the web で他のユーザーの予定表を管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

適切なアクセス許可があれば、Outlook on the web を使用して、他のユーザーの予定表を編集したり、そのユーザーの代わりに会議出席依頼の送信や返信を行うことができます。

手順を実行するバージョンを選択する

新しいOutlook on the webを使用しているかどうかによって、手順は多少異なります。使用しているOutlook on the webのバージョンを選択して、該当する手順を確認します。

メールボックスの外観が次のような場合...

メールボックスの外観が次のような場合...

Outlook on the web ベータ版

「新しい Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

Outlook on the web

従来の Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

注: お客様の組織がツール バー内にロゴを表示している場合、上記とは若干異なるものが表示される可能性があります。

新しいOutlook on the webの手順

他のユーザーの予定表を編集するには、事前にそのユーザーがその予定表を共有し、アクセス許可を自分に与える必要があります。詳細な手順については、「一般法人向け Outlook on the web の予定表の委任」を参照してください。編集者の場合、予定表のイベントを作成または編集できます。代理人の場合、予定表所有者の代理で会議出席依頼に返信することもできます。予定表所有者は、非公開のイベントに対するアクセス権を代理人に与えることもできます。

注: Outlook カレンダーで、他のユーザーの予定表に対するアクセス許可を要求することはできません。

予定表の共有についての招待メールを受け取ったら、その招待メールにある [承諾] ボタンを選んで、相手の予定表を自分の予定表一覧に追加します。

[承諾] ボタンのスクリーンショット

整合性と簡略化のために、現在、予定表の改善に取り組んでいます。その変更が完了するまでは、次の点にご注意ください。

  • 一部の Outlook アプリケーションの招待には、[承諾] ボタンが表示されません。[承諾] ボタンが表示されない場合は、Outlook on the web を使用して承諾してください。

  • 一部の Outlook アプリケーションからは、招待をまったく送信できません。共有の招待メールが送信されない場合は、Outlook on the web から改めて予定表を共有するように予定表所有者に依頼してください。

予定表を追加した後は、それを選んで予定表ビューに追加するか、予定表ビューから削除できます。または、コンテキスト メニューを使用して名前を変更したり、その色を変更したり、ビューから削除したりすることができます。

予定表のコンテキストメニューのスクリーンショット

他のユーザーの予定表への編集者または代理人アクセスを取得し、その予定表を自分の予定表に追加すると、そのユーザーに代わって会議をスケジュールすることができます。そのユーザーの予定表を選んで、自分の予定表と同じように会議を設定できます。会議出席依頼を送信すると、予定表の所有者の代わりにあなたが送信したことが表示されます。

代理人として会議をスケジュールする

  1. Outlook on the webで、ページの下部にある [ 予定表 ] を選びます。

  2. 予定表一覧にその予定表が表示されることを確認します。表示されない場合は、他のユーザーの予定表をカレンダー ビューに追加する方法のセクションを参照してください。

    他のユーザーの予定表を示すスクリーンショット

  3. 上部の [新しいイベント] を選択するか、予定表領域をダブルクリックして新しい予定表アイテムフォームを開きます。

    [新しいイベント] ボタンのスクリーンショット

  4. [予定表に保存] フィールドで、対象の予定表を選びます。予定表一覧に追加した予定表のうち、編集者または代理人アクセス許可を持っている予定表のみが表示されます。

  5. 必要に応じて、フィールドの残りの部分を入力します。

  6. 会議出席依頼を送信します。

注: 

  • スケジュール アシスタントを使用すると、もっと簡単に会議を設定することができます。

  • 他のユーザーの予定表に予定を追加する場合は、会議にユーザーを追加するのではなく、上記の手順に従って他のユーザーの予定表を選びます。他のユーザーの予定表にイベントが追加されますが、会議出席依頼は送信されません。

あなたが他のユーザーの代理人になっている場合、会議出席依頼と更新が送られてきます。これらはその他の会議出席依頼と同じように、あなたの受信トレイに表示されますが、会議のフォームには、誰宛の会議出席依頼かを示すメモが表示されます。

代理人に送信された会議出席依頼のスクリーンショット

会議出席依頼に返信するには

  1. [はい]、[多分]、または [いいえ] を選びます。

  2. 開催者に返信を知らせる場合は、[通知オーガナイザー ] トグルを選びます。

    [通知オーガナイザー] トグルのスクリーンショット

  3. 返信にメッセージを追加することができます。

  4. 招待を承諾すると、所有者の予定表でその会議は予定ありと表示されるようになります。返信を送信すると、会議の開催者には、予定表所有者の代わりにあなたが返信したことが表示されます。

注: 

  • 会議出席依頼に返信しても、予定表所有者に通知は送信されませんが、カレンダー ビューでイベントを表示すると、イベントに返信されたことを確認できます。

代理人の場合、予定表所有者の代わりに会議を編集したり取り消したりすることもできます。編集または取り消しを行うには、予定表イベントを開き、変更して、更新した、または取り消した会議出席依頼を送信します。会議の更新または取り消しは、予定表所有者の代わりにあなたから送信されます。

