Outlook on the web でメールや連絡先を検索します。

Outlook on the web では、ページ上部の検索バーを使用してメール メッセージや連絡先を検索することができます。

手順を実行するバージョンを選択する

新しい Outlook on the web を使用しているかどうかによって手順が若干異なります。使用している Outlook on the web のバージョンを選択し、該当する手順を表示します。

メールボックスの外観が次のような場合...

Outlook on the web ベータ版

「新しい Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

メールボックスの外観が次のような場合...

Outlook on the web

従来の Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

注: お客様の組織がツール バー内にロゴを表示している場合、上記とは若干異なるものが表示される可能性があります。

新しい Outlook on the web での手順

  1. 検索ボックスに、検索対象 (連絡先、件名、またはメッセージの一部) を入力し、Enter キーを押します。

    検索バーのスクリーンショット

  2. 検索が終わったら、検索ボックスの戻る矢印を選択するか、左側のナビゲーション ウィンドウの任意のフォルダーをクリックして、検索を終了します。

    [検索を終了] ボタンのスクリーンショット

  1. 検索ボックスに名前を入力します。 検索ボックスの下に提案されているユーザー一覧から選択するか、Enter キーを押してさらに結果を表示します。

    検索結果に提案されているユーザーのスクリーンショット
  2. 検索結果で連絡先を選択すると、その連絡先に関連するメール メッセージの一覧が表示されます。

    すべてのメール メッセージを表示するユーザーを検索する

    連絡先にメッセージを送信するには、その連絡先の名前の下にある [メールを送信する] を選択します。連絡先を [お気に入り] に追加するには、連絡先の名前の横にある お気に入りに追加 を選択します。

同じユーザーのメールをよく検索する場合は、そのユーザーを [お気に入り] に追加できます。連絡先を [お気に入り] に追加するには、その連絡先を検索し、検索結果でその名前を選択して、名前の横にある お気に入りに追加 を選択します。

[お気に入りに追加] ボタンのスクリーンショット

そのユーザーのすべてのメール メッセージを表示するには、左側のウィンドウの [お気に入り] でユーザーの名前を選択します。

既定では、Outlook on the web で受信トレイを検索すると、すべてのフォルダーで検索が行われます。検索ボックスの右にあるフィルターを使用すると、削除済みアイテムや送信済みアイテムなど、特定のフォルダーを検索することができます。

検索バーの [フィルター] ボタンのスクリーンショット

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. [メールとユーザーの検索] ボックスに検索キーワードを入力します。

    [メールと連絡先を検索する] ボックスのスクリーンショット。

  2. いずれかの候補のメッセージまたは連絡先を選ぶか、Enter キーを押して考えられる結果をすべて表示します。

    ヒント: 連絡先を検索する場合は、候補一覧の一番下にある [連絡先の検索] を選択して、検索対象を連絡先および組織のディレクトリに限定します。

    キーワードを入力した後で、特定のフォルダー内、特定の差出人、添付ファイルあり、または特定の日付範囲内のメール メッセージだけに検索対象を絞り込むことができます。

  3. 検索結果を消去するには、検索ボックスの上にカーソルを移動し、[ 破棄破棄] を選択します。

検索キーワードを入力した後で、ナビゲーション ウィンドウを使用して検索結果を絞り込むことができます。

  • フォルダー内:受信トレイ、送信済みアイテム、アーカイブなど、特定のフォルダーのメッセージのみを検索します。

  • 差出人:特定の送信者からのメッセージのみを検索します。

  • オプション:添付ファイル付きのメッセージなど、特定の条件に一致するメッセージのみを検索します。

  • 日付:特定の日付範囲内のメッセージのみを検索します。

検索結果のナビゲーション ウィンドウのスクリーンショット。

メールの [メールとユーザーの検索] ボックスに名前を入力すると、[ユーザーの検索] オプションが表示されます。このオプションを選択すると、ユーザー内を検索できます。ここでは、検索結果が個人用の連絡先と組織のディレクトリに制限されます。

ユーザー内を検索するには、次の手順を実行します。

  1. [メールとユーザーの検索] ボックスに、検索するユーザー名、グループ名、またはリソース名を入力し、Enter キーを押します。

  2. 検索結果の下部にある [ユーザーの検索] を選択します。

  3. 検索を [個人用の連絡先] または [ディレクトリ] に限定することで検索を絞り込みます。

  4. 検索結果を消去するには、検索ボックスの上にカーソルを移動し、[ 破棄破棄] を選択します。

高度なクエリ検索を使用して結果を絞り込む

検索結果を絞り込むには、高度なクエリ検索 (AQS) を使います。検索ボックスに、以下の表にある AQS キーワードを入力し、その後にコロン、検索対象の順で入力します。たとえば、件名に “レポート” が含まれるメッセージを検索するには、[メールとユーザーの検索] ボックスに「件名:レポート」と入力します。

