Outlook for PC で暗号化されたメッセージを送信、表示、返信する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 で暗号化されたメッセージは、他のメールメッセージと同じように、受信者の受信トレイに配信されます。受信者に Outlook 2013 または2016と Office 365 のメールアカウントがある場合は、閲覧ウィンドウでアイテムの制限付きアクセス許可に関する通知が表示されます。メッセージを開いた後、受信者は他のメッセージと同じように表示することができます。

: ここでは、4月の更新プログラムで Outlook on PC の暗号化のみポリシーをリリースしました。つまり、新しい暗号化専用ポリシーが適用されたメッセージは、outlook on the web、iOS と Android の outlook、outlook for PC で直接読むことができます。他のユーザーには、リンク付きのメッセージが表示されます。このリンクをクリックすると、Office 365 ユーザーが Outlook on the web に移動し、メッセージを読むことができます。他のメールアカウントを持つユーザーは、ワンタイムパスコードを取得し、ブラウザーウィンドウでメッセージを読み上げるように求められます。

受信者が Gmail や Yahoo など、別のメールクライアントまたはメールアカウントを使用している場合、それらのユーザーは、サインインして電子メールメッセージを読んだり、web ブラウザーでメッセージを表示するためにワンタイムパスコードを要求したりすることができるリンクが表示されます。

Outlook for PC を使用して暗号化されたメッセージを送信する

暗号化されたメッセージを送信するには、主に2つの方法があります。

管理者は、特定の条件を満たすメッセージを自動的に暗号化するルールを定義できます。たとえば、管理者は、組織外に送信されたすべてのメッセージ、または特定の単語または語句を記載したすべてのメッセージを暗号化するルールを作成できます。暗号化ルールは、自動的に適用されます。

定義済みのルールを満たしていないメッセージを暗号化する場合、または管理者がルールを設定していない場合は、メッセージを送信する前にさまざまな暗号化ルールを適用できます。outlook 2013 または2016、または outlook 2016 for Mac から暗号化されたメッセージを送信するには、[オプション]、[アクセス許可] の順に選び、必要な保護オプションを選びます。Outlook on the web で [保護] ボタンを選択して、暗号化されたメッセージを送信することもできます。

Outlook for PC を使用して、Office 365 受信者の暗号化されたメッセージを表示して返信する

Office 365 組織にいる場合は、outlook 2013 および outlook 2016 for PC、outlook 2016 for Mac、outlook on the web、outlook for iOS、outlook for Android について、実行していないポリシーまたはカスタム保護テンプレートで暗号化されたメッセージを読むことができます。.outlook on the web、outlook for iOS と Android、outlook for PC for the 月例ターゲットチャネル。半期チャネルの Office 365 ユーザーは、Outlook on the web でメッセージを読むことができます。他のメールアカウントを持つユーザーは、ワンタイムパスコードを取得し、ブラウザーウィンドウでメッセージを読み上げるように求められます。

暗号化されたメッセージに返信するには

  1. [返信] または [全員に返信] を選択します。

  2. 表示されたページで、返信を入力し、[返信] を選択します。返信メッセージの暗号化コピーが届きます。

Outlook for PC を使用して Office 365 なしで暗号化されたメッセージを表示して返信する

Outlook for Office 365 を使用していない場合は、暗号化されたメッセージにメッセージ本文内のリンクが含まれます。

  1. [メッセージを読む] を選択します。

  2. メッセージを読むには、サインインする方法を選択します。メールプロバイダーが google、yahoo、または microsoft である場合は、それぞれ google、yahoo、または microsoft で [サインイン] を選ぶことができます。それ以外の場合は、ワンタイムパスコードを使用して [サインイン] を選びます。

  3. メールメッセージでパスコードを受け取ったら、パスコードを書き留め、パスコードを要求した web ページに戻り、パスコードを入力して、[続行] を選択します。

    ヒント: パスコードは、15分後に有効期限が切れます。そのような場合、または何らかの理由でメッセージを開くことができない場合は、もう一度添付ファイルを開き、手順に従ってやり直してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×