注: 会議出席依頼が送信された後に、スケジュールされた予定表を変更することはできません。

従来の Outlook on the web 用の手順

他のユーザーの予定表を編集するには、事前にそのユーザーがその予定表を共有し、アクセス許可を自分に与える必要があります。詳細な手順については、「一般法人向け Outlook on the web の予定表の委任」を参照してください。編集者の場合、予定表のイベントを作成または編集できます。代理人の場合、予定表所有者の代理で会議出席依頼に返信することもできます。予定表所有者は、非公開のイベントに対するアクセス権を代理人に与えることもできます。

注: Outlook カレンダーで、他のユーザーの予定表に対するアクセス許可を要求することはできません。

予定表の共有についての招待メールを受け取ったら、その招待メールにある [承諾] ボタンを選んで、相手の予定表を自分の予定表一覧に追加します。

共有予定表の招待のスクリーンショット。

整合性と簡略化のために、現在、予定表の改善に取り組んでいます。その変更が完了するまでは、次の点にご注意ください。

  • 一部の Outlook アプリケーションの招待には、[承諾] ボタンが表示されません。[承諾] ボタンが表示されない場合は、Outlook on the web を使用して承諾してください。

  • 一部の Outlook アプリケーションからは、招待をまったく送信できません。共有の招待メールが送信されない場合は、Outlook on the web から改めて予定表を共有するように予定表所有者に依頼してください。

予定表を追加した後は、それを選んで予定表ビューに追加するか、予定表ビューから削除できます。または、コンテキスト メニューを使用して名前を変更したり、その色を変更したり、ビューから削除したりすることができます。

[その他の予定表] コンテキスト メニューのスクリーンショット。

他のユーザーの予定表への編集者または代理人アクセスを取得し、その予定表を自分の予定表に追加すると、そのユーザーに代わって会議をスケジュールすることができます。そのユーザーの予定表を選んで、自分の予定表と同じように会議を設定できます。会議出席依頼を送信すると、予定表の所有者の代わりにあなたが送信したことが表示されます。

代理人として会議をスケジュールする

  1. ページの上部で、アプリ起動ツール アプリ起動ツールを選ぶ を選び、[予定表] を選びます。

  2. 予定表一覧にその予定表が表示されることを確認します。表示されない場合は、他のユーザーの予定表をカレンダー ビューに追加する方法のセクションを参照してください。

    共有予定表のスクリーンショット。

  3. 上部にある 新規 [新規作成] をクリックするか、予定表領域をダブルクリックして新しい予定表アイテムのフォームを開きます。

    [新規作成] ボタンのスクリーンショット

  4. [予定表に保存] フィールドで、対象の予定表を選びます。予定表一覧に追加した予定表のうち、編集者または代理人アクセス許可を持っている予定表のみが表示されます。

    [予定表に保存] メニューのスクリーンショット。

  5. 必要に応じて、フィールドの残りの部分を入力します。

  6. 会議出席依頼を送信します。

注: 

  • スケジュール アシスタントを使用すると、もっと簡単に会議を設定することができます。

  • 他のユーザーの予定表に予定を追加する場合は、会議にユーザーを追加するのではなく、上記の手順に従って他のユーザーの予定表を選びます。他のユーザーの予定表にイベントが追加されますが、会議出席依頼は送信されません。

あなたが他のユーザーの代理人になっている場合、会議出席依頼と更新が送られてきます。これらはその他の会議出席依頼と同じように、あなたの受信トレイに表示されますが、会議のフォームには、誰宛の会議出席依頼かを示すメモが表示されます。

共有予定表に送信された会議出席依頼のスクリーンショット。

会議出席依頼に返信するには

  1. [承諾]、[仮承諾]、[辞退] のいずれかを選びます。

  2. 開催者に返事を知らせるには、返信を送信します。

  3. 招待を承諾すると、所有者の予定表でその会議は予定ありと表示されるようになります。返信を送信すると、会議の開催者には、予定表所有者の代わりにあなたが返信したことが表示されます。

    代理人が承諾した会議出席依頼のスクリーンショット。

注: 

  • 会議出席依頼に返信しても、予定表所有者に通知は送信されませんが、カレンダー ビューでイベントを表示すると、イベントに返信されたことを確認できます。

  • 予定表イベントが承諾されたことを示すスクリーンショット。

代理人の場合、予定表所有者の代わりに会議を編集したり取り消したりすることもできます。編集または取り消しを行うには、予定表イベントを開き、変更して、更新した、または取り消した会議出席依頼を送信します。会議の更新または取り消しは、予定表所有者の代わりにあなたから送信されます。

注: 会議出席依頼が送信された後に、スケジュールされた予定表を変更することはできません。

関連項目

法人向け Outlook on the web の予定表の委任

他のユーザーのメールおよび予定表アイテムを管理

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×