AQS キーワード

説明

使用例

From

"差出人" フィールドを検索します。

From:JerriFrye

To

"宛先" フィールドを検索します。

To:JerriFrye

Cc

"CC" フィールドを検索します。

Cc:JerriFrye

Bcc

"BCC" フィールドを検索します。

Bcc:JerriFrye

Participants

"宛先"、"CC"、"BCC" フィールドを検索します。

Participants:JerriFrye

Subject

件名を検索します。

Subject:レポート

Body or Content

メッセージの本文を検索します。

Body:レポート

Sent

送信日を検索します。特定の日付を検索したり、2 つのピリオド (..) で区切って日付の範囲を検索したりすることができます。また当日、明日、昨日、今週、翌月、先週、先月など、相対的な日付も検索できます。さらに曜日や月を検索できます。

重要: 日付検索は、月/日/年の形式 (MM/DD/YYYY) で入力する必要があります。

Sent:2017/01/01

Received

受信日を検索します。"送信日時" と同じ検索語句を使用できます。

Received:2017/01/01

Category

"分類項目" を検索します。

Category:レポート

HasAttachment:yes

HasAttachment:yes の検索は、ファイルが添付されたメール メッセージのみが返されます。

検索したいメール メッセージをさらに詳細に指定するには、メールからの単語または名前と検索キーワードとを組み合わせて使用します。たとえば、blue hasattachment:yes の場合は、添付ファイルが存在し、かつ「青」という単語が含まれるメール メッセージのみを返します。

レポート HasAttachment:yes

HasAttachment:no

HasAttachment:no の検索は、ファイルが添付されていないメール メッセージのみが返されます。

レポート HasAttachment:no

IsFlagged:yes

IsFlagged:yes の検索は、フラグが付けられたメール メッセージのみが返されます。

レポート IsFlagged:yes

IsFlagged:no

IsFlagged:no の検索は、フラグが付けられていないメール メッセージのみが返されます。

レポート IsFlagged:no

AQS と使うと、複数の検索語句 (どちらかの語句、すべての語句、正確な語句) で検索できます。

  • Subject:製品 計画」では、件名に「製品」または「計画」が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

  • Subject:(製品 計画)」では、件名に「製品」と「計画」の両方が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

  • Subject:"製品計画"」では、件名に「製品計画」が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

また、AND または OR を使用して、複数の検索語句を検索することもできます。たとえば、件名に "レポート" が含まれる Jerri からのメッセージを検索することができます。これには、検索ボックスに From:Jerri AND Subject:レポートと入力します。

検索のヒントとテクニック

以下のヒントやテクニックを利用すれば、さらに正確に検索を定義できます。

  • キーワード検索では大文字と小文字は区別されません。たとえば、catCAT は同じ結果を返します。

  • property:value 式で検索するときは、コロンの後にスペースを挿入しないでください。スペースがあると、意図した値がフルテキスト検索になってしまいます。たとえば、to:JerriFrye の場合、JerriFrye に送信されたメッセージが検索されるのではなく、"JerriFrye" をキーワードとして検索します。JerriFrye に送信されたメッセージを検索するには、to:JerriFrye と入力します。

  • 2 つのキーワードまたは 2 つの property:value 式の間のスペースは、AND を使用する場合と同じです。たとえば、from:"Jerri Frye"subject:reorganization は、件名に reorganization という単語が含まれる Jerri Frye によって送信されたすべてのメール メッセージを返します。

  • 受信者のプロパティ (To、From、Cc、Recipients など) を検索する際に、SMTP アドレス、エイリアス、または表示名を使用して受信者を示すことができます。たとえば、JerriFrye@contoso.comJerriFrye、または "JerriFrye" を使用することができます。

  • サフィックス ワイルドカード検索 (cat* または set* など) のみが使用できます。プレフィックス ワイルドカード検索 (*cat) または部分文字列ワイルドカード検索 (*cat*) はサポートされていません。

  • プロパティを検索する際に、検索値が複数の単語で構成されている場合は、二重引用符 (" ") を使用します。たとえば、subject:budget Q1 は、件名行に budget が含まれ、メッセージまたはメッセージ プロパティに Q1 が含まれているメッセージを返します。subject:"budget Q1" を使用すると、件名行に budget Q1 を含むすべてのメッセージが返されます。

  • 検索結果から特定のプロパティ値でマークされたコンテンツを除外するには、プロパティ名の前に負符号 (-) を配置します。たとえば、-from:"Jerri Frye" は、Jerri Frye から送信されたメッセージを除外します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×